スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前はゆっくり休むが良い

タイタイの義妹宅に遊びに行っていたはずの女房から「今病院にいる」というメッセージが昨日昼に入った。何事だ?と驚いた筆者は電話を掛けたものの応答が無い。何か嫌な予感がするな・・と心配していると義妹から「症状はシリアスなモノでは無かった」というこれまた謎の様なメッセージが入って来た。

一体何が起きたのかというと、朝起きたら背中に激痛が走り、さらの上半身の左側の筋肉が極端に強張っているのに気付いたというのだ。それで慌ててタイタイ市では一番だがボッタクリで有名な某病院に駆け込んでX線に血液検査、さらに左手首の細胞検査まで受けたところ「ひどい寝違えです」と診断されたと言うのだ。

本当かよ?オレも似たような経験があるがその時医者に筋膜炎と言われたけどな・・。しかし医者から注射されて少しは腕が動くようになったため女房はパッシグの我が家へと(介護役の従姉妹ローズアン込みで)本日戻って来たのだが、ドアを開けるや苦痛に顔をゆがめながらソファに突っ伏してしまった。

このどアホ!と筆者が思わず叫んでしまった理由は、実は筆者ら夫妻はあと数日後にタイに遊びに行く予定だからである。本来なら8月に行くつもりだったのに、今までタイに何十回も行き過ぎてすっかりタイに飽きてしまった女房が激しく抵抗したことから渋々10月頭にずれ込まされてしまったのだ。

その折角のチャンスさえもこの女の寝違えのせいで奪われようとしている!!!その事に激しい怒りを覚えたのである。そこで筆者は女房に優しいいたわりの言葉をかけるよりも前に「その調子ではお前はタイに行くのは無理だから、フィリピンで静養したらどうだ?」と本音が思わず口元から出てしまった。

しかし筆者の妻への気遣いも虚しく「アタシも行く!」と言い張って聞かない女房。それで近所のマッサージ嬢を家に呼んで3時間コースで揉ませたり、ローズアンに買いに行かせた自動按摩器を首筋に充てているのだが、体の痛みは多少改善したもののどう見ても数日後に旅に出れるとは思えない・・(希望的観測)。

まあ航空券もホテルも全部予約しちゃったからオレはタイに行くしかないけど、当初予定した2週間ではなくてビザ期間ぎりぎりの30日間、いやクリスマス前までには帰って来れるかもしれない。まあお前はフィリピンに残ってじっくり静養した方がいい。あとタイに電話は掛けてこない様に・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

たくざ。 ははは。

体の調子が良くなったら、後を追ってタイに来られますよ。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1070-cb083f64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。