怪しい嫁入り

2016/12/10 12:44:14 | オカルト系 | コメント:3件

雅子妃が53歳になったというニュースを見た時に「オレと3つ違いだったのか」と少しばかり驚いてしまった。筆者はもっと年上だと思っていたのだが、雅子妃の登場から婚約、結婚に至るまでの一連のニュースを思い返してみたところ、なるほど確かにそれくらいの違いだったワイ・・と再認識したのだ。しかしその際筆者の悪い癖でつい余計な事も思い出してしまったのである。

筆者の記憶では雅子妃が世に最初に登場したのは皇太子と付き合うずっと前、外交官試験に合格した二人の女性!という題で写真週刊誌フォーカスに掲載された時である。確か地味そうな東大生の女性と二人でニッコリ笑っている小和田雅子はそれなりに美人には見えたものの、筆者はなんでこんなどうでも良い記事を載せたのだろう?と不思議に思った覚えがある。しかし今考えればこれは単なる始まりだったようだ。

と言うのは、米ハーバード大から来た小和田雅子さんに東大男子色めき立つ!小和田雅子さんの初登庁!小和田雅子さん手料理をご披露!小和田雅子さんイギリス留学!という様に彼女はフォーカスの常連になったのだ。言っておくが当時の彼女は外交官の卵とは言え単なる民間人だし(実際当時は皇太子とは全く関係なかった)、それに他に乗せる記事が腐るほどあったから、彼女のためにわざわざ1ページ割く必要など無いはずなのだ。

新潮社が小和田雅子をスターにしようとしている様に見えたのである。それに小和田雅子の方もプライベートな写真が随分と流失しているのに新潮社に対して抗議しているような話は聞かなかったし、おそらくあの当時フォーカスを定期購読されていた方なら「小和田雅子とフォーカスとの間には何かあるな」あるいは「どうも何か別の意図があるぞ」と思われたはずだ。

だけど何で外交官の彼女を・・。まさか職をなげうって女優になるはずも無いし、美人とはいえ女性外交官の記事で本が売れる訳もないのに・・。それがまさかああいう結果になるとは考えもしなかったのだ。というのも当時皇太子は別の女性との婚姻話が順調に進んでいて、当時全国民はその女性が将来の皇后になるとばかり思っていたからである。ある出来事が起こるまでは・・。





実は筆者はそのお妃候補の父親が社長を務める企業と少なからぬ関係があって、その会社のお偉いさん達から「先々代の社長の死因は怪しいんだよ」という話を何度か聞いた事があるのだ。このお妃候補の父親はまだ若く健康そのものだったのに、ゴルフ場でプレー中に突然体調不良を訴えるやあっという間に死んでしまったのである。

皇太子妃の父親がいないというのはマズいということで結婚話は一方的に破棄されてしまい(父親の会社の面々は宮内庁に対してはひどく憤慨していた)、その翌年には皇太子と小和田雅子は急速に接近してフォーカスがお妃候補!として報道を繰り返し、やがて公家でも財界人の娘でもない女性が将来の皇后の地位を射止めるのである。

なお筆者は天皇家は昔からあるんだから残しておけば・・程度の発想しかない男だが、海外にいた時に時々漏れ聞く結婚後の雅子妃の評判は大変よろしくないものばかりであり、中には「あの妃は日本の皇室を破壊することが目的なのではないか?」といった物騒なものもあるのだが、筆者はそれを冗談で受け流せないのだ。

彼女のあの不自然な登場の仕方、そしてお妃最有力候補だった女性の父親の突然の死、それから最後に彼女の周りと彼女自身が持っていると言われる信仰、日蓮上人を祭り上げ、釈伏という強引な手段で信者を増やし、巨大な財源を武器に自分たちの教えを日本の国教にしようと息巻いている出自の怪しい男の野望。

そう考えると雅子妃の誕生ってこの教団の意向に沿った一連の工作なんじゃないか・・などと考えてしまうのだ。まあこんなの考えすぎだろうし、それにこれは筆者の妄想だと最初にお断りしておきますけれども、皇位継承問題のゴタゴタの内幕って、候補の一人が実は天皇家の血じゃなく違う男のを継いでる事なんじゃないかな・・なんて思ったりする今日この頃です。



(写真の人物は単なる海外名誉博士号収集マニアで本文とは一切関係ありません)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/12/10(土) 13:57:59 | URL | starchild #/9hBKkrU
どちらにしても、皇室に新しい外部の血が入ることは、喜ばしいことで。

首相会談クラスの通訳をこなすとは、すばらしいことですね。

2016/12/13(火) 01:02:08 | URL | インヴィトロ #-
彼女と彼女の妹達の行った「ヤフオク皇室事件」は、
3カラットさんご存知ですか?
あの事件で、O家一族の正体が明らかとなったわけです。

2016/12/20(火) 16:30:30 | URL | #-
釈伏という強引な手段で信者を増やし、
どんな手段やねん!入る入らないは本人の自由!

巨大な財源を武器に自分たちの教えを日本の国教にしようと息巻いている出自の怪しい男の野望

どんだけ巨大な財源やねん!いくらが巨大な財源や!
筆者は金で日本の国教にできるとでも思っているのか?
あほちゃうか!
あほが読んだら真に受けるからやめなはれ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1143-77aeaea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)