逃げ足の速い謎の兄弟

2日間に渡って怪談サークルに巣くうカルトの事を日記にしてきたが、今日はそんなに大きな問題にならなかったが「一体あの連中は何者だったのだろう?」と今でも不思議に思う兄弟の事について書きたい。

今は随分すたれてしまったがライブドアが提供するインターネットラジオは毎数年前まで大変活況を呈していて、毎晩色んな怪談番組が放送されるので香港にいた筆者は楽しみに聞いていたのである。ただ番組と言ったって視聴者数は多くても300人くらいのあくまでアマチュアの趣味の域だ。

その中に京都のヒロとタケという兄弟が放送主の怪○夜行という番組があって、毎回ゲストを呼んでは自分の体験した怪奇現象を話してもらうので筆者は結構楽しく聞かせてもらっていたのである。この番組の最後は「阿倍野晴明神社にお出かけの際は是非とも当店ILS晴○庵におこしやす~」で締めるのが常だった。





ウエブサイトを見てみるとILS晴○庵は京都駅南の東寺付近にある開運ショップで占いや数珠などを販売している店であった。こう聞くと怪しく思われるだろうが、大阪の石切劔箭神社みたいに大きな寺社の周りはこういう店で埋め尽くされているから正直言うと別に気にもしていなかったのだ。

それで阿倍野晴明好きな高校生に数百円単位のビー玉もどきを売りつけてる店なんだな・・と思っておたところへ、3年前の別の怪談サークルのカルト浸透騒動の際に関係者が集まった情報交換会(これもインターネットラジオで放送された)で「ILS晴○庵は霊感商法ではないか?」と誰かが言い出したのだ。

「裏では心霊鑑定と称して高額なお布施を取っている」「6万円の水と30万円のセミナーが本業」「関西の有名怪談師ファンクラブの事務局役を買って出たのはメルマガリストを入手して詐欺商法の餌食にするため」という内容である。しかし占い師や風水師が十万単位の金を吹っ掛けるのは何処にでもある話だ。





ところが驚いたことにこの暴露話の翌日に怪○夜行の放送は突然打ち切りになった上に過去のアーカイブもすべて削除、さらに信じられない事にILS晴○庵というショップまで廃業してしまったのだ。ここは路面店だったから敷金礼金だって相当額を払ったはずだし賃貸契約期間の問題だって生じて来るはずなのに・・。

繰り返しで申し訳ないがたかが視聴者数200人程度の番組でほんの3~4分話されただけなのだ。それに霊感商法の疑いがあるだけで刑事告発されたわけでもないのだから黙殺するか或いは「当方はカルトではありません」と公表すれば良いだけなのだ。にもかかわらず驚くべき速さで撤収したという事は、つまり・・・。

少しでも危ないと思えば一気に逃げるという鉄則通り京都の兄弟は怪談の世界からは姿を消してしまったが、おそらく現在でも健康食品や自己啓発セミナーなど別の業種で暗躍しているように思われる。さて、もしもアナタが岡本と名乗る兄弟に出会ったら、それはILS晴○庵の二人です。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

懐かしいなあ。確かに謎の兄弟でしたね。
時々、先生なる人物の話をするけど、結局何のどういう先生なのか分からなかった。代表のミエさんは、この兄弟の母親なんだろうなというのは察しがついたけど。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1024-ffb27a3c