スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背乗り団地と三色旗教団

亡くなった叔父は若いころ自転車に乗って手紙を配達する郵便配達夫をやっていて、筆者が子供の頃に祖母の家に行くと叔父がトリスの水割りを飲み飲み仕事の話をしてくれたのだが、ある時小学校低学年の筆者には??な話をし始めた事がある。

叔父がいたのは江東区の郵便局で、担当域内にある団地があるのだが、そこに住んでいる殆どの人が日本人じゃなかったと逝ったのである。昭和40年代というのは外国人が非常に珍しかったからアメリカのホームドラマみたいな光景を頭に浮かべたのだが、その時に台所で料理を作っていた祖母が「〇×団地だろ!あそこはチョーセン人だらけなんだよ!」と甲高い声で叫んだ。

その当時の筆者は在日朝鮮人とか何のことか分らぬから「うちの裏に住んでるトモちゃん一家みたいな人たちがいるんだな」としか思わなかったが、それから20年近くたってKという会社の先輩の口から「〇×団地はヤバいんだ」という話が飛び出たのを聞いて昔日の叔父との会話を思い出したのだ。





このK先輩は〇×団地から目と鼻の先で生まれ育ったのだけれど、近所の人たちの間では「あそこに住んでるのはニセ日本人だ」というのが当たり前の様に語られてたというのである。ニセ日本人?それは戦後韓国から密航してきた不法入国民の事ですか?と聞いたら、いや連中はもっと悪質なんだ!と言って詳しく話し始めたのだ。

その団地はもともと中国や満州国など外地から引き揚げてきた日本人のために作られたのだと言う。東京大空襲の時に江東区は火の海となってしまい、海外から引き揚げて来たら元の住所は怪しげな連中が占拠していたのだから行き場がない。そういう生活困窮者への福祉政策の一環として建てられたのだ。

「ところがな、その引揚者たちの中にかなり朝鮮人が紛れ込んでたようなんだ」というK先輩。確かに満州国には朝鮮人が数多く住んでいたことはハルピンにいた祖母から後に聞いていたが、でもその連中が日本人に成りすますことなんてできるのだろうか・・と思ったが、突然映画「砂の器」を思い出した。そうだ・・犯人は大阪大空襲を利用して戸籍をロンダリングしたのだ。





だから叔父さんがあの団地の話をしたときに、祖母がすぐにチョーセン人!と反応したのだ。おそらく満州からの引揚者たちは「ハルピンでお隣さんだった山田さん一家が生きて帰って来たらしい!」と聞いて〇×団地を尋ねたところ、そこには人種が違う人間が山田さんを名乗って住んでいるのを見て面食らったなんて事が頻繁にあったのだろう。

戸籍を使って他人に成りすます、いわゆる背乗りという奴である。後年筆者は北朝鮮による組織的な拉致と被害者の戸籍やパスポートを使って本人に成りすます工作が明るみに出た時に、「なんだ、〇×団地と同じかよ」と思って他の人たちの様に戦慄したりはしなかったのだ。おそらく背乗りは朝鮮民族の伝統的お家芸なのだろう。

そして日本では在日韓国朝鮮人は60万人、帰化済み30万人などと言われているけれども、実はそれとは別に外地から引き揚げた320万人の日本人に紛れ込んだ朝鮮人の子孫が相当人数上乗せになるのではないか、あの連中の悪質さから言って下手すると50万人くらいが1940年代後半に日本人に背乗りしたのではないか・・と思っているのである。





日本人の戸籍を背乗りした朝鮮人一家が日本人のフリをして何十年も〇×団地で暮らしている・・。その光景をイメージすると得体の知れない恐怖感に背中がゾーッとするが、しかしK先輩が耳打ちする様に言った「あの団地は〇〇学会の信者がやたらと多いんだ」という一言に妙な説得力を感じてしまった。

背乗りしたチョーセン人たちは一応日本国籍でいるのだから朝鮮総連も大韓居留民団にも入れない。ということは自分たちの代わりに役所に押し掛けて金をせびったり、警察署に押し掛けて家業の密造酒製造を見逃させたり、電線泥棒のお父さんや売春婦の娘を保釈させるには別の団体が必要になって来る・・。

で、そういう背乗りチョーセン人が駆け込める団体、いや加入したというよりもこの連中が立ち上げメンバーになり得た団体って言ったら、やっぱりこの時期急成長していたあの〇〇学会だよな・・。ということはこの〇〇団体は朝鮮総連、民団に続く第三の民族系団体そのものだからやっぱり彼らの目的も・・。まあここから先は書くのは止めときましょう。



(この写真と本文は一切関係ありません)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

そうか!学会か!<<<公に名答です!

三色旗かぁ… 

あの信濃町にたなびいてる旗ですね。
ジャマイカとかのラスタマンが大勢いるのかと思いきや、偽ラスタカラー(笑)
まぁ、学会サンは池の字大先生自体が隣の馬の骨ですから。
国籍をぶち壊すのも、ある意味「人間革命」なんでしょう(笑)

僕はエチオピア国旗やラスタマンやレゲエのが断然好きだね。

昔、同級生に学会員が居てね 

彼奴ら勧誘が巧妙というかしつこいからね。結局は入らなかったけど。
そういや、名字は新井とか言っててたが、思い出せば顔が朝鮮顔だったな。

ピリピン人はあんまりカトリックに改宗しなよとか言わないね。
永年日本で暮らしてたら、最近は仏教徒みたいになってるよ。

 

ソンテチャクさんか。北朝鮮の公明党、統一キリスト教の自民党、日本の政治も、朝鮮半島にやられてますな。

国連議長も朝鮮、フィリピンへのアメリカ大使も朝鮮人。(笑)

 

今や、支那人も海外で日本人のふりをするというではないですか。
大朝鮮とはよく言ったもの。
日本人だとなりすますと途端に店員が笑顔になったりと、サービスが良くなるからだと。
奴らの言い分は、
中国人は賢く、欧米と肩を並べる民族なので白人は中国人と見ると緊張して警戒する。
だから、ボヨヨンとした日本人になりすまして周囲を油断させ利益を引き出すんだと。
うーん?自分たちを素晴らしい民族だと思い込んで疑わないあたり
やっぱり大朝鮮ですね。

 

残念な人たちだ

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1139-c8155a62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。