スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダバオ爆弾テロの真犯人論争

デゥテルテ大統領の地元ダバオ市で爆弾がさく裂し、現場のナイトマーケットにいた14人が死亡する事件が起こった。昨日の日記で書いた通り筆者は殺人事件好きだが、こういった無辜の人間を無差別に殺す犯罪に対しては激しい怒りを覚える性質で、亡くなられた方とその家族に対して心からお悔やみを申し上げたい。

さて爆弾テロが起こった日は金曜日で、ちょうどこの日は従兄弟ジェンの長女オレンジの誕生日であり筆者ら夫妻もお呼ばれしていたのだが、幾つかあるテーブルの一番端っこに追いやられた筆者ら酒飲みオヤジチームが気炎を上げている時にこの事件の第一報がもたらされた。(よって下記の会話はアブサヤフの犯行声明が出る以前になされたものである)

「麻薬カルテルの報復だな!!」と口火を切った筆者。これは目下フィリピン全土で展開されている麻薬関係者の組織的抹殺に対する報復だ!というのがその根拠であり、ごく普通に考えればこうなるはずなのだが、実はこのテーブルではこの説は全く支持されない事は最初から判っていたのだ。

と言うのはフィリピン人は陰謀論者が案外と多く、例えば「神戸で3人ヤクザが殺されたけれど、これは先週の名古屋の組長が狙撃された事の報復みたいだね」なんて考えるよりも「両方とも警察による犯行だよ。お互い抗争させて消耗させ、頃合いを見て一網打尽にする気さ・・」という説を訳知り顔で述べる御仁が多いからである





案の定そばにいた義弟が「ブラザー、それは違うよ。ダバオで起こった過去のテロはみんなNPAやイスラム過激派によるものだ」と言うのだが、確かにあそこはかなりややこしい土地であることは筆者も知ってるけれど、だけどちょっと待てよ・・いまイスラムとの明確な政治対立なんてあったっけ?と言ったら、周囲がフフンと笑う。

そこへ従兄弟ジャネルとラフィーが「イスラムの資金源は麻薬ビジネスで得ているんだ!」「コロンビアと同じだよ!」などと奴らの好きな方向になっていたのだが、ついにジャネルが「オレはアキノ前大統領が影の仕掛け人だと思う!」と言い出したのだ。

新旧大統領が対立するのは良くあることで、現在フィリピンでもデゥテルテとアキノの代理人デ・リマ元法相が舌戦を繰り広げているのは筆者も重々承知しているが、だけど爆弾テロまでやるかねえ・・と反論したところ、これが全員から「アキノは麻薬業者とズブズブなのを知らないのか?」と猛反撃を喰らってしまったのだ。

ちょっとここで整理すると、麻薬業者とイスラム過激派とアキノ前政権は一心同体とまでは言わないものの所詮は同じ穴のムジナであり、現在は三者の利害が一致しているというのだ。事実とすればとんでも無い話だが、でも筆者も高校生の時に落合信彦を愛読したくらいだからこういう考え方は好きなんだよね・・。





しかし・・・そこへ本日の主催者ジェンの口から「フィリピンのテロには何故だかアメリカン・クリスチャン・グループの影がちらつくんだ」と奇妙な発言をしはじめた・・。なんでも10年くらい前の爆弾テロでアメリカ人の宣教師が大勢死に、これはアブサヤフの犯行と断定されたのだが、実は反イスラムの機運を高めるためのアメリカによるヤラセだったと言うのである。

このジェンは昔ケソンシティーをドライブ中にモルモン教のフィリピン代表部を指さして「あの連中がフィリピンの影の支配者だ!」とか「ピナツボは自然噴火ではなくアメリカが水爆を使って爆発させたんだよ!」と発言した前科がある正真正銘の陰謀論者である(ちなみにフリーメイソンにも入会している)。

そりゃいくら何でも妄想じゃ・・と呆れた筆者はすっかり黙り込んでしまったが、このジェンのアメリカン・クリスチャン・グループなる一言がテーブルを囲むオヤジどもの好奇心に火をつけたのか、全員が訳知り顔でワイワイガヤガヤ自説を展開し始めた(タガログ語なので内容不明)。

いろんな登場人物が出て来ては面妖な味付けで調整され、やがて奇奇怪怪な陰謀論になっていく・・。これってフィリピンじゃあ日常的な光景である。スペイン植民地の時代から男たちが集まるとこういう話に興じていたんだろうなあ・・。まあ筆者も何度も書いたけどこの手の話は嫌いじゃないんだけれどね・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

世界を支配する爬虫類型ヒューマノイド、レプリティアンに関するまことしやかな噂。元CIA職員スノーデン氏に暴露された地下マントルに住む知的生命体の存在。
かつて熱狂した怪談、中山市朗の『山の牧場(関西扁)』、竈猫の『山の牧場(北海道扁)』及び『総武線沿線怪人シリーズ』が、最近別の意味でリアル怖いです。怪談として単純に楽しめていた頃がなつかしー!!(笑)
イルミナティのスペル『illuminati』を逆にして『itanimulli.com』で検索すると、何故かアメリカ国家安全保障局CIAのホームページに繋がるとか…。もう、裏で何が動いてても驚かない。

アメリカのやらせの可能性?大いにあると思います!!ISだってアメリカが意図的に生み出したんじゃないでしょうか!!
ドゥテルテ大統領危うし。愛国の独裁者はカダフィ大佐みたく消されてしまいますよ( ´△`)

 

サボタージュですから。アブサヤフは、多コアシステムをとっていますので、全国的にやらない限り、効果は無いんですよ。

中央政権のコントロールのため、モノポリ化したモスリムグループが出来ないように、対抗グループとのバランスを取ってるわけで、そんな意味で、中央政府が関係しています。

ドテさん自身は、カーボーイスタイルですが、スタッフは優秀ですよ。エストラーダ政権と違い、そう簡単には、倒せませんよ。

ミスワリは、学社肌。それに対して、他方は暴力的ですね。アキノは、サバを売りかけたわけで、その店、壊れたのがフィリピンの将来のためですよね。

モスリム地域は、バーター貿易が認められていましたから、合法的密輸、密輸出も出来たわけで、これに麻薬がからむ訳ですね。まだ発表はしていないけど、麻薬系は金の密輸出にもかんでいます。それで、金が産出する場所の政治家、上層部は、金、麻薬に絡んでいるのですよ。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1046-37fc8f77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。