スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難破船みたいな種族

昨日の日記でネパール人に嫁いだ女房の幼馴染グレースが精神病を発症してしまった件を書いたが、牛のように従順で大人しいグレースも今から10年以上前に一度だけ家出したことがある。逃げ込んだのは筆者の家で、まだ赤ん坊だったサマンサをあやしながら泣く泣く話したのは如何にも山国ネパール人らしいバカ話であった。

子供が生まれた直後から夫の両親と二人の姉と同居させられてしまったグレースだが、そのうち何と義父がネパールに一家で帰るぞ!と言い出したのだ。義父は元々イギリス軍下のグルカ兵で、香港返還後(失業後)は民間の警備会社に勤務していたのだが、ちょうどこの年に引退を迎えたのである。

ワシは生まれ故郷で余生を過ごしたい!と言う気持ちはわかるけれども、この「ワシ」というのが曲者で、これは「ワシだけ」あるいは「ワシと妻」と言う意味では無く、ワシと妻と3人の子供と嫁と孫を全員引き連れて帰るぞ!という意味なのである。

当時のネパールは毛沢東派ゲリラとの内戦で万単位の人間が死んでいる真っ最中であり、さらに義父の故郷というのはゲリラ支配地域との境界線あたりにあるから、屈強なグルカ兵だった本人はともかく家族にとっては命がけの話である。こんな危ない所に一家で戻ろうと考えること自体アタマがどうかしているが、さらに驚くべきことが起こった。





義母はともかく夫、そして二人の姉妹はなぜか反対しなかったのである。彼らは香港生まれで香港で教育を受け、香港で仕事についているというのに(さらに一人はフィリピン人の嫁を貰って子供までいるのに)、しかもそんな貧乏な国に戻れば生計さえままならないのに家長である父親に対して反対意見ができなかったのだ。

冗談じゃない!英語教師というだけでリンチを受け、メガネをかけているという理由だけでインテリと見なされて殺されているところへキリスト教徒の自分と娘サマンサが行けばどうなるのか?。当然グレースは抗議したがなんと夫は曖昧な事を言うだけで意見として取り上げもしなかった。

これがネパール人の根本的欠陥である。彼は自分たちの部族以外人を人間として見ていないという事もあるけれども、もっと重大なのは誰かが言い出した事によって相手がどう受け取るか?あるいはどういう不利益を被るか?といった事を考える客観的思考力が欠落しているのだ。例えは悪いが他人の子供を殺しておいて「なぜあの親が悲しんでいるのか判らない」と言った畠山鈴香並みの思考力と思っていただくと良いだろう。

しかも誰かが何かバカなことを言い出しても家族の和を壊したくないから反対出来ない。これだと家族全員が舵を失った難破船に乗っているようなモノだが、そんな船にも実は船長や一等航海士など階級があって一人だけ国籍も宗教も違って血の繋がりの無いグレースは最下層の甲板・司厨・機関船員なのだ。





そして現実に家を引き払う時期がどうのこうの・・という段階まで来たためパニックに陥ったグレースは筆者の家へと逃げ込んだのだが、そのあと我が家に夫や義父が押し掛けて来て押し問答を繰り返した挙句、まず義父夫妻だけが一旦ネパールに戻り様子見をする!と約束したのでグレースは一旦家に戻ったのだ。

良く日本人は「ネパール人は純朴で昔ながらの日本が残っている」とか好意的な事を言うけれども、現実には家父長が絶対の封建的社会であり、さらに血族以外の人間が家庭に入ろうものなら牛馬の様な扱いしかしないイヤ~な連中なのである(ここら辺は日本の山深い某ダメ県と良く似ている)。

さて勢い勇んでネパールへと向かった義父母は故国の惨状に驚いてしまい、結局故郷の村に短期間滞在しただけで香港へと帰って来てしまうという低能ぶりを露呈したのだが、今考えればこの時義父母が毛沢東派ゲリラに撃ち殺されていれば今回のグレースの症状も幾分和らいだかもしれない。

なお香港にいるネパール人はグルカ族ばかりなので平野部やカトマンズ出身の連中とは少し違うかもしれないが、もしもあなたの娘が在日ネパール人(特にグルカ族)と結婚したい!などと言い出したら迷うことなく二人の仲を引き裂くべきであろう。なお繰り返すがメディアで良く言う「山国の純朴な・・」と言った枕詞にはくれぐれも騙されないように。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

他民族は、下に見る。民族の性なのでしょうか?

 

ネパール、個性的ですね(笑)

時差が5:45だし、暦もややこしい。インドとは、国境がほぼないし(人の移動という意味で、パスポートも入国スタンプも必要なし)。中国とは毛沢東派だし、反チベット対策してるし。

傭兵で儲けてるのでしょうね。世界最大の傭兵国。

************

ところで、アブサヤフからインドネシア捕虜とノルウエー捕虜を救出。以前から書いているように、ドテルテ、ミスワリグループは、モスリム地区では強力ですよ。
この人たちしか、治めるられない。+インドネシア。

マレーシアは、引っ込んでろ。ってことですね。サバ地区から、マレーシアを追い出して、フィリピンの領土を広げましょう。

アメリカも日本も、国連も、もし南シナ海で、中国の横暴と戦うなら、イージス艦、空母を含めて、常駐させろ って事でしょうね。今は、適当なにらみ合いでしょ。

アメリカは軍事援助とか行っても、ぼろぼろの戦艦しか寄付しない。自衛隊も、退役した戦艦、戦闘機、全て、寄付すればよいと。要するに、他国とは戦えない日本の法律の下で、フィリピン軍に委託すればよいわけで。

シーレーンの安全保証の為に。

 

日本の某N県民もそうですが、山の民ってのはねじくれてますから。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1061-7484a5c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。