井の中の蛙の袋小路思考

2016/11/15 15:03:36 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

フィリピンのダメな医療サービスで苦労させられているとは言え女房の左腕の症状も幾分軽くなったため、我が家に親戚連中を読んでタイのお土産を食べる会を開催することにした。まあお土産と言ってもタイのスパイスを使ったサラダやスープ、それとスクムビットの精肉店のステーキくらいだが、この催しは結構みなから高評価なのである。

それでウィスキー片手にタイで起こった事など話していたのだが、当然ながら今回のタイ訪問で一番ショックだった国王の崩御について語った時に、女房の甥っ子AJが「これでタイ人は自由になったね」と話し始めたのである。自由になった?お前なに言ってんだ?と聞いたら、だって次の王様はバカだから王政はすぐに倒れる、つまり民主国家になるじゃないか・・と言い出したのだ。

こんなバカガキ相手に説教しても時間の無駄なので黙殺していたのだが、意外なことに女房と従兄弟ジェン、それとジェンの妻ジュミがAJに反論し始めたのだ。ちなみにジェンとジュミは10年ほど前にバンコクのコールセンターで働いていたことがあって、多くのフィリピン人と違い一応外の世界の空気に触れているのである。

これは以前の日記で書いたことがあるので同じことを繰り返して恐縮だけれど、元アメリカの植民地で行政や司法制度など何から何までアメリカを模倣したフィリピンでは、世界で一番進んだ国はアメリカである⇒フィリピンはアメリカの制度をコピーしている⇒だから我が国はアジアで最も進んだ社会制度の国である!と思い込んでいるのだ。

だから当然ながら18世紀建国以来ずっとアメリカが否定し続けて来た王制度を採用しているタイは打破されるべき政体の国であり、それに日本やマレーシアなどの議員内閣制度も古臭い弊害の多い政治体制なため(ホントかよ?と思うかもしれないが)心の底では思いきり見下しているのである。





しかし海外で働いた経験がある筆者の女房や義妹、そしてジェンやジュミらは自分たちの前提が間違っていることを感づいている(或いは女房のようにフィリピンは何から何まで駄目だ!と思っている)のだが、その一方の純国内派の従姉妹ミレットとその夫ラフィー、それと学校の教える噓八百を丸ごと信じているバカガキたちはそれがちっとも理解できないのである。

だいたい国民投票による大統領制がそれほど優れた政治制度なら、東南アジアでこの政治体制を取っているインドネシアとフィリピンはどうして断トツに貧しいのか?、そしてなぜ最も不正が多い国なのか?、逆に議院内閣制のマレーシアが豊かなのはなぜなのか?、こういう素朴な質問はフィリピン人の論理では全く説明できないのである。

そして不快なのは上に書いたような反論をすると、純国内派は決まって目を落として「フィリピンは元々豊かであり、アジアで最も古い民主国家であり、政治社会制度は最先端だけれども、問題はそれを悪用する政治家たちのせいである」と逃げ込むのだが、だったら君たちは世界最高の民主手段をもって腐敗政治家を選んでいるんだね?と聞き返したくなってしまう。

はっきり言うとアメリカ型の行政システムは別段優れている訳ではないのである。そしてそのことはアジア各国の首脳たちはとっくの昔に気づいていて、それぞれの国が自分たちの特性に適合したシステムを取り入れてきたのだが、残念ながらフィリピンの元勲たちはアメリカをそのまま持ち込んでしまい、そして想像力の欠如した後継者たちは愚鈍にもそれをメンテしているだけになってしまったのである。

さて場面を我が家に戻すが、「なあブラザーも何か言ってくれよ!」と従兄弟ジェンは言うけれど、筆者は今まで彼らとフィリピンの問題点云々はさんざん話してきて食傷気味だし、それに井の中の蛙のおバカさん相手に説明しても時間の無駄だからサッとテーブルを離れ、BBC放送が丁度良いタイミングでやっていた「米大統領選を振り返る」という番組を大きめの音量で流す事にした。これ見てちょっと考えれば何が問題なのか判るはずだけど・・。無理かな・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

親分アメリカの子分だからね

2016/11/15(火) 18:46:34 | URL | poyoyon #-
昨年、日本に遊びに来ていた元教師のおばさんに、あんたの国は教育程度が低いと
意見してやったら、日本人は英語かできないからどうだらこうだら言ってたな。
英語は道具だから、後の科学とか地理とか数学とかがダメなんだよ、おばさんだんまり。

タイといつも比較するけど、30年位前はフィリピンの方が先進国だったかな?
英語が通じなかったからフィリピンに遊びに行っている間に完全に追い抜かれてる。
ボートピープルを受け入れていたベトナムからも追い抜かれそうだしな、救われない勘違いプライド国家。

2016/11/16(水) 02:03:46 | URL | starchild #/9hBKkrU
筆者さんの大家族は、他国の政治に興味を持ってるだけ、教育程度が高いのでしょうね。たいしたものです。

私的には、国の発展って何だろうと
素朴な疑問があります。別に競争しなくてもよいのでは?

のんびりとしたフィリピンが好きです。お金があってもなくても、毎日の生活を楽しく家族と過ごせたら、それが一番なのかも…

2016/11/16(水) 05:00:51 | URL | hanep #-
自分自身スクワッタの住人でしたが、政治談議は有りますよ。俺は「デゥテルテはヤバイ」と言い続けてましたが、みんな投票しちゃいましたね。本来この人は逮捕されているのが我々の常識ですからね。六年持つか、お手並み拝見です。今は支持率の高さに覆い隠されていますが、反米路線は明らかに失政と言えるでしょう。

スターチャイルドさん。アジアが雄雄しく雁行型経済成長をしていた時でさえ、フィリピンはご承知の通りでした。ご心配には及びません。この国は、きっと「以上でも以下でもない」と思いますよ。

それにしてもフィリピンを米国の植民地だと小馬鹿にする人々が、定期的にこのブログに湧きますけども、この国を知れば知るほど、そんな気になれないね。

ロシア、北朝鮮、韓国、中国と直接国境を接している我が国にとって、フィリピンのシーレーンがあるからこそ、インドネシアあたりから天然ガスが安定供給されているわけで。うちの国は資源がないんですから、本来死活的に重要な国です。

見下すのは簡単ですが、俺たち日本人が、それほど上等な民族だとも思えませんがね。フィリピン人も日本人も、手足の数は一緒ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1118-36cc611c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)