真っ暗なソイカウボーイ

タイ国王の崩御により全国民は悲嘆にくれている!というニュースが世界中を駆け巡っているが、崩御のニュースが流れた瞬間にタイにいた筆者にとっては案外とみんな冷静に受け止めているな・・と言うのが正直な印象である。

金日成や金正日の死去の時にように路上に突っ伏して泣いているとか、直立不動で敬礼しているようなことも無く、単にみんな神妙な顔つきでケータイに見入っていただけで、翌日町中の人が黒一色の服を着ている以外は普通と変わらない一日であった。

ホテル近くのHなマッサージはいつも通り営業しているし、近くのバーやパブでは騒音こそ無いものの普通にサッカーの試合を見ながらビールを飲む御仁で溢れており、居酒屋では普通にビールや日本酒を飲んで管を巻くオヤジ達がいるからなんか拍子抜けしてしまう。

それでソイカウボーイも相変わらず営業してるんだろう・・と思ってホテルからとことこ歩いて行ったところ、これが下の写真の通り見事に真っ暗・・。いつもギンギンギラギラなソイカウボーイが全店漏れなく閉じていて、深夜の地方都市のシャッター街のようになっているのだ。

「オーマイガーッ!」「ジーザス!」「ホワットアファック・・!」を叫ぶ白人たち・・。おそらく週末を利用してオーストラリア辺りから夢のセックス・キングダムへ遊びに来たんだろうが、その王国の淫靡の宮殿が廃墟のようになってしまい嘆き悲しんでいるのである。

まあちょっと東に数百メートル歩けば日本人向けエロ地帯は今でも健在なのだからソッチへ行けば良いんだけど、こういう白人って案外と情報の幅が狭いから「タイのナイトライフは壊滅!」などとツイッターに打ち込んでいるに違いない。

お前らなあ・・せっかく休みを取って来たのにこのザマなのは本当に気の毒だけど、場所が場所だけにゴッドとかジーザス相手に嘆くのは丸っきりお門違いだぞ。こういう時はオーマイブッダとかハイネス、マジェスティーみたいに今回この原因を作ったあのお方に合わせた表現に変えましょうね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

数十年に一度のすごい写真ですね。肉眼で見たかった、ありがとうございます。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1090-30e3d94b