刺青皇太子

2016/07/25 14:11:07 | 日記 | コメント:2件

タイ関連のニュースを見ていたらちょっと目を疑うような写真が見つかった。タイの王子が独ミュンヘンの空港に到着した際の写真なのだが、なんとランニングシャツにジーンズ、そして上半身にはおびただしい刺青が施されていたのだ。

この皇太子は若いころに独裁軍事政権による民衆虐殺を支持したり、私生活では何度も結婚離婚を繰り返す、さらに最近ではストリッパー出身の王妃とのトップレスビデオが流出するなど素行に大変問題がある人物ではあるが、まさか外交活動における最低限のマナーさえも守れない人物だとは思いもしなかった。





学生時代に付き合っていたタイの女子大生から「あの男が国王になったらタイは必ず革命が起こるわ!」と聞いてはいたのだが、このアメリカの重犯罪刑務所にでも入っていそうな風体を見た時にこの皇太子は即位前もしくは即位後に密かに葬り去られるのだろうな・・という直感が閃いた。

現国王の兄君の死についても兄弟でふざけているうちに弟が誤って銃を暴発させてしまったというものから、第二次世界大戦終了直後の世界のパワーバランスの変化により不要な旧世代として屠られたなど諸説あるわけで、ダメな王が側近たちに密かに屠られるのは自然の理である。





さてタイ好きな筆者は恐れているのはこの王子が王位継承をした後に革命が起こるか、或いはネパールの王宮内銃撃事件のような謀略が起こってタイに大きな政治的空白領域が生じ、政体がおかしな方向へと向かってしまう事である。

ただタイに住む友人によると王子のライバルである妹君も兄よりはかなりマシではあるものの海外での評判とは裏腹に色々と問題を抱えているらしく、いずれにせよ現国王が死去された後にはかなりの不安定要因が顕在化してしまうのだそうだ。だけどこのアニキよりは妹の方がよっぽどマトモだろう・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/07/25(月) 21:31:53 | URL | starchild #/9hBKkrU
何と申しましょうか。もうすぐ64歳になるのに(笑)
まあ、UKとオーストラリアで特に軍事学を学んでいたわけだから、こうなるのでしょうか。

軍事クーデター、司法クーデター、クーデターのデパートタイ。

ヒンズー系カリスマティック大乗仏教とか訳のわからない宗教…

その割には、日本から見れば、平和なのかな??? いや、危険度は高いはずなのに。それとも、ぼちぼち崩れ落ちるか。

多くの日本企業、どこに逃げるのか?(笑)

2016/07/28(木) 13:31:51 | URL | hanep #-
我が国の皇太子に刺青があったら、死ぬまで隠されるだろうな・・・。

それにしても、この人はある意味可哀想な人ですね。皇位継承権を取り消して、野に放ったほうがいいんじゃないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1005-e6195c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)