おナベの下着は青かった

2016/09/29 09:26:40 | 日記 | コメント:3件

昼寝から目を覚ましてふと窓の外を見るとベランダに男物のブリーフが干してあるのを見つけた。はっ?なんだ?この青いブリーフは・・?まさか女房が・・とパニくった筆者が居間で寝転んでいた女房を叩き起こして問い詰めたところ「あれは(従姉妹)ローズアンのよ!」と呆れたように言った。

ローズアンは戸籍上は女だが生まれつきのトムボーイ(おなべ)であり、3日前の寝違えで左上半身がカチコチになってしまった女房を助けるため目下筆者の家に泊まり込んで掃除洗濯など諸々の作業をしてもらっているのである。

そうか、ローズアンはいつもボーイッシュな服装をしてるけど下着も男物だったのだ・・と当たり前すぎることに何故か呆気にとられる筆者。オナベがリーゼントや革ジャンを来てハーレーに跨っていても何とも思わないが、下着という盲点があった事に今更ながら気が付いたのである。





しかしこのブリーフも良く見ると男性が用を足すときに○○○をくぐらせる窓が無い事に気が付いた。ということはこれはブリーフならぬ女用のパンティーで(それにしては腹のバンドの部分が太いのが気になるけど)、オナベだけでなく一般のフィリピン女性もこういう下着をつけているのだろうか・・。

それで率直にローズアンに聞いてみたところ「これは女性でも男性でも無いトムボーイ用である」と胸を張って答えたのだが、そんなの本当にあるのかね・・?。じゃあ反対にバクラ(オカマ)用もあるのか?と聞いたら、ワタシはバクラでは無いからそんなことは知らない!と言い切る。

もしかしてフィリピンの下着ショップに行けばやけにカラフルなパンティーなのに全部に男性特有の○○○をくぐらせる窓付きタイプが有ったりするのだろうか?それと前だけでなく後ろの方も4~5センチくらい割れるように・・いや、これ以上の想像は止めておこう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/09/29(木) 16:54:37 | URL | starchild #/9hBKkrU
男ものでも、珍あな の無いものが多いですよ。どちらかというと、無い方が一般的なのでは?

2016/09/29(木) 17:36:56 | URL | starchild #/9hBKkrU
但し、穴の有無に係わらず、履き心地のよいブリーフを見つけるのは、至難の業。
1.珍と球が、きっちり固定しないの多い。
2.ガーターが直ぐ使い物なら無くなるものが多い。

SMやロビンソンで、ブランド品を探すのですが、私の好みは、一社のみ。

偶然、セブSMで見つけたのですが、同じメーカーがマニラでは見当たらない。

追加:男もの。女物。ブリーフ・パンティー

男物、ガラが無地かシンプル 女、プリントが可愛いい。(勿論、シンプルなものもある)

男:ガーターが幅広い。女性:ガーターが狭い(勿論、スポーティーなガーターが広いものもある)

女:フリルや縁取りが可愛くデザイン。(シンプルもあり) 男:まず、ありません。

男物でも、ビキニ、セミビキニは、男物でもあるし。ただ、Tバックは女物だけと。

あと、男物は、綿か綿との混紡。生地が厚め。

女性物の安物は、化繊もありますよね。主に中国製。男物の中国製は、モールでは、見たことありません。田舎やデビソリア、バクラランあたりにはあるのかも。

2016/09/29(木) 20:57:00 | URL | starchild #/9hBKkrU
ところで、フィリピンが誇る国際弁護士、ミリアム・サンチャゴ女史が、なくなられましたね。
寿命のわかっていた、彼女は、最後の大統領選に立候補して、夢をかなえた。心から、愉しんでいましたよね。選挙戦。

ところで、ドテ氏、中国よりに決定したような。ポーズかな???
アメリカ以外ならどこでも好いと言う感じ。

それなら、しゃぶの大元、中国を何故責めないのか?

私的には、中国大陸人は、考え方が嫌いです。それと、あの中国デザイン。余りにも実質過ぎる、精神文化。

心が無いというか。

私的には、麻薬犯罪殺滅と、汚職追求は大いに結構だけど、アメリカと切れることは、賛成しない。
そのような、民意は殆ど無いのでは?デモでもやれば良いと。
いろいろ考えるに、なにか個人的にアメリカに対して敵意を持っているような。先祖がアメリカに殺されたのかな?その呪いかも。

だって、アメリカ国籍のグレースポーが立候補するから、彼も立候補すると言ったわけだし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1071-92eaeff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)