ソフトドリンク狂奏曲

2016/12/12 10:44:45 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

筆者の住むアパートでは飲料水の無料提供サービスがあって、4ガロン(15.2リットル)ポリタンクに入れて運ぶのは筆者の役割なのだが、最近やけに水の減りが早い事に気が付いた。以前は1週間に1回程度階下に降りて水を貰っていたのに、今はほぼ2日に1回のペースになったのだ。

「だって一人増えたんだから仕方ないじゃない」と女房が言う通り、左腕の具合が悪い女房を助けるため従姉妹ローズアンが先週から我が家に常駐したので家人口が2名から3名になったのは事実だけれど、多少算数が出来る人間なら計算が合わない事に気が付くはずだ。

使用者数は2名→3名と1.5倍になのに対し使用総量は7日→2日の逆数3.5倍だから、一人当たりの使用量は2倍以上に増加しているのだ。そして先週から急に筆者ら夫妻が水をガブガブ飲み始めたわけでは無いのだから、増加分は全て従姉妹ローズアンに帰せられるのである。

それでお前は飲料水でシャワーでも浴びてるのか?と聞いたら、怯えた顔をしながら「とんでもない!料理に使う水だって自分は水道水を使っているのだ」と言う。いや、飲料水は無料なのと、ポリタンクを運びに行く手間がどうのこうのと文句を言ってる訳じゃないんだよ・・と言ったのだが、自分が全て飲んだのだ!と言い張る。





だけど本当にそうだとしたら、今まで俺たち夫婦2人で1日0.6ガロン飲んでいたのが今は3人で1日2ガロンに増えちゃったってことは、君だけで1日1.4ガロン(5.4リットル)もの水を飲んでる計算になるんだよ!と言ったら、う~ん・・と考え顔をしたあげくに「まあ、そんなものだろう」と答えたのだ。

なんとこのローズアン、リサール州の実家ではスプライトの2リットル入りボトルを1週間に最低10本かかさず飲んでいたというのである。これ水とは別にスプライトだけで1日当たり2.9リットルということだ。ところが生憎と我が家は健康上の理由でソフトドリンクは一切置いてないから仕方なく水で我慢しているのだと言う。

おまえ・・どうかしてるんじゃないか・・と呆れたが、本人はそれが一体どうしたのだ?と言った風で、自分が糖尿病まっしぐら、いや身長165cmに対して体重が90キロあるから最早とっくに発症している可能性もあるのだけれど、自分がそういう危険な事をしているという自覚が全然無いのである。

フィリピン人のソフトドリンク好きは今まで日記にさんざん書いてきたけれども、従姉妹ローズアンはかなり重症な部類だ。ただ無ければ無いで我慢できるのだ!と言うから、「だったらお前しばらく俺の家にいて糖分抜き生活しろ!」と言ったのだが、当の本人は「なんで私がそんなことをしなきゃならんのだ」みたいにムスッとしているだけだった。こいつ・・10年後はあの世にいるな。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/12/12(月) 11:16:01 | URL | starchild #/9hBKkrU
炭酸系は、脂っこいものを食べた後などに飲むと、胃?食道?がすっきりするような。

ダイエットコークや、コークライトも普及しているので、切り替えたら如何ですか。

バカは死ななきゃ!

2016/12/12(月) 13:30:05 | URL | poyoyon #-
この前来ていた40代の男と話してたのだが
長距離ドライバーで、炭水化物をやりっぱなし食べてたら
30分おきに尿意を催すようになったので、病院に行くと血糖値が400!
貴方、このままじゃあ危ないよと言われて、投薬・食事制限したら体重が15kダウン。
幸い、まだ腎臓もやられてなくて、今度眼底検査をするとか言ってましたね。
ただ、いつもの外食の食事代が野菜中心になったら高く付いてるそうです。

フィリピン人にいくら説教しても、猿の耳になんとやら。勝手にやっててね~

2016/12/12(月) 22:43:46 | URL | oyoyo #-
マニラで何時も連んでたピノイは色んな職業を点点としていたが
ある時、コカコーラの工場で働いていて、生産現場を見ていたそうです。
その後会った時に、彼が開口一番あんなもの飲んでたら確実に病気になる。
なんでも、もの凄い量の砂糖を入れて、原液の苦みを消していたそうです。

2016/12/13(火) 13:04:17 | URL | 浅野 #-
そんだけ水分摂取していて異常ともなんとも思わないとは脳が糖で溺れてる?バ〇は死んでも治らない!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1145-05720802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)