スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中年からのテツ夫とテツ子

ここ最近筆者の周りにいる先輩たちにある趣味が広がっていることに戸惑っている。最初の人物は学生時代にタイで出会ったK氏で、1年半前に女房と日本を訪問した際に秋葉原の焼肉屋に行ったのだが、食事中に窓から見える線路を指さすや「あっ!あれは○△系だぞ!この時間に#番路線を走るなんて珍しいよ!」と叫び出したのだ。

このK氏はTPOを良くわきまえた人物なのに鉄道には1ミリも興味も無い筆者と日本語を一語も解せぬ女房を前にやたら専門的な説明を始めてしまったのだ。昔は旅と山と酒をこよなく愛するスタイリッシュな男だったはずなのだが、聞いてみるとなんと自宅の居間を改造してミニチュア鉄道を走らせるほどのマニアで、奥さんの冷たい視線をよそに毎晩一人悦に入っているらしい。





二人目は大学の先輩で現在は大きな酒問屋を引き継いだY氏である。一昨年本当に久しぶりに再会したのだが、この方の仕事話を聞いているうちに、ニッカウィスキー工場の表敬訪問と称して年に数回東京から新幹線に乗ってわざわざ大阪へ逆戻りし(一応サントリーを訪問しているらしい)、そこから小樽へとトワイライトエクスプレス(大阪⇒札幌間)で向かっている事が判った。

さらに驚いたことにトワイライトの他にカシオペア、ななつ星、サンライズ瀬戸など日本中の寝台特急のいずれかに毎月のように乗車しており、ご本人は寝台列車にのるのは仕入れ先との商談の際のつかの間の息抜きだよ・・と言うけれど、筆者にはどう見ても主目的が逆なんじゃないか・・としか思えないでいるのである(なおY商店のホームページを見たところ鉄道が無い沖縄県産の泡盛は扱って無かった)。





それから新人営業時代の先輩かつ教育係だった姉御のM女史である。M姉御はイタリア語とフランス語が堪能で、油絵とクラシック音楽、そして美食とワインなどのご高尚な趣味から筆者は内心でお蝶夫人と呼んでいたのだが、筆者が出雲に出かけた際にフェイスブックに「山陰は鉄とテツの産地!カワユイローカル線と製鉄遺跡を制覇して!」というコメントを書き込んでいた。

意味が分からなかった筆者はM姉御に意図を尋ねたところ、なんと姉御は出雲・松江間を走る一畑電車の写真を送って来て、そこには「最近お弁当持ってローカル電車に乗るのがマイブームなのよ!」と書いてあった。それでM女史のフェイスブックを初めから全部見たところ・・有るわ有るわ・・、ファンシー系電車やSLの中でニッカリほほ笑んでいる姉御の写真が山ほどあったのだ。





鉄オタの何が悪いのか?とお思いだろうが、筆者の中ではアニメとカメラと鉄道ファンは陰気な野郎の趣味という先入観があるのと、この3人の先輩たちは昔から大変知的で筋のよろしい趣味をお持ちの尊敬すべき面々だったのだ。それが3人とも揃いも揃って鉄オタになってしまうとは・・と驚いているのである。

筆者は彼らほど知的ではないので理解できないが、紳士淑女が分別をわきまえた年齢になると鉄道へと帰結するような因果関係があるのだろうか?。と言う事でもしもこの件について論理的に説明できる方がいらっしゃったらコメントいただきたいのだが、だけど・・・・・、なにを聞こうともオレは鉄オタにはならないだろうな・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

鉄道オタクは発達障害者に多いと聞いた事がありますが、僕は単純に、鉄が好きか嫌いか、が大きく作用していると思います。
幼い頃、鉄棒なんかしてると手のひらに染み付くあの、血のような臭い。
あの臭いに何とも言えない違和感、不快感を覚えたら、趣味はオカルトへ。魅力を感じたら、その人個人のオタク気質の強弱にもよるでしょうが、鉄オタや、軍オタ、刀剣オタ等になるのです。
南方の海でダイビングしてて、水底に朽ち果てた軍艦を発見した時の僕や管理人さんのワクワクと、彼らが抱くワクワクとは質が明らかに違うのではないでしょうか?
山々に囲まれた草原に走る線路。鉄オタは、例え鉄オタになる前でも、恐らく鉄製のレールに注目するのです。半ば本能的に。
僕や管理人さんは、山だったり、中腹にポツンと立つ廃屋っぽい小屋だったりする。木材派なのかも知れませんね(笑)。
なお、錆びた鉄棒の臭いが堪らなく好きで、おかつオカルトに興味がいく人間は、多分、いやきっと危ない奴です(・ω・`)。

 

「ま」さま
鋭い指摘に脱帽しました
さすがオカルトマニア・・

 

小学生低学年の頃は、HOゲージ(ナローゲージかも)に少しだけこってましたが、その後それっきり。飽きやすい性格なんですね。

寝台列車、一人50万とか80万とか。よほど金銭的にゆとりがないと、無理ですね。私的には、他に使いたいですね。例えば、列車なら、中国の6000M?の高地をはしる、気密列車とか。

あすから、1週間ほど、ネット環境が悪いところに行きますので、コメントお休みしますね。


 

え~!?褒められると、ちょっと恥ずかしいっす…

 

tarchildさま
中国ですか?お気をつけて

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1048-d745f5de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。