和風クルーズのすゝめ

豪華クルーズ船の料理人をしている従兄弟スプークが契約終了に伴い一時帰国した。次の契約まで2か月ほどあるので奥さんと子供のいるルソン島北端のアパリでゆっくりと過ごす計画だと言う。ふだん離れ離れになっているとはいえ、2か月も休めるとは全くうらやましい限りである。

「だけど次回はシンガポールを母港にする船に鞍替えできるかもしれないんだ。そうなりゃ航海ごとの休みにフィリピンに帰って来れるだろ!」と嬉しそうに言うスプーク。シンガポールが母港というとスタークルーズ社か?と聞いたら、違うよ!今までと同じ会社だよ!と言う。

筆者は海運業界には全然詳しくないのだけれども、世界の色んな国に配置されている大型クルーズ船は大抵の場合アメリカやイタリアのクルーズ会社の持ち物で、スタークルーズはじめアジアのクルーズ会社はこれら欧米企業が売りにしている豪華基準を満たしていないらしい。

なるほど、日本やアジアの有名ホテルが欧米に展開しても巧くいかないのと同じか・・、やっぱりこういった豪華系のソフトパワーではアジアは大きく差を付けられたままなのだな・・とちょっと悲しくなったが、その時ちょっと頭にビビッとアイデアが浮かんだ。

明治時代の鹿鳴館みたいに欧米のスタイルを猿真似をするんじゃなくて、最初から日本的なモノ、それも庶民的なモノだけで勝負すればいいんじゃないか・・。そう、クルーズを西欧式ホテル風にするんじゃなくて、最初から和風旅館、いや温泉町そのもの空間にしてしまうのである。





船の中には健康ランドのように大小さまざまな風呂を設置し、ドレスコードはもちろん全乗客とも浴衣+丹前である。レストランも豪華な懐石料理は一応あるが、やはり寿司にラーメン屋、立ち飲み屋までそろった新宿西口ションベン横丁なんて作ったらどうだろう?

それとマニアックなフィギュアを売る店や地下アイドルのショータイム、メイド喫茶、コスプレがひしめく秋葉原おたくフロアに、色とりどりの民芸品や日本風衣類が並べられた清水寺門前町フロア、パチンコ、フリー雀荘に丁半バクチ、お触りスナック、ピンサロ、デブ専ヘルス、飛田新地風の赤線が立ち並ぶ歌舞伎町フロアは欠かせない。

お前はふざけてんのか!と思うかもしれないが、日本に来た外国人は兎カフェや土建工事のオッちゃんが着るような作業着ショップといった変な店に集っては嬉しそうにしているのだから、だったらそれをこっちからパッケージにして持っていこうじゃないか!というコンセプトである。

アジア諸国だと船に乗るよりも飛行機に乗って現実の日本に来てしまうので「ゆけむり1号(仮称)」はアメリカの東海岸かロンドンからフランス北部、独ハンブルグあたりに配置して様子見してみたらどうだろう。5万トンクラスの中型クルーズ船なら2千人ほど乗れるそうだが、それくらいなら入りそうな気もする。

温泉の評判はイマイチだがオタク系ショップは人気が高かった、はドイツ人には大うけだった、お笑い系を盛り入れて欲しい・・なんて事になれば、航海の旅に船名を「オタク1号」や「吉本興業号」「デブ専丸」などと変更し、提供コンテンツも船名に合わせていけばよいのだ。さて日本郵船さま、いかがだろう?このビジネスモデルは?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

イや~ すばらしいアイデアで。
今、JRで四季島というトレインクルーズ列車を作っていますが、このコンセプト使えるかと。

無利子の中東マネー・ブルネイマネー引っ張ってきて、船内IT化の遅れのため豪華客船作りで悩んでいる、三菱重工に最高のIT化、特に船内全てで、超高速インターネットが使える豪華客船を作らせればいかが?





 

日本人は元来が“ほどほど”を望む民族で、己れが大金持ちになる事を基本望んでいない(一部を除き)。
腕の良い大工は、その日一日楽しく酒が呑めりゃいいと思ってて、積水ハウスのような全国展開など考えもしないし、寿司職人は寿司職人で、回転寿司チェーンなんて想像すらしなかっただろう。TOYOTAが成功したのは、あくまでも良い車を作ろうと努力した結果であって、世界一の富豪になる為に頑張ったわけじゃない。
だから、いつも中韓に圧される。莫大な利益を生む健康食品や健康器具、イオンのような大型スーパー、オーナーの殆どはあちら側の人間だ。
【和風クルーズ】素晴らしいアイディアだが、やるとしたらそれは日本人じゃない。日本の良さを一番分かっていないのが実は日本人だからだ。
日本は凄いのだ!!日本人はもっともっと自信と誇りを持つべきだ!!と思う。日本を利用すれば金持ちになるチャンスは無限にあるのに、実に勿体ないではないか。
あと、自分も含め日本人はもっともっと欲深くなるべきだろう。いい意味で。


今ふと思い付いたんですが、日本の怪談、ファンキー中村さんくらい上手い語り手が英語で語って動画アップしたら、再生数凄い事になりそうなんですけど(笑)。どうなんでしょう。外国人に通用するのかな?

 

良いですね、和風クルーズ構想。
ウォッシュレットのトイレを全室備え付け、
バストイレを同じ部屋に押し込めてせまっちいお風呂をつけた部屋も用意して。
ウォッシュレットなんてつけたら、ハウスキーピングが大変そうだけど。
あと、必要もないのにカプセルホテルも設置して。
外国人って、変なものが好きですよね。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1040-be500110