旅の虫が鳴く瞬間

級友H君がまた旅に出た。T君はつい2か月前に筆者ら夫妻と沖縄で投合したばかりなのに、今回はクアラルンプールからペナンを経てチェンマイに移動し、チェンライやメーホンソン、メーサイなどしらみつぶしに訪れたうえに現在はミャンマー国境近くの全然聞いたことがない町にいるのだ。

T君と出会ったのは今から30年前近く前のバンコク・ヤワラートにある安宿で、それから筆者はお堅いメーカーのサラリーマンとなって香港に定住し、一方のT君はいくつかの専門商社で海外ビジネスのエクスパートとしてのキャリアを積んだのだが、奇しくも二人とも途中で道を降りることになった。

「机仕事をずっとしていると旅の虫が鳴くんですよね。それでアジアの香りに無性に触れたくなっちゃって」と泡盛のソーダ割りを呑みながらニコニコ笑っていたH君。そう言えばあの頃ヤワラートに沈殿していた連中で丸っきり海外と縁が切れた奴って一人もいないな・・とT君の話に頷く筆者。

一つの出来事がその後の人生を大きく左右してしまう運命の瞬間というのは誰にでもあるそうだが、80年代に混沌としたヤワラートの空気を思いきり吸った人たちは筆者やT君同様におかしな魔術に取り憑かれているようである。

ここ1年ほどはすっかり日本旅行贔屓となり、次は北海道だ!いや東北をぐるっと回って!などと考えていたが、T君の旅の写真を見るにつれムクムクと旅の衝動が沸き上がってくるのを感じる。

それで何気なくタイ航空のウエブサイトを見たら「マニラ発のチケット現在プロモーション中」の宣伝文句が有るではないか。そこから先はパブロフの犬と同じ状態でもはや湧き上がってくる衝動を抑えることなどできる筈も無く・・。はい、旅の虫に鳴かれました。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

筆者さんのことだから、もうチケット購入されたのでしょう。

今回は(も?)奥様と一緒ですか?

いってらっしゃい!

旅行記楽しみにしてます。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1014-256a72b7