エイズ感染率が意外と低いフィリピン

テレビを見ていたらフィリピンでのエイズ感染が急増しているとのニュースが流れていた。統計は国際連合のエイズ合同計画(UNAIDS)のもので、2010年には年間4300件の感染だったフィリピンが現在は10500件へと増加し、アジア太平洋地域における新たなエイズ感染の90%以上を占める8カ国の1つになっている!と言うのである。

こう聞くとフィリピンはエイズで滅亡の危機に瀕しているような気がしてくるが、この「新たな・・8か国の1つ」というのがミソで、要するに現時点では感染者人口比率は低いけれど、この状態を放置していくと将来危ないですよ・・と言う意味なのである。

えっ?フィリピンってエイズ人口が少ないの・・。大部分の方はそう思われたに違いない。蔓延する売春に麻薬、バクラと呼ばれるホモセクシャルの多さに不衛生な環境とフィリピンの全てがエイズ蔓延国の条件を満たしているのに、国連統計によればタイの感染者が人口の1.1%、ミャンマー0.8%、ベトナム0.5%、インドネシア0.5%、マレーシア0.4%に対してフィリピンは0.1%以下なのだ。

あれだけ生でスコパコやって子供がバンバン産まれるフィリピン人でも、エイズのリスクがあると知ればコンドームを使うのか・・ともしもアナタが考えているとしたらそれは大間違いで、フィリピンのエイズ感染人口がASEAN随一の低さにとどまっている理由はコンドームなんかよりも麻薬の接種方法の違いからである。

これは2年前にエイズ関連の日記を書いたときにある方から「フィリピンは注射器ではなく炙り中心だから感染しないのだ」とコメントを戴いたので、さっそくヤク中の姉一家と同居していた従姉妹ジュミ女房の実家の隣に住むヤク売人に聞いたところどんぴしゃりの答えが返ってきたのである。





まずフィリピンでヤクと言えば十中八九覚せい剤で(フィリピンでもSHABUと呼ぶ)、日本だと注射器で摂取する方が多いらしいが、日本に比べると相対的に安いからか大部分の人間が炙り、或いはコカインみたいに鼻から吸い込む方法が主流であり、注射器はごくごく少数派だったのである。

一方タイなどインドシナ半島は以前ほどではないもののヘロインが一定の地位を占めていて、いったん精製してしまえばアヘンみたいに煙で吸引することは出来ぬから、方法はただ一つ注射、それも仲間たちと一緒に注射器を使いまわすケースがいまだに後を絶たず、これがエイズ人口の爆発に拍車をかけてきたらしい。

つまり諸条件は十分備えていながらも、たまたま麻薬の接種方法の違い「だけ」でフィリピンはエイズ人口を抑制してこれた‥と言う事なのだが、しかしだったら国際連合なりWHOはこの事実をもっと声高に喧伝しないのか?と疑問に思ってしまったのである。だって連中のいう事は啓蒙活動とエイズ特効薬とコンドームの3つしかないじゃない。

これは突飛な話だけれど、注射で摂取するよりも経口、胃酸と融合することで宇宙の彼方までぶっ飛んでいく麻薬を作れば良いではないか。しかもこいつは常習性が高くて一度やったら他の接種方法なんて子供だましにしか思えないほど強力かつ常習性が高ければ治安や家庭崩壊はさておきエイズ感染は激減するはずだ。

ちなみに筆者にだって最低限の人道意識はあるが、アフリカ人にいくら麻薬を止めましょう!と言っても無駄であろう。だったら他人に迷惑かけずに自己完結する麻薬を与えたほうが人類のためには遥かに有意義だ!と思いついたのだが、案の定テレビを見ると「コンドームの無料配布が最も効果的・・」とアナウンサーが話していた。だからもうそれ言うの止めろって!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /