ロックスターの生命力

イギリスの歌手ジョージ・マイケルが亡くなったというニュースを聞いて驚いてしまった。享年53歳。筆者は高校生の時からポッパーズMTVやベストヒットUSAといった英米音楽番組をよく見ていて、ジョージ・マイケルがまだワムという二人組で活動していた時から彼らの新作を楽しみに待っていた一人である。

80年代を代表する歌手と言えばマイケル・ジャクソンとプリンス、マドンナの3人で、すでにこの内2人が鬼籍に入ってしまったのだが、ついにそこへジョージ・マイケルまでも・・と少しばかり悲しい気分でいたら、この訃報についてポール・マッカートニーが声明を発表!という記事に目が留まった。





「彼の甘いソウル・ミュージックは突然の訃報の後も生き続けるだろう。一緒に共演したいくつかの機会のなかでも彼の偉大な才能は常に伝わってきて、彼の自分を卑下するユーモアのセンスはそうした機会をより楽しいものにしてくれたん」というあんまり意味のない文章だが、その時筆者の脳裏をよぎったのは次の言葉である。

アンタまだ生きてんのか―――!!




ポールは1942年生まれだから今年74歳、まあ最近の金持ちは長寿だから死ぬような年齢ではないけれども、ビートルズの中盤以降の麻薬漬け生活を鑑みればこの方はとっくの昔に死んでいてもおかしくないはず・・。ところが今や音楽界の殿堂に英王室から勲章まで貰って昨年は東京ドームで公演までしていたというから驚きの生命力だ。

しかしポール以上におかしいのはこの男である。





お上品なビートルズに比べて社会のゴミ、クズとまで呼ばれたローリング・ストーンズのミック・ジャガー御年73歳・・。彼らの音楽は如何にも反社会的であり、実際朝から晩までヘロイン漬けの生活を送っていたのにもかかわらず、このミック殿は別段生命の危機にさらされることも無く今でもワールド・ツアーで得意の炸裂する声で歌いまくっているのだ。

しかし・・世の中上には上がいるもので、21世紀の世界七不思議に数えても良いほど異常事態なのはミックの相棒キース・リチャーズである。





年齢はミックと同じ73歳だが、ポールやミックと違うのは今でもハードな麻薬を常習していることで、裁判の度に病院に行っては血液を全て入れ替えては陽性反応を逃れているという重度のジャンキーであるにもかかわらず、これまたローリング・ストーンズのワールドツアーでギターを奏でてはお馴染みのキメのポーズを演じているのだ。

筆者が聞いた話ではこのキース・リチャーズはオーバードーズ(薬物の過剰摂取)で何度も病院に担ぎ込まれたり、ヤシの木に登って頭から落ちて半死半生になった事がニュースで報じられ、「ついにキースが死ぬのか!」と世界中のファンを奇妙なくらい納得させたのだが、何故だか毎回神の手がスッと伸びて来てキースをステージへと連れ戻すのである。





マイケル・ジャクソンやプリンスが何らかの薬物の常習者であったという噂は根強いし、そいれに1960年代後半の音楽は明らかにLSDやヘロインの影響を受けていて、実際ジミ・ヘンドリックスやジャニス・ジョプリンは薬物が原因で死んでしまうのだが、その元祖とも言うべき上の3人(あとエリック・クラプトン)は今でも新作アルバムの作成に余念がないほどしぶとく生き残っているのである。

よく美人短命とか天才は早死にずる・・などと言う諺があるが、こと音楽界に関する限りこの諺は半分間違いで、ノーベル賞貰ったかの御仁よろしく成功したミュージシャンにはこういう踏んづけても死なない様なしぶとい人間も結構多い様だ。なんかこの人たちって頭がボケて噺などとっくに出来ないのに高座に上がるだけで芸になった落語家の域に達してるね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

お後が宜しいようで。
日本は今日は御用納め。フィリピンは明日までですか。

結局、運命なのでしょうね。
タバコを吸っていないのに、肺がんで亡くなったと同じように。

ケアレスウイスパー懐かしいな。
ラストクリスマスが流れる中、クリスマスになくなるなんて、ロマンですね

ROCKとは… 

「音楽のジャンルではなく生き様だ」など陳腐な台詞は昔から聞きますが、この化け物じみた面々に関しては事実なんです(笑)
ROCKの反社会性、退廃性、デカダンの美を表現する彼等は、死にたくとも彼等を見初めた魔王に死を許可されません(笑)
まだまだ人を「悪の華」に誘惑しなければいけないんです。
キース、ミックは周知のとおり、ポールやジミーペイジは金の亡者でジミーに至っては本物の黒魔術実践者です。
これで全員が改心してボランティア活動なぞ始めたら、魔王ルシファーの逆鱗に触れ次々に皆、あの世行きでしょうね。
背徳の都バビロンから追放されるのです(笑)

ミック・ジャガーは今年、20代の新しい配偶者との間に赤ちゃんを授かりました。(これは事実です)
彼等は、きっと不老不死で魔王のDNAをどんどん、この世に放ってゆくのです。

Hail hail Rock'n'roll(ロックンロール万歳)!!

長文失礼しました。
大好きなトピックだったもので…。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1161-738354c3