政党党首になったアヘン商人の孫たち

民主党元代表の蓮舫について「祖父母がなんか怪しい」「アヘン商売に絡んでいたんじゃないか」などとバッシングが繰り返されているが、この意見が左翼ならともかく右翼から、しかも「こういう犯罪者の孫を野党第一党の党首にするとは何事だ!」といった書き込みが多数あるのを見た筆者は呆れてしまった。

この阿呆はアヘンは今と違って当時それほど害悪とは思われておらず、さらに日本がアヘンによって戦費を調達していたことを知らないんじゃないか?と思えたのだ。この書き込みがクラブやオシャレに夢中なアーパー姉ちゃんのものなら仕方がないが、右翼用語を駆使している人間なら知っていて当たり前の話だからだ。

ちなみに筆者は核武装推進論者であり、一刻も早く朝鮮半島で戦争が始まってお互いに殺し合いが始まり、難民が来たら一人残らず玄海灘上で射殺しろ!という考えの持ち主だからネット右翼君たちとは誤差5度くらいのブレなのだけれど、日本の近現代史は表も裏もちゃんと踏まえておくべき!との考えだからだ(中韓両国が声高に叫ぶウソ歴史は除く)





まず清朝が禁止令を出したように「アヘンは危険物である!」との認識は当時あるにはあったが、それはあくまでも建前であり、時代は下って中華民国になっても上海に本拠を置くユダヤ系サッスーン財閥やジャーディン、スワイアらイギリス系商社はインドから輸入したアヘンで莫大な財を築いていたし、香港上海銀行(HSBC)も元はアヘンの決済用に発足したくらい中国大陸ではアヘンは必需品になっていたのだ。

現在なら客人が来ればワインやコニャックを出すけれど、当時はまずは寝台に案内してアヘンをくべた吸引パイプに火をともし、やがて微睡みに沈んでいくのが中国紳士の嗜みだったのである。それから当時の中国大陸では各軍閥が勝手に貨幣を発行したためインフレが酷かったから、アヘンは金と並ぶ汎用通貨の役割もあったのだ。

ところが日本がイギリス勢力を徐々に追い出していくにつれアヘンの供給が目に見えて減少してしまい、このままだと中国人の不満が爆発しかねない!と闇社会の顔役たちから進言を受けた日本軍は華北熱河省産と三井物産を通じて入手したイラン産のアヘンを供給することにしたのだ。





ただ日本も膨らむ軍費と治安維持費をどうすんべ?という懐事情を抱えていたから、だったらオレたちがアヘンの元締めになって稼ごうじゃないか!と決断したのだ。で、そこに登場したのが大陸浪人の里見甫(さとみ・はじめ)で、里見と盛文頤や杜月笙といった暗黒街の顔役らで共同設立したアヘン流通シンジケートが宏済善堂である。

生産や大規模輸入など風上にいたのが日本陸軍と興亜院、満州国といった日本の主要官庁で、風下は中国マフィアや腐敗した中国国民党軍将軍らが控えていたのだが、流通の末端に行けば行くほど中国人比率が増えるかと思いきや、「日の丸の旗を掲げた軍隊が進駐すると、アヘン商隊がやってきたと勘違いした地住民が集まってきた」との笑えない目撃談があるように案外と日本人が多かったらしい。

筆者が長年住んでいた香港にも「ワンチャイの日本人街で買うアヘンが一番質が良くて安かった」との言い伝えが残っているし、マカオのギャンブル王とは別に戦後の戦後アジア麻薬業界の黒幕と噂されるスタンレー・ホーは若いころ在住の日本人商人の下でアヘン売買のノウハウを学んだのは香港では良く知られた話である。





まあ商売上手な中国人相手にお人好しの日本人が伍していくにはアヘン小売くらいしかないからだろうが、日本人じゃ入り込めない地域には地方の有力者をシンジケートに加えて親日派に懐柔するとか、イギリス植民地に必ずいるインド人みたいに植民地だった台湾・朝鮮人を連れてくるといった手段を駆使して日本経済圏、親日派ゾーンを拡大していったのだ。

で、蓮舫の祖父母は数千、数万人いたそういう下っ端連中の一人だった。単にそれだけなのである。それが孫の代まで背負わなければならない罪だとは筆者には全く思えないのだけれど、仮に百歩譲って彼らの正義感に同意したとしよう。それでね、シンジケートの末端にいた人間の孫が日本の野党の首になったらいけない!と言うのなら、じゃあもっと上にいた人たちの孫はもっといけないんですよね。

蓮舫を守る気などさらさら無いけど、もしも誰かを攻撃する場合、しかもその前身や親族を使って貶めたいのであれば、まず丹念に調べてから何かを言うべきだ!というのが筆者の考えだ。だからこの右翼と同じことを思っている人に質問したい!大戦時の満州国総務庁次長にしてアヘンシンジケート宏済善堂の真の黒幕だった岸伸介の孫安倍晋三は与党党首どころか首相、いや議員も辞めるべきだよね?違いますか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /