ワイドショーの偏向反日人士

チャンネル桜の討論番組である経済評論家が「キー局ワイドショーの7割はある下請け制作会社が作っていて、ここが偏向報道の牙城になっている!」と発言していた。今や日本のテレビ局は下請けに丸投げするようになったので、中韓両国と国内左翼はそこに的を絞って丸め込むようになったらしい。

泉放送制作株式会社、それが下請けの名前で、ホームページを見ると「あさチャン」「ひるおび」「直撃ライブグッデイ」「羽鳥慎一モーニングショー」など海外にいる筆者でも聞いたことがある番組名がずらりと並んでいる。どうも出資や資金援助、賄賂を受ける代わりにこいつらの意見に沿った番組作りをしている疑いが濃厚だというのだ。

反日勢力のメディア工作と言うと番組の内容に口出しをする、さらにCM提供企業を脅しあげて番組内容にクレームを入れさせる、パチンコなど半島系企業をスポンサーにして中韓両国に不都合なニュースを報道させない、と言った話は聞いていたが、まさか日本のワイドショーを作っているのが実質一社、それも従業員170人の零細企業とは思いもしなかった。

悔しいが誠に慧眼である。昔からあの連中は相手の弱みを見つけ出すことに長けていて、有史以来日本はそれに苦しめられてきたわけだが、まさかテレビ局の方もここまでボンクラだとは思わないから、70年安保闘争の燃えカス世代が在京キー局から消えれば少しは良くなると思っていたのだが・・どうも甘かったようだ。





しかしである。上に書いたような事があるから「なるほど!だからワイドショーは北朝鮮のミサイルと関係ない事ばかり報じているんだ!」とは誰もが100%納得できないのではないだろうか。だって親会社がフランス企業になろうが、ロシアから資材を購入しようがオレたちゃあ昔ながらのやり方を通すんだ!というのが日本人の性質である。

だから経済評論家の説明では不十分であり、それにチャンネル桜の水島社長は長年テレビ業界にいたのだし、他の論客たちも相当の手練れだから偏向報道化した本当の原因は何なのか?をとっくに知っているはずなのだが、しかし・・おそらく言えないのである。チャンネル桜でも、いやだからこそそうなのかもしれない。だから本日の日記で筆者がその答えを書くことにしたのだ。

『どちらかというと硬い番組のテレビ司会者として活躍中のSさんは、Nさんという女性歌手と障害をのりこえて結婚した人である。Nさんは現在は歌手をやめて、テレビに出ることはほとんどない』。これは本田豊という歴史ルポライターの本の一節である。このSは誰もが知っている超有名人だが、ここは一旦我慢してもう一節読んでいただきたい。

『Sさんの父親はNさんが○○出身であることを理由に大反対した。だがSさんは、『今はそのようなことは問題ではない』と宣言して、周囲の反対をおしきって結婚した。最近はテレビに出る機会もほとんどないSさんの父親は、一九七〇年ころまでは、よく主役をつとめるなど、テレビで活躍していた人である』。(続く) 






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /