スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲娘絶縁

女房が深夜トイレに入ったまま出てこないので見に行くと、便座の上に座ったまま櫛で髪の毛を漉いているのを見つけた。こんな夜中に枝毛の手入れでもしてるのか?と聞いたところ、違うのよ!痒くて仕方がないの!と言う。

よく見ると膝の上にはティッシュペーパーが広げてあって、櫛や髪の毛にくっついた物体をティッシュの上に置いているのであった。これはもしや・・と思う間もなく女房の口から「アビーにコトゥを移された」といいだした。コトゥとはシラミの事である。

ギョエエエエエエエエ!!!!と絶叫する筆者。冗談じゃない!なんでこんなロクでも無いもの頭の中に飼ってやがったんだ!とさく裂しそうになったが、アビーという名を聞いて???になってしまった。

アビーは女房の弟の10歳になる娘で、こいつは以前我が家に泊まり込んだ際にもシラミの卵ギョウチュウをシャワー室にまき散らした前科があるのだが、しかし筆者はここ半年ほどアビーに会った覚えが無いのである。

しかし女房の話だと2週間前にタイタイ町の旧宅に出かけた際にアビーもリサール州の田舎から出て来ていて一緒に昼寝をしたらしく、その際にアビーの頭からシラミが這い出て女房の髪の毛に卵を産み付け、それが今になって孵化したということらしい。

「湿気のせいで子供の頭にシラミが増えるのは仕方がないのよ・・」と女房はアビーをかばうが、前回シャワールームの床をウニュウニュ這いずり回るギョウチュウを見た時に匹敵する生理的嫌悪感が全身に広がってしまい、もはや制御することは出来なかった。

「アビーと今後一切接触するな!」これが女房への命令である。そんなこと言ったって姪なんだから!と女房は言うが、恒常的にシラミやギョウチュウが繁殖している生物など人間とはみなせ無い。こんな汚らしい生き物とはもはや縁切りだ!出入り禁止!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

寄生虫 

4年ほど前、埼玉の高校で女子高生がマラソン大会中に体温の上昇で苦しんだサナダ虫が肛門から数十CMぶらさがり、あわててトイレで引き出したらいくら出しても出てくるので恐怖で失神して救急搬送されました。結構日本人でも虫持ちはいますよ。

 

思わず日本に巣食う○○人を想像してしまった…。日韓合意に通貨スワップ再開?○倍○○人説はやはり事実なのか…( ´△`)
田布施システム、統一教会、イルミナティ…。悪魔崇拝教団イエズス会のトップは日本の天皇説。
最近怪談を聴く機会が少なくなったからか、おかしな方へ向かっている自分が我ながら怖いです…。

 

一番早いのは、バイゴンみたいなフィリピンで売っている殺虫剤を、髪の毛にスプレーして、30分後位にシャンプーして下さい。しらみ(コト)も卵(リサ)も、完璧に死にます。男性の下の毛のしらみにも効きますよ。

そのひから、寝具は(枕カバー等)は、全て新しくして下さいね。
洗濯前に、バイゴンをスプレーするのをお忘れなく。

昔から、何度も人体実験済みです。(笑)
まあー アレルギーの方もいらっしゃいますでしょうから、体のどこかに、少量スプレーして、パッチテストしてみて下さいね。

私の家では、田舎から出てきた全てのカトロンは、強制的にやってます。

しらみ殺しの、シャンプーもありますが、卵には効果が薄く、複数回の処理が必要ですよね。

勿論、顔の部分などは、ビニールやタオルで、カバーして下さいね。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1044-68acab7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。