スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年ぶりに聞いたヒッピーのその後

先日クーロン黒沢の シックスサマナをポッドキャストで聞いていると、ゲストスピーカーが「パンガン島名物のフルムーンパーティーを立ち上げた当初は島民の猛反対がすごくて・・」などと興味深い話が始まったのだが、その後「ゴア風のトランスをパンガン島に持ち込んだ前山さんが・・」という言葉を聞いた時に思わずハッとしてしまった。

ゴアの前山・・。聞いた事があるぞ。そしてしばらく考え込んだ後でついに思い出した。そうだ!アンジュナビーチのフリーマーケットでオニギリ売ってた人だ!それに半年後にバンコクの空港で再会したじゃないか!。あの時荷物預かってくれって言われた人だよ。

今もそうだろうが当時インドのゴアには世界中のヒッピーが集まっていて、みんなインド人の建てた小屋を間借りし、水は井戸から組んで自給自炊生活をしていたのだが、毎週水曜日にビーチの脇にフリーマーケットが設営され、ここでは民芸品に中古品のカメラや寝袋、ハッシシ入りのクッキーなどが売られていたのだが、そこでオニギリ売ってたのが前山さんである。





年齢は三十代前半だったと思うが、インドの行者サドゥーそのものの風体は社会の落伍者ヒッピーだらけのゴアでもかなり異質であり、筆者らゴア初心者は「ちょっとあの人に近寄らない方がいいぞ」と避けていたのだが、それから半年後にバンコク空港のチェックインカウンターでばったり再会したのだ。

あのぉ、前山さんですよね?ゴアにいた?と話しかけた事で彼との会話が始まり、前山氏は自分は原宿の露店でアジア風アクセサリーを売っている事、仕入れはインドとタイでするので旅は役得なのだ!などベラベラ話し始めたのだが、その後で「キミのキロを分けてくれないか?」と言い出したのである。

要するに自分の荷物を預かってくれという申し出なのだが、場所はアヘン産地のバンコクで、相手はインドのヒッピーの聖地の主みたいな男な上に誰がどう見てもヤバイ風体をしている・・。それで「アナタは何か持ってそうだからお断りします」と断ったのだが、その時のなんとも言えない表情と来たら、ちょっと悪い事したかな・・。





しかも運が悪い事に飛行機では席が隣り合わせになってしまい、非常に気まずい雰囲気のまま離陸したのだけれども、1時間もすると彼はウォークマンを取り出して「ヘビメタは好きか?」と言うやメタリカやホワイトスネイクなど彼が好きなグループの事をずーっと話し続けたので少しは気楽になれたのだ。

そして成田空港で別れる時に「ヒマになったら遊びにおいで」と言われたのだが、生憎と筆者は大学の研究室の残務をこなしたり、二ヶ月後の卒業旅行の資金を貯めるためのバイトに忙しく、そして就職後は新潟県に移動したために前山氏に戴いた住所と電話番号にはついぞ連絡はせず、そのまま30年近く彼の事を忘れていたのだ。

その前山氏がポッドキャストを通じて蘇って来た。それで耳をダンボの様にして聞き入っていたところ「ワタシがその家を出た直後に警察に踏み込まれてしまいまして、それで彼は麻薬の罪で檻の中に入れられてしまったんですが、いやぁ刑務所から出すのにずいぶん苦労しましたよ、ハハハハハ」という話が・・・。

やっぱりバンコクの空港で荷物を預かるのを断って正解だった・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

1986年頃ですか。その当時は、すでにマニラ、パサイ市のカルティマーマーケットの近くで、健康的な生活を送っていました。(汗)

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1105-f7a3dfc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。