韓国人が空港で謎の自殺

マニラ国際空港ターミナル3で入国拒否を受けて控室に待機していた韓国人がトイレで自殺したらしい。死んだのはアン・サン・カンという50歳の男で、この日台北からセブパシフィック航空に乗ってフィリピンにやって来たそうである。

この韓国人がどんな理由で入国拒否を受けたのか?については記事に何も書いてないのだが、筆者が想像するにフィリピンに万単位でいる不法滞在者で。おおかた韓国で犯罪を犯して逃亡しているか悪質な業者から金を借りたお尋ね者であろう。

まあ韓国人の不法滞在者というのは別段男だけでなく女も同じで、一説には世界中に50万人の韓国女を輸出しているそうだが、この国が犯罪者輸出大国になってしまった背景には世界中の国と結んだビザ免除協定が大きく貢献しているらしい。

筆者は知らなかったのだが、現在世界最強のパスポートはドイツとスウェーデンで世界157ヵ国へビザなしで渡航可能だが、なんとアジア最強は日本では無く韓国で155ヵ国にも上るのだそうだ(日本は153ヵ国)。

ふつうビザ免除というのはEUやアメリカ、日本など経済的かつ人格的にも先進国に与えられるものだが、韓国はお家芸ともいうべきゴリ押しと恫喝能力の高さによって売春婦と犯罪者の輸出先(あるいは遺棄先)を切り開いたようである。

まったくこんな下等生物が地球上に存在しているとは・・と筆者はため息をついてしまうが、今回のマニラ空港での韓国男の自殺はたった一人とは言え病原菌が死滅したことに思わず快哉を叫んでしまった。この調子でどんどん自殺してほしい。

現在フィリピンでは麻薬常習者に対して射殺をしても構わない!という強硬姿勢で臨んでいるが、麻薬戦争が一段落したら是非とも不法滞在者、それも朝鮮人を徹底的に取り締まり、「韓国人昨夜だけで2000人射殺」というニュースが毎日流れる日が来ないものか・・と願わずにはいられない。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

児童ポルノがらみかも知れません。新リストになったようで、影響あると思います。本国では恥になるのでしょう。

不法滞在で送還される人って、残念ながらウチの国籍多いんですよね・・。日本に戻っても家も仕事も年金も無いから、コッチで小さな仕事してるって人がやられる。

ところで今年のACR,ちょっとカッコよくなりましたね!

 

韓国で指名手配されているから入国拒否と他のブログに書いてありました。

アンへレスではコリアンの薬関係も多いから、どさくさに紛れて処分できるでしょう。
法則発動で不景気なアンへレスです。

 

韓国、世界一の売春婦輸出国。
そして、世界1の女がらみ水商売の輸出国。(全世界で展開)。渉外能力は長けているのかも。

犯罪人島流しは、オーストラリア(英国)のまねなのかしら。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1003-56c2358a