プノンペンより下なマニラの日本料理レベル

新入社員時代の同僚H君から現在カンボジアの首都プノンペンに一時的に滞在しているとのメッセージが来た。H君は同じ会社でも生産技術部という俗に言う工作機械屋で、プノンペン郊外に新たな工場を建設するので短期出張と言う扱いで同地に来ているのだそうだ。

プノンペンねえ・・。筆者はカンボジアに入ったことが無いので良く判らないが、狭いところにゴチャッと民家が密集していて、埃だらけの道を上半身裸の労務者たちを満載したピックアップトラックが行き来している光景が目に浮かぶ。

それでH君に生活が大変だろう、十分健康には気を付けてくれよな・・と在り来たりな返事を書いたら、なんと彼から直ぐに「とんでも無い!プノンペンはメシは美味いし買い物も便利だからフィリピンよりもよっぽど快適だよ!」という返事が返ってきた。

このH君は1年半前までラグナ州の工場にちょくちょく仕事で来ていて、ボ二ファシオのサービスアパートに滞在していたのである。ボ二ファシオと言えば現在進行形で発展中のなかなかな住宅街なのに、プノンペンの方がよっぽど快適だと・・。

その後H君のメッセージには彼が住むエリアはプノンペン旧市街の南側にあって・・とか、近所のスーパーの品揃えも良くて例えば昨日はこんなものが・・と具体的な記述が続いたのだが、最後に「日本食のレベルがマニラとじゃ段違いに良いんだよ」という驚きの一言で結ばれていたのだ。

フィリピンは何を食っても不味い事はとっくの昔に知っているが、カンボジアもフィリピンやミャンマー同様に○○○料理というのが全世界で全然知れ渡っていない国、つまり料理不毛の土地である。しかもつい20年前までは内戦下にあってメシ食うどころか生きるか死ぬかの国だったのだ。

ところが今じゃマニラの方が下・・。この事実に筆者は愕然としてしまったのである。ここまでフィリピンは駄目だったのか・・とガックシ頭を垂れている最中にも「最近行きつけの居酒屋は煮物系が美味くってね・・」とH君からのメッセージが入り続けたが、筆者はもう読む気にはならなかった。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

日本料理店の歴史がないからでしょうね。カンボジアは。

フィリピンの日本料理店の歴史は、長く、
1)女かい観光客の為の、味などどうでもよい店からスタート
2)ジャパユキ全盛時代から、ジャパユキ経営の適当な店が増加
3)日本料理がフィリピン人の高所得層に普及
4)フィリピン人好みの味付けに変化
5)日本の専門店が乱立(最近ですよね)

ところが、歴史の無いカンボジアでは、(ミャンマー等も含む)日本人ヒッピー相手の、飯屋ぐらいしかなかったところに、急に、中流の日本人が増えた。

故に、味付けも、舌の肥えた、駐在員クラスの中流日本人向けの高級店や、家庭料理店が増えた。又は、’増えつつある。ってことですよね。

今のマニラの新規進出専門店の中には、結構おいしい店もあると思います。探さなければなりませんが。ただ、値段が(笑)テナント料が高すぎるし、仕方が無いのでしょうね。それでも、フィリピン人で大入りの店もあるのですから。





 

バックパッカーの一人ですが、毎日いしい食事を楽しんでいます。今もタパイという黒と白の発酵ご飯・各約26円(日本の酒を絞る前のご飯にたぶん近い)を食べ、ほろ酔い気分で書いています。朝食は大皿ご飯(ジャスミン米はフランスで世界一味の良いコメの評価)に炭で焼いた豚肉と卵焼きを乗せ、小皿に酢漬け野菜、小どんぶりにハーブと野菜、肉だんごの入ったスープ、101円、お昼はフランスパンにマンゴージャムをぬり、炭焼きウインナーをはさんだサンドイッチ2つ(各51円)とコーヒー(35円)、夜食は赤飯と黒米にドライココナツの千切りとマンゴーのみじん切りをかけ、それを米で溶いてクレープのゆにしたもので包んだもの2個(各51円)と自家製ソーダ飲料です。毎日十分満足しています。^^

 

おいしそうですね。フランスが統治していただけに、朝食(訂正:昼食)はフランスのの香りが。

フランスパン、フィリピン庶民食では、パンデサールがやや近いのですが。本物?フランスパンは、やはりそれなりの専門店やスーパーにしか置いてませんね。’

私的には、フランスパン+レタス+ロースハム等+マヨネーズ+マスタードがすき。

夕食は、潮州料理系中華料理の南国バージョンですか。(笑)

朝飯は、土着民族スタイルですか、炭焼き豚、うまそう。

タパイ、蒸し米に麹を混ぜて発酵させた、つぼ酒の手前のご飯ですよね。甘口なんですかね?

ジャスミン米、インディカ米系のもち米、3分の一ぐらい混ぜて食べると、おいしいですよ。
お試しあれ。

でも安いですね。フィリピンの半額以下ですね。三分の一かな。


フィリピンは、土着民料理+メキシコ料理(スペイン)+アメリカ西部開拓史的料理(アメリカ)の占領でしょ。これに、形だけの庶民の中華料理が入ったのが、庶民の家庭料理。
今は、アメリカ的ファースフーズの影響も大きいし。

さすがに普通の家庭料理(普通の家庭で食べる)は美味しくないです。勿論、高級店で食べる、家庭料理は、おいしいものがありますし、安食堂でも、地方によっては、おいしい店もありますよ。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1035-80def8dd