スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の海になるのはソウルではない

緊張の度を増している北朝鮮情勢に関して、世の識者たちは①北朝鮮が核実験を実行し、②アメリカがピョンヤンを爆撃し、③北朝鮮がソウルを砲撃し、④北朝鮮が日本の在日米軍基地をミサイル攻撃し、⑤戦闘が本格化し北朝鮮滅亡する、という順序で話しているが、筆者はこれはちと違うのではないか?と思う。

北朝鮮のスタンスから見れば5月9日の南朝鮮選挙で親北政権が樹立されるのが対米直接交渉と並ぶ最優先事項だし、あるいは仮に何らかの混乱で選挙が実施されないとしても、合法手段による南北統一のチャンスを今後半世紀は摘み取ってしまうソウル砲撃(=韓国人の北への深い怨嗟蔓延)には踏み切らないと思うのだ。

それとアメリカ相手に直接反撃すればこれは100%間違いなく亡国への近道だからこれも手を出すとも思えない。しかしその一方で北朝鮮国内情勢に詳しいジャーナリストの話だと核実験に踏み切らなければ金正恩は権力維持もままならないくらい脆弱になってしまったというから今さら引くに引けない。

となると一旦核実験を実施してアメリカから空爆を受けるまでは大方の予想通りだが、そこで金正恩はソウル砲撃やアメリカへの反撃、あるいは在日米軍基地にも豆鉄砲一つ撃つことなく別のカードを切ると思うのだ。これは前回の日記でも書いたけれども、やはり日本の都市で大規模なテロを起こす事なように思える。





日本人を万単位で殺害する。手段はサリンガスをドーム式球場で散布する、リュックサック内の中性子爆弾を都心部で炸裂させる、あるいは前回書いた様にガスタンクにバズーカ砲をぶち込む・・などなどであるが、仮に筆者が金正恩なら一番足跡が付きにくくて最大の効果を上げる方法、例えば東京駅や羽田空港など交通の要所に天然痘ウィルスをばらまく方法を選ぶと思う。

もちろん誰もがこんなのは北朝鮮政府の仕業だと見抜いているが、訳の分からない組織が犯行声明を出す、在日韓国人が犯行を名乗り出る、特攻兵はアラブ系であるなどインチキを散りばめて誤魔化そうとするだろうし、それにこのケースだとアメリカは思ったほど大規模には北朝鮮攻撃をしないのではないか・・と思うのだ。

もちろん日米安保条約はあるしシリアが化学兵器を使った代償として59発の巡航ミサイルを撃ちこんだくらいだからアメリカは何らかの軍事行動には出るだろう。しかし嘉手納やグアムの米軍基地が攻撃を受けて米兵が死ぬ時の報復攻撃に比べればかなり手ぬるいものになるのではないだろうか。

韓国にしてみれば日本人が万単位で死ぬことは微笑ましい出来事だから、昨今の韓国人の狂った脳内では金正恩に対するシンパシーはむしろ高まりそうな気がするし、それにアメリカにとっては自国民や韓国人が死ぬよりも日本人がたくさん死んでくれた方が戦略的にはメリットがあるように思えるのだ。





軍事費の相次ぐ削減で世界展開でのプレゼンスが落ちていくアメリカにとって、自分たちの命令で命を落としてくれる日本人兵士が増えていくのは喜ばしい事なのである。特にアメリカが着々と準備している将来の中国との戦争のためには日本の軍事力増強と長らく米兵に守ってもらったお返しとしての手駒化は何が何でも実現したいからだ。

日本人が万単位で死ねば国民の深層心理にしみ込んだ平和憲法順守のムードなど一気に吹き飛んで危機意識が高まり、防衛費もGDP1%どころか4%あたりまで増加しそうだし、アメリカ製の武器を徹底的に買わせて将来中国と日本を直接戦わせ、我々アメリカは決着がついた後で分け前をあずかりに行こうじゃないか・・というのが本音ではないだろうか。

となると・・これはうがった見方だが、何も日本国内でテロを起こすのは北朝鮮である必要はないわけで、もしも仮に筆者自身がアメリカの軍事産業の社長であればブラックウォーターなど民間軍事会社の連中にやらせれば良いわけで・・・。と、まあここまでいくと陰謀論の世界だからこれ以上の想像は止めときますね。

でも米中首脳会談の習近平の複雑な表情を見ると、トランプが脅かしていたのは北朝鮮の斬首作戦なんかじゃなくて、「東京で大規模なテロが起これば日本が再び首をもたげて来るが、中国はそれでもいいのか?」という日本脅威論だったんじゃないか・・などと脳内妄想をつつい働かせてしまう一日でした。それで案外と中国軍は日本防衛へと手助けしてくれたりしてね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。