FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

名前に絶対使ってはいけない漢字

2017/09/25 13:36:31 | 古代史歴史 | コメント:1件

井沢元彦氏の「逆説の日本史」を読まれた方なら、天皇の名前に使われる一部の漢字は隠された意味がある事をご存じだと思う。例えば神武や崇神、応神ら「神」の字を持つ天皇は新しい王朝を創始した偉大な人物であるが、その一方仁徳や孝徳、文徳、称徳、崇徳、安徳、顕徳(後の後鳥羽)、順徳ら「徳」の字がついた天皇たちは暗殺や自殺、憤死しているのだ。さらに「崇」がつく崇神、崇峻、崇徳、それと崇道(早良親王)や崇光になると...続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。