FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

何から何まで落第点

2018/01/31 11:57:19 | 日記 | コメント:1件

筆者が棲んでいるアパートの横には屋台村式のバーレストランが昨年オープンしてしまい、毎日夕方から深夜まで音楽をガンガン鳴らすは女歌手がライブで声を張り上げるわ・・でうるさくて仕方が無かったのだが、ここ1週間ほどシーンと静まり返っている事に気づいた。音楽だけでなく酔っ払いたちの笑い声さえも聞こえないのである。という事はリノベーションでもする気なのか?(=今度はトンカンガンガンうるさくなるのでは?)と危...続きを読む
スポンサーサイト

埋もれた金鉱を発見!

2018/01/30 12:07:25 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

恥ずかしながら筆者は左翼趣味の持ち主で、これは子供の頃にテレビで見たあさま山荘事件やダッカ日航機ハイジャック事件をヒロイックに見ていた体験から来ているのだが、今まではまり込んでいた赤軍派は筆者の中で一段落ついたから次は東アジア反日武装戦線に移るかな・・と思った矢先にアレッ?となってしまった。一連の企業爆破事件で無期判決を受け宮城刑務所に収監中の黒川芳正(「さそり」部隊のリーダー)が書いたものでも読...続きを読む

抜けてるフィリピン人たち

2018/01/29 12:57:29 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

少し前の日記でアメリカ資本X社のセブ工場で働くフィリピン人たちがいかに駄目だったか?を書いたが、あれだけだと「フィリピン人⇒無能」を断罪するのに十分でないので本日の日記で捕捉したい。なお実際の話はすごく入り組んでいるのと営業や調達担当の方でないと判らない専門用語を使いたくないので話を簡略化しております。十年前にX社の営業担当業務を引き継いだ時に筆者が驚いたのは未回収金がもの凄く多い事だった。数億円も...続きを読む

野良猫も食わないソーセージ

2018/01/28 11:51:35 | 日記 | コメント:0件

筆者のアパートの駐車場には野良猫が十数匹住み着いていて、筆者はこいつらに余り物を与えるのを日課にしている。筆者はイヌよりもネコ派で、これは赤ん坊の時からネコと一緒に過ごしてきたからなのだが、部屋では飼えないからせめて餌くらい上げることにしているのだ。ウウー!ムニュムニュ!グルグル!ムイー!と唸り声をあげながら食う野良猫たち。さすが発展途上国の猫だけあって食い物への執着心はハンパではなく、ちっこいな...続きを読む

外国人へ幽霊話をするときの注意事項

2018/01/27 11:01:41 | オカルト系 | コメント:0件

今まで日記にさんざん書いてきた通り筆者は無類の怖い話マニアで、心霊スポットや呪われた部屋、飛び込み自殺が多発する魔の線路なんて聞くと胸が高鳴ってしまう性分なのだが、皆さんお判りのとおりこの趣味を他人に説明するのは結構困難を伴うものである。変な宗教に勧誘されるんじゃないか?とか、壺や多宝塔を売りつけられるんじゃないか?、選挙は○○党に投票してください!北朝鮮ツアーに行きませんか!と言われるんじゃないか...続きを読む

いつも釣銭が無い床屋

2018/01/26 13:03:34 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

筆者が毎回髪を切るのは料金70ペソ(150円)の大衆的な床屋で、なんでこんな店に行くのかと言うとここが筆者の家から一番近いからなのと、子供の頃に酷い床屋に通わされたお陰で床屋が嫌いな性分なため、不快なものに高いカネを払う気がしないからである。それにずっと丸坊主に毛が生えたような初心者でも刈れるような髪型だからヘアスタイリストなんて名称のお方々のいる小奇麗な店に行く必要はないからなのだが、さて筆者が...続きを読む

衛生観念の薄いフィリピン娘たち

2018/01/25 11:28:26 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

今までたびたび日記に書いたが、女房の姪(妹の娘)イナは靴を脱ぐや辺り一帯に異臭をまき散らす足臭女で、最近は気候が涼しくなったためか幾分臭いの方も抑え気味になってきたものの、それでもコイツが遊びに来れば筆者は一旦自室にこもって臭気が消えるのを待たねばならぬほどの危険生物である。24歳のOLならば自分の足が臭いのを恥ずかしがって何らかの対策を打つものだが、イナの場合は生まれつき鈍感なのかそういうことは一...続きを読む

黄信号な男たちを染めあげたもの

2018/01/24 11:58:14 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

初対面の方に「フィリピンで暮らしています!」と言うとたいてい怪訝な顔をされる事になる。これがロンドンやニューヨークなら「まあお仕事大変ですね!」、香港やシンガポールとなると「面白そうですね」となり、バンコクと聞くと一瞬間をおいて「なんのお仕事ですか?」と言われるのだが、マニラだとほぼ100%「・・・」なのだ。同じ売春大国とは言えタイには文化面のソフトパワーがあるし、日本企業の一大進出先でもあるから...続きを読む

インヴィクタス

2018/01/23 11:59:57 | ニュース | コメント:1件

元東大教授で評論家の西部邁が自殺したと聞いて「ああ、やっぱりそうだったのか」と思いってしまった。以前チャンネル桜の番組だかで久しぶりに見た氏はやけに憔悴していて、昨今の現状の余りの酷さに生きていても仕方がないと思うようになった・・とこぼしていたからである。西部邁が朝まで生テレビに出演されたころの筆者は思い切り左翼で、当然ながら氏と対立する小田実や大島渚、野坂昭如、それと氏を徹底的に罵倒する小林よし...続きを読む

背乗りされつつある最強団体

2018/01/22 12:10:08 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

大宅賞を受賞したルポライターU氏がインタビュー番組で奇妙な事を言っていた。U氏は歴史的に日本の最下層とされた○○の出身で、その○○について本を書いたところ○○人権団体に呼び出されてしまい、オレたちの許可なしに○○について書くことはまかりならん!と説教をされる羽目になったのだが、よく聞いてみるとこの説教をした人権団体幹部は○○出身では無かった‥と言うのだ。これアメリカで例えると黒人地位向上委員会の幹部の地位にな...続きを読む

眼からウロコのフィリピン人社会

2018/01/21 13:05:55 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

リサール州の奥地に住む義父の面倒を見るため女房はしばらく定期的に家を空けるようになり、我が家の洗濯作業だけはヘルパーに頼むことになった。筆者は一人暮らしが長いので家事全般は得意だが、実は手にアレルギーを持っており、女房が買いやがった半自動の洗濯機だけは触れたくないのだ。で、さっそく以前にも洗濯を頼んだことがある隣人の棲み込み家政婦(妙齢の女性)に頼む事にしたのだが、ところが話をしに行った女房が帰っ...続きを読む

いや~な空気が濃厚な住宅地

2018/01/20 12:06:16 | オカルト系 | コメント:2件

筆者が通っていのは私立大学の付属高校で、教師たちは本家大学の助教授になり損ねて天下って来た学究肌の研究者だから授業も変なのが多かった。例えば日本史の教師は中世の荘園が専門なため古墳時代や蘇我氏なんかはサッと飛ばして平安時代に入ってしまい、そこでかな~り長い期間を過ごした後に鎌倉時代から後の時代を猛スピードで駆け抜けるのだ。本業より能楽者の方が忙しい国語教師や、世田谷区議に立候補したために全然学校に...続きを読む

ドヤ顔して破滅へと行進する下等生物たち

2018/01/19 11:25:31 | ニュース | コメント:3件

来月開催される平昌オリンピックへ北朝鮮は大量の選手団を送ることを決定し、さらに女子アイスホッケー競技では南北合同チームが結成されるそうだが、半数以上の韓国人はこの事を大歓迎していると聞いて思わず微笑んでしまった。いやいやこれは大したズレっぷりである。しかも「平和がやって来た!」と勘違いして喜んでるだけならまだしも「ついに偉大な時代がやってくる!」と誇らしく思っているとの記事を読んだときには思い切り...続きを読む

黒塗りメイクで内ゲバ?

2018/01/18 10:59:08 | ニュース | コメント:0件

「ゴーマニズム宣言」の小林よしのりが自身のブログで「もともと頭が悪いから芸人になった」 「芸人はどうせ河原乞食の末えい」「ワイドショーで善人ぶって政治の話をするな」などと吉本興業の芸人を批判しているのだが、これは「尖閣は中国から盗った」等のバカ発言を繰り返す村本大輔ではなくダウンタウンの松本人志の事を指しているのではないか?という噂が出回り始めた。なぜなら小林よしのりは以前にも松本人志の事を「今や...続きを読む

ボクがフィリピン人と仕事しない理由

2018/01/17 12:05:29 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

今から10年以上前に筆者は営業マンとして日々値段や納期の交渉で奮闘していたのだが、新しく開拓したアメリカの大手企業から価格交渉と新商品情報は今後ロサンゼルス本部が窓口で良いが、オーダープロセスと技術問題はX社のフィリピン・セブ工場とやり取りせい!と言われたため、生まれて初めてフィリピン人とビジネスの話をすることになった。で、商売が始まった翌日だか翌々日にセブ工場から1枚の緊急メールが送られていたの...続きを読む

ボクがフィリピンを去らない理由

2018/01/16 13:54:54 | 海外移住入門編 | コメント:4件

一昨日の日記で「フィリピンはロクでもない国であり、この国は素晴らしいと褒めるブログは詐欺の類なので要注意である!」と書いたところ「だったらアンタはなんでフィリピンなんぞに住んでいるのか?」というコメントをいただいた。もっともな質問である。クソ不味いメシに酷い交通渋滞、出鱈目な行政機構に窃盗強盗強姦が蔓延する治安の悪さ、妊娠した、男が逃げた、借金踏み倒された、勝手に住み着いた、シャブ中の妹をめぐって...続きを読む

欠史千年

2018/01/15 12:05:27 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

パソコンで仁徳天皇陵の動画を見ていたところ、我が家に遊びに来ていた女房の姪イナが「これはどこの公園だ?」と聞いてきた。いやいや、これは公園では無くエンペラーの墓なんだよ、エジプトのピラミッドと同じようなもんだ・・と答えたところ、このイナは「なんでそんなものに興味を持つのか?」と聞いてきやがったのだ。なぜって自分の国の歴史だからだ!と答えたのだが、正直24歳の娘にこんなことを言ってもいまいち理解でき...続きを読む

怪しいフィリピンブログ

2018/01/14 11:56:10 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

会社員時代の先輩から「この×××ってブログを書いてる人はどういう人なのか教えてくれないか?」という問い合わせが来た。そう聞かれても筆者はここで日本人との付き合いは一切してないから何も返答できないのだが、フィリピンとは全く関係ない先輩が何でそんなことを?と思って問い返したところ、大学からの友人から頼まれたというのである。なんでも友人氏は海外でリタイア生活を送りたい!と考えていて、ネットでいろいろと情報...続きを読む

ヤバい場所に建つ巨大企業

2018/01/13 11:54:23 | オカルト系 | コメント:0件

人形の街と呼ばれる東京・浅草橋と埼玉・岩槻、そして大阪・松屋町は江戸時代の処刑場があった場所であり、どうも人形作りの作業に処刑を執り行う特定階層の方々達が関係しているのではないか・・という事を昨日の日記に書いたが、筆者の足りない頭でゆっくり考えたところ、この二業種隣接は理にかなっている事が判った。「魂が乗り移るモノ」と「清め(浄め)」の方程式である。オカルト好きならご存じのとおり人の形をした物体に...続きを読む

刑場と人形の不思議な関係

2018/01/12 11:48:16 | オカルト系 | コメント:0件

先日の日記で「住んだら一番危ない場所は自殺物件でも他殺物件でもなく刑場跡地である」と書いたが、この説に興味を持った筆者は今まで滞在した事がある場所を調べてみたところさっそく怪しいのが出てきた。大阪・心斎橋の東に位置する松屋町である。3年前に筆者ら夫妻は3週間ほど松屋町のウィークリーマンションに滞在したのだが、霊体験はないものの周辺に事故物件がやたらと多いことに違和感を持ったのだ。それがなんと江戸時...続きを読む

爆弾を仕込まれた子供たち

2018/01/11 12:21:45 | ニュース | コメント:0件

ここ最近フィリピンで話題になっているのがデング熱ワクチンDENGVAXIAの事である。少し前の日記で書いたが、毎年多くの人間がデング熱で生命を落とすフィリピンにとってこのDENGVAXIAは画期的な医薬品に見えたため、アキノ前政権の肝いりで約84万人の子供たちに接種されたのだが、なんとこれがとんだまがい物だったのだ。一度デング熱に感染したことがある人間には有効だが、今まで感染したことが無い人間はむしろ抗体が弱まって...続きを読む

文在寅の抗米反日親北従中政策をもっと讃えよう!

2018/01/10 11:52:21 | ニュース | コメント:1件

北朝鮮の核ミサイル危機が緊張を増している最中にもかかわらず、韓国の文在寅政権ときたら北に支援金を送るは中国に3つのNOを約束してしまうわ、さらには冬季オリンピックへの北朝鮮参加表明を歓迎するなど一体このアホはなにをやっとるんだ!とお怒りの方が多いに違いない。いくら同じ民族とは言え北朝鮮はスターリンもビックリの収容所国家なのだから、ふつうに考えれば韓国は同じ価値観を共有する日米両国と統一戦線を組むはず...続きを読む

本当にヤバい物件

2018/01/09 12:34:23 | オカルト系 | コメント:1件

先日の日記で一口に事故物件と言っても死に方によってヤバさは違ってくるもので、たとえば殺された人が幽霊になって出てきても話をきいてやれば済むだけだが、自殺の場合は向こうの世界へと引っ張ろうとするので危険である!という事を書いたが、しかし先日とあるアマチュア怪談師の放送を聞いていたら、こんなの屁でもないような恐怖の物件があることが分かった。この方はかなりやり手の不動産業者らしく、今まで数多くの事故物件...続きを読む

落書きの向こうから吹いてくる心地よい風

2018/01/08 11:58:52 | タイ・インドシナ | コメント:0件

『金の北米、女の南米、耐えてアフリカ、歴史のアジア、なんにもないのがヨーロッパ、問題外のオセアニア、豊かな青春、惨めな老後』。かつてバンコクの猥雑な下町、ヤワラートにたたずむ伝説の安宿、谷恒生の小説「バンコク樂宮ホテル」の舞台になった樂宮旅社の壁に書かれた読み人知らずのいつ書かれたのかも定かでない落書きである。階下にはスワニーという女将が営む北京飯店があって、ここで丼ものとアサリの味噌汁で腹ごしら...続きを読む

づけ、漬け、ヅケ

2018/01/07 11:29:04 | グルメ | コメント:0件

リサール州のド田舎に住むマアン(37歳で孫も二人いるシングルマザー、いやグランドマザー)が二十歳の娘を連れて突然やって来た。SMメガモールへと買い物に出て来たのだが、交通渋滞があまりに酷いため我が家で一時休止(あるいは一泊)する算段らしいが、あいにくと1週間も買い物に行かなかったせいで冷蔵庫の中身が乏しくて仕方がない。それで何と女房は酒のツマミ用に作っておいたマグロのヅケをオカズとして出しやがったの...続きを読む

小さな窓から覗いた黄金郷

2018/01/06 12:09:06 | 海外移住入門編 | コメント:1件

会社員時代にお世話になったA先輩と年末年始の挨拶をしたところ、あと数か月で退職だから夫婦でハワイに遊びに行くかゴールドコーストかで迷っている!と書いてきた。執行役員まで出世し、美術大学に通っていた娘さんも希望通りの就職が決まったし、貯蓄もたんまりあるからハッピーリタイアメントと言えるのだが、しかし・・最後の旅行は正直いただけないアイデアである。というのは絶対に満足できないからだ。これ筆者を例に挙げ...続きを読む

稀代のペテン師たち

2018/01/05 12:23:33 | オカルト系 | コメント:0件

昨日の日記で少年期に五島勉の「ノストラダムスの大予言」を観た筆者は1999年7月に人類は滅びる!と信じきってしまった消したい過去を書いたが、さて自分の歩んできた半世紀を振り返ってみたところ、五島勉以外にもこいつにすっかり騙された!」と名指ししたい人間が他に3人いることを思い出した。一人目は矢追純一である。日テレの水曜スペシャルでUFOや宇宙人が取り上げられるようになったのは70年代後半で、筆者は中学...続きを読む

「ノストラダムスの大予言」の著者が語った世界破滅の月の過ごし方

2018/01/04 12:33:43 | オカルト系 | コメント:1件

あるアマチュア怪談師のツイッターを見ていたら五島勉が文春のインタビューに答えた!と書いてあるのをみてびっくりしてしまった。ごく普通の方は五島勉と聞いてもピンと来ないだろうが、1997年第七の月、空から恐怖の大王が降りてくる・・でお馴染みのベストセラー「ノストラダムスの大予言」を書いた作家である。1973年に発売されたこの本は瞬く間にベストセラーになったが、世間に絶大な影響を与えたのはテレビ特番で、...続きを読む

デマ女ベニー

2018/01/03 11:20:51 | 日記 | コメント:1件

大晦日の晩、YOUTUBEでガキの使い年末スペシャルを見ていると遠くから消防車のサイレンの音がワンワン近づいてきた。年末恒例の花火が原因でどこかの家がボヤでも出したんだろうな・・と思っていたが、しかしサイレンの音から察するに凄い数の消防車が出動しているようである。これはひょっとして1年前のガス爆発の再来か!と思って見に行こうかと思ったが、あちこち花火が上がっているせいで外は煙たいし、それに何よりも頭の中の...続きを読む

アイルランドの深い闇

2018/01/02 12:47:02 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

筆者はオカルトマニアゆえ心霊写真や心霊スポットの類に目が無いのだが、あるアマチュア怪談師の話だと昨今の女性は心霊系は苦手でむしろ都市伝説の方に人気が集まっているらしい。何事も答えを求める男と違って「信じるか信じないかはアナタ次第」という相手に結末をゆだねる緩さが好きというのは女性らしさが滲み出た話だ。ということで今年最初の日記では筆者のなかで「あれは一体どういう事なんだろう・・」と答えが見つからな...続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。