フィリピン人の新大陸

フィリピン人と言うと海外への出稼ぎ労働者が有名で、現在では公式・非公式合わせて300万人が外国に居住し、年間280億ドル(3兆1千億円)もの個人送金をしてくれる文字通り国の中核事業であるが、彼らの夢の目的地の1つであるサウジアラビアの経済不調が原因からか最近新たな新大陸を探索し始めるようになったらしい。

これはセクシー系女性の写真を掲載している成人雑誌に載っていた記事なので信ぴょう性は低いと思うかもしれないが、定期購読者である筆者の目から見ると時たまマトモな記事が掲載されることもあるので、今日の日記ではそこに掲載されていた「フィリピン人が目指す新たな国トップ10」をこの場で紹介したいと思う。





1位 ドイツ
求人の多い職種 :ソフトウェア開発者、機械系技術者、医師、テラピスト、修練された工場労働者
2位 オーストラリア
求人の多い職種 : 経理、保母とベビーシッター、ビルメンテ技術者、ビル建設作業員、IT技術者、
3位 ニュージーランド
求人の多い職種 : 看護師、旋盤工、金属加工技術者、自動車修理工、ソーシャルワーカー
4位 日本
求人の多い職種 : 医師、看護師、ビル建設作業員、銀行員、英語教師、バー店員、飲食店員
5位 スウェーデン
求人の多い職種 : IT技術者、介護職員、看護師、特定分野の教員、料理人、トラック運転手、塗装職人、





6位 韓国
求人の多い職種 : 英語教師、IT技術者、保険ブローカー、投資ファンドマネージャー
7位 シンガポール
求人の多い職種 : 教師、研究者、ビル建設作業員、支店等の駐在員、会社事務職、オフィス補助職員、
8位 アイルランド
求人の多い職種 : IT技術者、科学者、研究者、多言語習得者
9位 台湾
求人の多い職種 : 英語教師、ツアーガイド、支店等の駐在員、銀行員、保険アドバイザー、石油技術者、カスタマーサポート職
10位 ドバイ
求人の多い職種 : 航空会社職員、飲食店員、薬品技術者、海運業従業員、食品加工技術者





如何だろう?中には首をかしげたくなるような記述もあるけれども、日本がなんと4位に入っていたというのは驚きだし、オーストラリアとニュージーランドというアングロサクソン国家はまだしもドイツやスウェーデンなど中北欧や韓国と台湾が入ったというのも意外と言えば意外である。

まあ義妹の親友マアンは日本で働くべく目下日本語を勉強中だし、サウジアラビアからほうほうの体で帰って来た従兄弟ジャネルは韓国のIT企業相手に職探しをしているから人気が上がり始めたことは聞いてたけどまさかこんな高位にいるとは・・。筆者の周りでの海外就職人気ナンバーワンはここ最近は海外クルーズ会社だけれども、今後はこういう国へと向かっていくのかねぇ・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

北欧、国民の(最低)基本給が、日本・米国の約2倍でしょ。日本で一日1万円・100ドル なら、あちらは2万円・200ドル

税金などもあるけど、宜しいのじゃ。

生活のし易さですよ 

サウジで永年こき使われてたのが、日本に居る姉に日本に呼んでくれだと。
おめえ、日本語も読み書き出来ないのに何の仕事をする気だ?土方か??
奴が言うには、サウジとか暑いだけで何の面白みも無いとか、酒も飲めんしね。

 

結局、中東は、ブルーカラーでいくかワイトカラーで行くかの違いが余りにも大きいのでは?

そして、同じブルーカラーでもスキルの差。

どんどん送金してもらわないと 

ブルーでもホワイトでもイエローでもいいですが
どんどん送金してもらわないと、キリギリスの家族は干上がるよ。
海外組は蟻みたいに、カップラーメンとか粗食で生き延びてるけど
ロビンソンとかSMの両替屋に行ってみなはれ、全部両替して散在してる。

 

宵越しの金は持たない ですか。(笑)
どんどん使って、商売人を設けさせましょう。

ただ、きっちりした家庭では、留守を守る家族も、小さな商売をして、送金は不動産購入や貯蓄に廻す。

計画的な家族は、それなりに成功してるし、駄目な家族は将来は落ちるだけ。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1132-b1f991f9