日本に押し寄せる香港人

2017/07/31 11:00:51 | 日記 | コメント:2件

香港人はフェイスブック好きで、筆者の友人たちもパーティーやレストランでの一幕をアップしては「最高!」とか「おいしかった!」などとコメントを入れているのだが、ここ半年ほどの彼らの行動をよく見てみたところ、ある奇妙な事に気が付いたのだ。日本旅行が多い、いや正確に書くと日本にしか海外旅行に行っていないのである。こう聞くと「そりゃ日本企業勤務とか日本とビジネスの付き合いがある香港人だからだろう?」と思うだ...続きを読む
スポンサーサイト

教会を壊す男

2017/07/30 12:10:21 | 日記 | コメント:0件

フィリピンじゃめったに教会に行かない女房も異国にいれば信仰心が増すらしく日本滞在中にはしょっちゅうカミサに参加していた。2か月いた京都では2週間に一回開かれる河原町教会の英語ミサに参加し、松山や広島、函館と言った訪問地でも週末には欠かさずカトリック教会に出向いていたのである。その中に日本の北の方の教会があった。差しさわりがあるから具体的な場所は書かないが、ある日曜日にその町にある教会へ入ると、過疎化...続きを読む

騒音コンペティション

2017/07/29 12:22:14 | 日記 | コメント:2件

3か月の旅から帰って来て一番困ったのは騒音である。筆者の住んでいるアパートは目の前に大きな運送会社のトラックターミナルがあるのだが、なんとその敷地の一部がフィリピン風の屋台村(数軒のキッチンと共有座席150席くらいの飲食店)になっていたのだ。スウィッシュ、スウィッシュ、ビッシュ♪アナザー・ワン・イン・ザ・バスケット♫キャント・タッチ・ディス♪アナザー・ワン・イン・ザ・カスケット♬ケイティー・ペリーのリ...続きを読む

暗闇に放り出された駐在員

2017/07/28 11:47:49 | 日記 | コメント:0件

そのむかし宇宙に打ち上げられたら国が無くなってしまい、どこに帰還するのか判らないまま大気圏外を漂流し続けたソ連の宇宙ステーションがあったが、筆者が香港駐在時代に日本から派遣されている駐在員が同じような境遇に陥るのを何度か見たことがある。香港の業界団体の懇親会で出会った山一証券のA君や中国語講座で机を並べたそごう百貨店のB君がそれで、つい先日まで「我が社は今こんなプロジェクトを!」などと鼻高々な表情で...続きを読む

別々に開かれるバースデーパーティー

2017/07/27 11:10:57 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

フィリピン人は大家族主義であり、誰かの誕生会となると爺ちゃん婆ちゃんから赤ん坊までが大勢で駆けつけて皆で祝うのが習わしなのだが、今週末の従弟ジャネルの30歳の誕生日はちと様相が違うのである。同じ日に2つのパーティーが開かれるのだ。1つはジャネルと同居している母ピーナ(本当にこういう名である)と姉メイが共同主催する昼から始まるパーティーで、誰の目から見てもこれが本筋なのだが、これとは別にジャネルの兄...続きを読む

クリスマスを祝わないキリスト教徒

2017/07/26 11:58:22 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

女房の幼馴染アイリンが娘を連れて我が家に来た。買い物の帰りがてらどうも交通渋滞を避ける一時避難所代わりに使う気のようだが、筆者も10年前にアイリンが香港で出稼ぎ家政婦をして時からの付き合いだからむろん拒む理由もない。結局我が家で夕食をとる事になったのだ。さて話題は先週土曜日のフィエスタ(聖母マリアを祝う祭。この時期マニラなど都会に出ている人間は里帰りする習わしであり、筆者の女房も帰郷していた)にな...続きを読む

フィリピンで禁煙令が発布、だけど・・。

2017/07/25 11:03:22 | ニュース | コメント:0件

一昨日7月23日からフィリピン全土で禁煙令が発令され、公共施設や公共機関内では全面禁煙、また飲食店や商業施設では指定された場所以外での喫煙も制限され、違反した人間には初回は500ペソ、2回目は1000ペソといった段階別のペナルティーが課されることになったらしい。法律の内容をよく見ると2007年に施行された香港の禁煙令によく似ていて、ある日以降暖かいオフィスから寒風が吹く屋外へとタバコを吸いに行かねばならなく...続きを読む

死神が訪れる季節

2017/07/24 11:22:41 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

3か月ぶりにフィリピンに戻ってきて周囲の人間の安否を確認したところ、やはりかなりの人間が壊れていた。女房の親友ジュリーの母親と義妹の親友マアンの父親が脳卒中で倒れて死に、従弟ラフィーの姉が原因不明の感染症で目下この世とあの世の間を行き来していたのである。それと従弟ジェンの義母もなんと4月下旬に心臓発作でSaint Luke病院に担ぎ込まれ、集中治療を受けて何とか命をつなぎとめたものの治療費を50万ペソも請求...続きを読む

日本に研修に来た未来のリーダー

2017/07/23 11:57:49 | 日記 | コメント:1件

京都に滞在していた5月のある日、女房が「同じ町の出身者から突然日本のKARASAKIにいる!と連絡が入ったの。今日会いたいんだけど?」と言い出した。へえ、リサール州のあの田舎町の出身者が日本旅行ねえ・・。そりゃ構わんがKARASAKIってどこだ?と調べたら、琵琶湖の東側、ソープランドで有名な雄琴より手前に唐崎という駅があるのを見つけた。「日本政府に招待されまして。7月上旬まで研修を受ける予定なんですよ」とにこやか...続きを読む

不味いウィスキーが蔓延する国

2017/07/22 11:21:50 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

一週間ほど前にエド叔父さんと義弟アベット、それと義弟の友人の3人が我が家に来たので、成田の免税店で買ったシーバス・リーガルを供したところ、これが余りにも美味いので全員ビックリしてしまった。香りのすばらしさ、豊潤さ、のど越しのまろやかさ、そして酔いの心地良さのいずれもが普段飲んでるウィスキーとは格段に違うのだ。「これは30年モノか?」という義弟に「いや、シーバスの中では一番安い12年モノだ」と答える...続きを読む

ラ・ウニオンまでパスポート更新の旅

2017/07/21 13:42:20 | 旅行 | コメント:0件

一昨日のこと、筆者ら夫妻は従弟ジャネルの運転する車で一路ラ・ウニオン州のサンフェルナンド市へと向かった。出発したのは朝7時前で、グーグルマップによると片道5時間弱の旅のはずなのだが、実際に到着したのは予約時間の10分前である午後3時50分、実に9時間の旅となってしまった。一体どうしてこんな北方の僻地まで来たのか?というと、それはこの地にあるフィリピン外務省パスポート発行オフィス(DFA)でパスポー...続きを読む

臭い女は臭いオカズを好む

2017/07/20 13:02:57 | 日記 | コメント:0件

日曜日の昼下がり、自室で動画サイトを見ていたら廊下から変な臭いが漂ってきた。ちょっと筆者の稚拙な語彙ではうまく説明できないが、何かの発酵食品を質の悪い脂で炒めたようなイヤ~な臭いである。おい!なんか変臭いぞ!とキッチンへと向かうと、そこにいたのオルティガスでOLをしている女房の姪イナで、食卓に座って何やら変な色をしたチャーハン状のモノを食い始めたところだったのである。臭気はここから漂ってくる・・。そ...続きを読む

曰くつきのラーメン屋

2017/07/18 11:26:24 | 旅行 | コメント:2件

以前の日記で「5年も未更新なのに何故かランキング上位にいる不思議なブログ」の事を書いたことがある。これは北海道在住の通称サムタなる人物がご自身の訪比記録を綴った「マニラPhotoバージン」というブログなのだが、この日記をアップしたところ翌日「これは曰くつきのブログだから近寄るな!」とのコメントを頂いてびっくりしたのだ。曰くつき・・なんか事故物件みたいなすごいブログである。しかし意味がいまいち判じかねた...続きを読む

肩書が多い男の死

2017/07/17 10:33:00 | 日記 | コメント:0件

高校時代の同級生で熊本に移住していたモリヤが死んだ・・という連絡が入った。今年春に手術を受けて1か月以上入院していたことは知っていたが、つい2か月ほど前に「仕事再開!」とフェイスブックに健在ぶりをアップしていたから、来年の日本旅行の際には九州までモリヤを訪ねにいくか・・と思っていた矢先の出来事である。筆者とモリヤは東京都内の私大付属高校の同級生で、勉強せずともエスカレーター式に大学進学できるのを良...続きを読む

背骨が通ってない博物館

2017/07/16 10:37:55 | 日記 | コメント:0件

(前日からの続き)インドの不可触民や米ブラックパンサーが人間平等を謳うイスラム教に帰依したように、差別される人間が共産主義に走るのが常なのだが、こと水○社に関しては共産党ではなく近衛首相の大政翼賛会に馳せ参じて発展的解消をしているからだ。言うまでもなく近衛文麿はファシストであり共産主義者たちを投獄した側である。そして最後は中国・半島目線な展示がやたらと多いことなのだ。水○社の年表に「ニセ満州国」とい...続きを読む

閑散とした博物館

2017/07/15 17:34:15 | 日記 | コメント:0件

新入社員のころ同僚の女性から小説「橋のない川」を薦められた筆者はこの大河小説を読破したのだが、今回関西を訪れた機会に小説の舞台となった水○社発祥の地、奈良県橿原市を訪れることにした。目的はもちろん水○社博物館を見学する事である。今までこの日記で反日運動の根源は在日と○○の二つである!と何度も書いて来たように、筆者は彼らについて正直斜め視線で見ているのだが、東京出身の筆者には○○問題というのはあまりピンと...続きを読む

無謀無計画な一家のビル建設

2017/07/14 12:05:55 | 日記 | コメント:1件

火災で家を失ったエスター叔母の元へ訪れた際に、弟のエド叔父さんから「あんた息子のビルのテナントにならないか?」という意味不明なお願いをされた。テナント?なにを言ってるんですか?と問い返したら、ほら、最近フィリピンに日本人が英語を学びにきてるじゃないか。だったらお前さんが学校を設立して・・とモゴモゴ話すのだ。このエド叔父さんは酒を飲むと変な話を始める癖があって、現にこの日も筆者が持ち込んだジョニ黒を...続きを読む

パスポート発行が異常渋滞

2017/07/13 08:36:56 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

パスポート残存期間というのは結構面倒なもので、筆者の場合サラリーマン時代に日本の田舎工場の技術屋たちを某国へと引率するさいに「この方は向こうで入国できないからチェックインできませんよ!」と空港で言われてしまい、出張自体がおジャンになった苦い経験がある。ヨーロッパ諸国なら概ね3か月、中国とシンガポールなら6か月だが、中にはインドネシアみたいにパスポートの空白ページが残り3枚必要なんて余計な追加条件が...続きを読む

姿をくらました疫病神夫婦

2017/07/12 11:44:24 | 日記 | コメント:0件

昨日の日記で女房のエスター叔母夫妻の住居が火事で全焼してしまい、焼け出された一家はご近所の好意で目の前にある空き家に移り住んだ・・由のことを書いたが、焼け跡を掃除していた甥姪グループやご近所の若造たちの間から火事の原因は人災なのではないか?という話が出始めたらしい。ふつう原因特定は消防署がやりそうなものだが、ここフィリピンじゃ消防隊というのは怠惰の極みにあって、現に叔父叔母夫妻の家に駆け付けたのは...続きを読む

地獄に仏なフィリピンのご近所さん

2017/07/11 12:29:58 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

フィリピンに帰って来た翌日、筆者は自宅から歩いて10分の距離にあるエスター叔母を訪れ、彼女と夫のダニー叔父を慰める事にした。慰める・・とは奇異な感じを受けるだろうが、実はこの老夫婦はつい先日火事により家が全焼してしまい、何もかも失ってしまったのである。先月末のある早朝、家の中に煙が充満しているのに気がついたダニー叔父が火元らしき部屋のドアを開けると、そこは火炎地獄と化しており、いくら水をぶっかけよ...続きを読む

なんで日本円が両替出来ねえんだ?

2017/07/10 13:29:25 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

先週東京の実家でうとうとしていると筆者より1週間早く帰国した女房から緊急メールが入った。あんたから受け取った日本円のうち25万円分が両替できない!これは古い札、新円切り替え前の使えない札じゃ無いのか!というのである。ちなみにこの一万円札は先々週横浜の銀行ATMで下ろしたもので勿論ちゃんとしたカネである。ところが女房の話だと毎度両替しているパッシグの両替商のみならず、SMメガモールの銀行でも拒否されて...続きを読む