FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

もしも事故物件に住んでしまったら・・

2017/12/31 10:17:27 | オカルト系 | コメント:0件

事故物件サイトの「大島てる」が日本のバラエティ番組でも取り上げられるようになり、筆者の知人たちの間でもこの手の話題が結構交わされるようになった。例えば友人のM君はバブル期に買った千葉の奥地の一戸建てをうっちゃって東京・赤羽のマンションに買い替えようとしたのだが、大島てるを検索したところここで飛び降り自殺があったため思いとどまったのだそうだ。一方友人H君は「あたしゃ東京なんか行かないよ!嫁いできたこ...続きを読む
スポンサーサイト

酒とともに生きた男

2017/12/30 12:46:29 | 日記 | コメント:0件

香港人の元同僚とクリスマスの挨拶を交わしていたら佐藤課長が秋に死んでいた事がわかった。この男は確か筆者より6歳上だからあと3年で定年退職する身であり、残された奥さんとお子さんの気持ちを思うと実に気の毒に思ったが、しかし死因を聞いてみたところ思った通り酒が原因であった。佐藤課長は今から20年前に中国・深セン工場の生産管理マネージャーで、同じころ香港支店で営業マンだった筆者とはそれほど親しくは無かった...続きを読む

オウムノート

2017/12/29 12:53:07 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

オウム逃亡犯の菊池直子の無罪が確定し、最後に残った高橋克也も最高裁での結審が近い事から既に死刑が確定している麻原ら13人が来年に執行される可能性が高くなった!という記事がヤフーニュースに載っていた。これで何もかも闇の中か・・。実は筆者としてはもう一度裁判をやり直してオウム事件の真相を白日の下に晒してほしかった・・と思っているのである。オウム事件については今まで何度か日記に書いてきたのだが、しかしど...続きを読む

走る爆弾娘の謎

2017/12/28 09:20:56 | ニュース | コメント:0件

5年前に退職した筆者が真っ先に訪れたのは学生時代の懐かしい思い出が詰まったタイで、1か月の滞在期間中に昔一緒に遊んだ旧友たちを訪ねたのだが、その一人がタイ北部在住のT氏である。学生だった筆者と違いT氏は既にNGOに勤務していた社会人で、休暇を取ってはタイに遊びに来るアジア・フリークであった。で、実に20年ぶりの再会を果たしたT氏と筆者(プラス女房)はタイで増え始めた日本風居酒屋で盃を傾けたのだが、昔話の...続きを読む

友よ、上を向いて歩もう

2017/12/27 12:55:23 | 日記 | コメント:0件

ここしばらく疎遠にしていた義父(女房の父親)にクリスマスの挨拶電話を入れることにした。ハロー!アーユーファイン?などとお決まりの言葉から始まって、ここ最近のリサール州の様子などを聞いてみたのだが、しかし実は筆者にとってこんなことはどうでも良いのだ。目的はただ一つ、年に1~2度だけだが一応呑み仲間のヘベレケ君の身に何が起こったのか?を聞くことだったのだ。昨日の日記に書いた通りこのヘベレケ君は①副業で...続きを読む

人生完全エンドになった男

2017/12/26 11:43:02 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

最近皆をお騒がせした義弟の不義の娘ジョセリンらの様子を聞いていたところ、実家の隣に住むヘベレケ君が麻薬密売の罪で捕まり、なんと懲役25年の刑を言い渡されてしまった!と聞いて驚いてしまった。このヘベレケ君というのは筆者つけた仇名で、筆者が女房の実家に行くとたいてい毎晩酒盛りになるのだが、いつも頃合いを見計らって途中参加してはヘベレケになるまで飲んでしまい、そして最後は怒った奥さんに連れ戻されるのが常...続きを読む

今年1年を表す言葉は「女の失権」

2017/12/25 11:59:10 | ニュース | コメント:0件

今年もあと数日を残すのみとなり、世間では2017年を振り返って「忖度」や「北」という言葉が今年1年の世相を巧く表しているかどうか?で盛り上がっているようだが、筆者の足りない頭で今年のキーワードは何だったのか?を考えてみたところ、最初に頭に浮かんだのは「女性の失権」という言葉だった。蓮舫に山尾志桜里、それと小池百合子に稲田朋美。彼女らの政治スタンスには感心しない点がかなり多いけど、しかしどれもかつて...続きを読む

砂の城からのクリスマスコール

2017/12/24 11:51:46 | 日記 | コメント:0件

サウジアラブビアのジェッダで働いている義弟フランシス(女房の妹の夫)からクリスマスの挨拶が来た時は少し戸惑ってしまった。なぜならこいつは筆者から結構な額のカネを借りたものの返済が滞っているからで、その為ここ1年ほど没交渉にしていたのだが、最近借金を返す目途が立ち始めたのと、そうは言ってもお祝いの日だから渋々返事をする事にしたのだ。フランシスの借金問題については何度か日記に書いたのでここでは触れない...続きを読む

空手形チケットをつかまされた家政婦

2017/12/23 12:07:23 | ニュース | コメント:0件

香港の旅行会社PEYA TRAVEL社が発券済みの航空券(バウチャー?)の無効を連発し、既に支払いを済ませている数百人のフィリピン人出稼ぎ家政婦がクリスマスに里帰りできない事態になった!というニュースがテレビに流れたが、案の定と言うかこの哀れな犠牲者の一人に女房の知人が含まれていた。女房の親戚パズ一家の四女ティタの恋人レイヤである。ティタは女房の父親系の祖母の妹の孫で(これ日本語で何て呼ぶのだろうか?)、性...続きを読む

今年のクリスマスは一人で・・

2017/12/22 12:14:57 | 日記 | コメント:1件

フィリピン移住後の筆者は毎年クリスマスになると女房の実家があるリサール州の奥地に出向いて父方の親戚たちと酒を呑むか、あるいはパッシグの家に母方の親戚を招いて酒よりも食い物系で祝うよう心掛けてきたが、今年は筆者だけ一人自宅で過ごすことにした。その理由は、これ少し前の日記に書いたのだけれど、まず女房の母方の親戚内で数多くの親子喧嘩、兄妹喧嘩、従姉妹喧嘩、叔父甥喧嘩が勃発し、連邦国家解体後のユーゴスラビ...続きを読む

日本ってもうすぐビザ無し渡航可になるの?

2017/12/21 11:09:49 | 旅行 | コメント:1件

女房の従弟ラフィーから「来年春に日本に行くことになりそうだ」という連絡が入った。とは言っても個人旅行ではなく総勢500人の社員旅行の一員としてなのだが、こいつの勤務先はフィリピンでもかなり大手の製薬会社で、今年は業績が非常に良かったことから御褒美に海外旅行を大盤振る舞いする事になったらしい。3年前の韓国旅行でラフィーは幹事役の一人に選ばれてしまい、特に男性諸氏の夜の引率係を仰せつかった事からミョン...続きを読む

化ける女たち

2017/12/20 11:21:48 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

従妹ジュミがツイッターに顧客たちのビフォア・アフターの写真をアップし始めた。ジュミは普段は大衆食堂の女将として夫とともにフライパンを握っているが、もともとヘアスタイル&メイクアップアーティストな事から、この時期になると毎年マカティのホテル(の客室)で臨時ヘアサロンを開業しているのである。日本と同じくフィリピンでも12月はパーティーシーズンで、マニラのあちこちのレストランは予約で一杯になるのだが、見...続きを読む

茶の湯とキリシタン(3)

2017/12/19 10:59:30 | 古代史歴史 | コメント:0件

利休は全国の大名に銃を卸す武器商人であり、また茶道を言う精神世界のリーダーである。さらにその背後にはキリスト教徒と西欧列強が・・と筆者が推測したような構図が秀吉の脳裏に浮かび、そして元々利休の存在を疎ましく思っていた石田三成や側近グループの戯言を受けて利休の処刑を決断したのではないか・・というのが筆者の考察である。こんなの考えすぎだ!と思う方もいるだろうし、実際筆者の説は証拠がある訳ではないのだが...続きを読む

茶の湯とキリシタン(2)

2017/12/18 10:53:56 | 古代史歴史 | コメント:0件

日本を植民地化するのは無理にしても交易を通じて経済支配したい!と目論む16世紀のポルトガル政府にとって、もしも日本人を一人だけ自分たちの側に取り込めることが出来るとしたら、それは千利休である!と昨日の日記に書いたが、多くの方は「こうした場合は最高権力者を選ぶはずで、そりゃ織田信長の間違いじゃないの?」と思われたのではないだろうか。しかし営業マン時代にさんざんゴマを擦ってきた取引先の社長が失脚して今...続きを読む

茶の湯とキリシタン(1)

2017/12/17 12:28:47 | 古代史歴史 | コメント:0件

動画サイトを見ていたら茶道武者小路千家の家元が「千利休はキリシタンだったかもしれない」と発言していた。一つの茶器を回し呑みする茶道の作法はそれまでの日本の穢れの概念からは絶対に有り得ないものであり、古い思考空間から脱却できたのは神の下では皆平等である!というキリスト教の思想が裏打ちされたからだ!というのだ。以前読んだ歴史本にも茶入れを拭く際の袱紗さばきや茶巾の扱い方などはキリスト教の聖杯を回すしぐ...続きを読む

危険地帯M

2017/12/16 14:39:53 | 海外移住入門編 | コメント:3件

フィリピンに移住したばかりの頃に昔懐かしいマラテ一帯を訪ねたことがある。二十代の最後の方に筆者はしょっちゅうマニラに遊びに来ていた時があって、夜ベッドを共にする女はお隣パサイ市のエドサ・コンプレックスにあったエスペランザという店で調達していたのだが、宿泊先はマラテのアドミラルホテルかまだ出来たばかりのリビエラマンションだったのだ。当時のマラテはリム市長による風俗一掃で見渡す限り廃墟みたいな状態にな...続きを読む

何処にでも出没する人懐こい危険分子

2017/12/15 14:06:04 | 昔話 | コメント:1件

香港でナイトライフを堪能された方はご存じだろうが夜総会という連れ出しナイトクラブやHなサウナは案外と高額であり、庶民たちの間で最もポピュラーなのは一楼一鳳(ヤッロウヤッフォン)という個人営業店なことは今まで何度か日記にかいてきたが、しかし20年前までは賓館(パンクン)という売春宿で事を済ませる人が圧倒的に数が多かった。九龍のモンコク駅西側のポートランド通り界隈(砵蘭街と書いてポーランガイッ!と発音...続きを読む

アジアに押し寄せる悪い回遊魚

2017/12/14 11:55:04 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

バンコク在住の後輩H君とチャットで四方山話をしていたら、共有の知人X君がちょっとヤバい事になってまして・・という話をしはじめた。このX君はさる大企業のバンコク支店でナンバー2の地位にいるのだが、これバカみたいな話だが不良日本人と付き合っているうちに危ない方向に進んでいるというのだ。中学生ならともかく中年男が不良化するとはなんとも変な話だが、X君は昔から遊び人なところがあって、女遊びでもカジノでも徹底的...続きを読む

ああ、サマール・・

2017/12/13 11:39:07 | 日記 | コメント:2件

筆者は週に1~2回ほど近所にあるマッサージ屋に行ってHなサービスを受けているのだが、ここで美人でも若くもないが何故だか奇妙にそそる女に出会い、どうも今後ハマりそうな気配なのだ。というのは本日1発目を出してフーッと息を吐きだした後に、アンタどの国の人なのよ?なんて会話になったのだが、この女は「あたしサマール島の出身なの」と言ったからである。フィリピン中部ビサヤ地方のサマール島。そう聞いてもほとんどの...続きを読む

ドングリの背比べになった理由

2017/12/12 12:39:28 | 日記 | コメント:0件

海外に長い間住まれた方、それも配偶者が外国人の方だと日本のお笑い芸能に引き付けられた経験がおありだと思う。なんたって普段は外国語しか交わしてないのだから日本語が恋しいし、それに笑いの回路のボタンを押せるのはやはり母国語だからである。かくいう筆者も「タモリ倶楽部」と「ガキの使いやあらへんで」だけは毎回欠かさず見てきたのだ。しかしその一方で昨今のM-1コンテストや、そこから出てきたお笑いコンビあたりはい...続きを読む

育ちの違いが出る瞬間

2017/12/11 12:52:14 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

筆者の女房は料理好きで誰かが遊びに来ると早速食事の準備に取り掛かるのだが、とりあえず酒のツマミにこれでも食べておいて!と出すのがステーキ類である。我が家の冷凍庫にはサーロインやポークチョップにラムチョップが常時蓄えてあるので、まずはこれらの類をサッと炒めて客に出すのである。で・・初めて来た客、あるいは初めて食事を伴にする客の場合だと大変不躾ながら、相手がどの肉にフォークを伸ばすのか?いや、正確に書...続きを読む

唖然とする申し出

2017/12/10 13:45:07 | 人間万華鏡 | コメント:4件

ここ最近筆者の日記ではフィリピン人関連のトピックが減っているが、これは女房の父方の親戚と付き合いを減らしているからである。身内の事なので具体的には書かないが、借りた金を返さない輩や、いつも奢られてばっかりで自分からは何もしない無気力者、役に立つどころか面倒ごとばかり起こす疫病神など粗が目立ってきたため、この連中が出てくる会合には今後一切参加しないことを決めたのである。しかし女房にしてみれば幾ら役立...続きを読む

在米ユダヤ人より親イスラエルな巨大グループ

2017/12/09 12:48:20 | ニュース | コメント:0件

米トランプ大統領がイスラエルのテルアビブにある大使館をエルサレムへ移転する決定(=エルサレムを首都として認定)を下したことについて世界中のメディアは「大変なことになった」「愚挙である!」といった報道を繰り広げているが、どの国の紙面やアナウンサーの説明を注意深く見ても重要な事が幾つも抜けている事に情けなくなってしまった。まず背景であるが、報道だと突然トランプが大統領権限を持ち出したかのように受け取れ...続きを読む

失われていく見えない競争力

2017/12/08 12:24:57 | ニュース | コメント:0件

シャープが1年4か月ぶりに東京証券取引所第一部に復帰したとのニュースが流れた。台湾ホンハイ買収後の相次ぐ施策が功を奏し、営業利益が黒字に転じたことによる一部復帰なのだそうだが、しかし「シャープは復活した」というのは表現としては間違いなのではないか?と思ってしまった。ちなみに筆者は液晶関連の企業に長らく勤めていたから専門的だったり内情に関する事は省いてあくまで一般論として言うけれども、筆者の観るところ...続きを読む

脳内に対等という概念が無い民族

2017/12/07 13:21:40 | 日記 | コメント:1件

昨日の日記で中国・朝鮮両国民の考え方には儒教の教えがベースにあって、彼らが他国の人間の好意を平気で踏みにじれるのは儒教は本質的には選民思想だからであり、つまり人間の貴賤を肯定した差別社会であるからである!と書いたが、これだけだと筆者の意図が十分伝わらないので本日の日記で捕捉したい。オレはお前よりも偉いんだ!という意識は何も儒教国家の専売特許ではなく、どんな国だって会社や役所、学校があって、そこでは...続きを読む

泥棒民族チョンのおかしなメンタリティ

2017/12/06 13:18:01 | 日記 | コメント:3件

筆者は会社員時代に韓国向け営業を一時担当していたことがあるのだが、前任者から引き継いだ帳票を見た時に時に呆れるほどの未払金の多さ、屈辱的ともいえるウルトラ価格に唖然としてしまった。それでビジネスを正常化、つまり資金を回収して取引規模に見合った価格に是正していく事にしたのだが、その際に最も揉めたのがK社である。K社はソウルに本拠を置く販売代理店で、韓国国内の中小顧客はここから筆者の会社の製品を買って...続きを読む

デング熱ワクチンで人間モルモット

2017/12/05 13:21:58 | ニュース | コメント:0件

ここ数日フィリピンを賑わせているのはデング熱ワクチンの疑惑である。南国フィリピンでは毎年千人近くがデング熱で生命を落としており、筆者の親戚でも女房の甥が2年前に罹患したさいには大騒動になったのだが、フランスの製薬会社がついにワクチンを開発した事からフィリピン政府は昨年子供たちに予防接種を行ったのである。ところが・・つい最近になってこのワクチンが実が効果が無いどころかむしろ症状を悪化させてしまうとい...続きを読む

ビミョーに味が違う

2017/12/04 12:52:58 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

SMメガモールからの帰りに日本のカレー屋COCO壱番屋に行くことにした。女房は香港時代に近所にあったBEEという店で味を覚えて以来なぜか日本のカレーが好きで、毎年猛暑になると筆者ら夫妻は日本で2か月ほど過ごすのだが、その際にも週3回はCOCO壱番屋のカツカレーを食うほどの愛好者なのだ。同じファストフードなら筆者は讃岐うどんの方がうれしいんだけど、女房の中ではCOCO壱番屋は定食のやよい軒(ホッケ塩...続きを読む

泥棒民族チョンに最初に気付いた瞬間

2017/12/03 12:53:49 | 昔話 | コメント:3件

一昨日の日記で北朝鮮から流れ着いた漂着船に工作員が紛れ込んでいる可能性がある!と書いたが、実は船の中には日本製の家電やバイクが積み込まれていて、どうやら漁民の見張り小屋から盗み出していたらしい・・とのニュースを聞いた筆者は思わず快哉を叫んでしまった。あくまで本人たちにとっては崇高な任務を遂行しているはずなのに、その隙についつい自分たち民族の地が出すとは・・。さすが竹島や日本企業の特許を盗み、日本人...続きを読む

悲恋、失恋の潜在的聖地

2017/12/02 12:06:34 | 映画音楽文芸 | コメント:0件

従妹アニーから「オタルのおすすめレストランを教えてくれないか?」という問い合わせが来た。オタル?小樽?北海道の町の事か?と聞き返したら「そうだ!」と言うので、あんた日本に遊びに行くのか?ところ、いやいやワタシじゃないんだけど、友人たちが今年のクリスマスに北海道に行くのだ!という答えが返ってきた。最も寒い時期に北方の寒い国の中でも最も寒い北海道へ南国のフィリピン人が押しかける・・。しかも札幌ならまだ...続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。