スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易サウナのすゝめ

1週間ほど前に従兄弟ジェンが大きな荷物を抱えて我が家にやって来るや、その後で女房と二人して何やら箱状の物体を組み立て始めた。おい、お前ら何やってるんだ?と聞いたところ、「ああこれね、サウナよ。ジェンのお母さんから借りたのよ」と女房が答えた。

皆さん昔のトルコ風呂(イスタンブールの本格サウナバスじゃなくて日本の風俗の事)に行かれた方ならこのサウナを見かけたことがあるに違いない。大きな玉手箱の表部分が左右にパカッと開く形状になっていて、そこに入り込んだ人が首だけ出している画像は日活エロ映画でもよく登場したはずだ。

それが何で我が家に来たのかと言うと、頸椎が原因で神経痛に悩まされてる女房は医者から体を温めるように!と指示されたからである。それで今までは氷枕ならぬ湯枕を首筋にあてていたのだが、やはりサウナが一番手っ取り早い!と早合点した女房はとりあえずどんなものか体験するため買わずに叔母から借りることにしたのだ。

この簡易サウナ器は炊飯器状の器具に水を入れ、そこからブクブク沸騰した蒸気がパイプを通って玉手箱へと入る仕組みで、箱から首だけ出してダラダラ汗をかいている女房を筆者は奇異の目で見ているだけだったのだが、一昨日なんとなくオレも試してみるかな・・と思いたったのである。





いつもシャワーを浴びるだけなせいか毛穴が詰まってる感じがしたからだ。それで意を決して素っ裸になると女房よろしく首だけ玉手箱から出す格好になったのだが、これが・・・案外とよろしいのだ。店のサウナみたいな高温にはならないから30分とか1時間入らなければ効果が無いのだが、この低温サウナは筆者に合っているのである。

香港に住んでいる時はHなサービスを受ける目的でしょっちゅうノースポイントのサウナに通っていたのだが、ドライであれスチームであれ湯船であれ筆者は高温が苦手な性質なため、いつもちょこっとだけ体を温めると直ぐにシャワーという烏の行水タイプなのである。

しかしこの簡易サウナは如何に隙間をピッチリ塞ごうが頭痛がするほどの高温には絶対ならぬから30分でも1時間でも蒸されていられるし、それに毛穴から汗や老廃物を出された事による肌のすべすべ感も普通のサウナとほとんど変わらないのである。

「こんなサウナ・・」と今までバカにしてたけど案外優れものじゃんか・・。それで筆者は3日連続で蒸気に包まれてトロンと心地よいまどろみをエンジョイしているのだ。この簡易サウナ気に入ったからLAZADA(フィリピンの通販サイト)で新品1セット購入すっかな。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

サウナは正解 

偶にサウナに入りに行きます。風呂も毎日入れれば最高!
年の割には肌が綺麗だと言われる。

 

LAZADA、広告がウザすぎて使う気になれない。

サウナ趣味って、度を越えるとエリツィンみたいな運命になりますので、気持ちは分かりますがほどほどに・・(笑)

 

フィリピンでもこういう商品が通販されるようになったのですね。
ホットシャワーでさえ、庶民クラスでは普及してないのに。
たしかに、上の世界ではジャグシが普及してますから。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1129-d79c0ab0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。