スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの顔を持つ男

原発廃止を主張する市民団体の動画を見ていたら、壇上に上がって演説している爺さんのテロップに見覚えがある名前が書かれていた。このM氏は××県教職員組合、いわゆる日教組の県の委員長だった事から元学校教員だったことが判るのだが、筆者はこの男が持つ別の肩書を他の件で見たことが2回あるのだ。

日本教職員チュチェ思想研究連絡協議会、あるいは旧名の日教組内のキムイルソン思想研究会、もしくは単にチュチェ研の親玉の一人と言った方が判りやすいかもしれない。チュチェ研とは日教組に限らず大学や各労働組合の中に設置された学習サークルで、定期的に集まっては北朝鮮がいかに素晴らしいか!を唱えているおバカさんたちである。

日本人の拉致を実行したのは北朝鮮の工作員ではあるが、海岸に上陸して誰でも構わず麻袋に詰め込んだのではなく、あらかじめターゲットになる日本人は国内協力者によって下調べをされていたわけだが、朝鮮総連と並んでこのチュチェ研(電力労連と自治労、日教組の中のチュチェ研が特に深くかかわっている)がその作業に当たっていたことは一部には知られた話だ。

そのチュチェ研の親玉がなんで原発廃止運動の呼びかけ人になっているのかと言うと、このM氏は退職後にエコロジー絡みのNGOを自宅に立ち上げているのと、なぜか中核派の機関紙に登場しては「国鉄闘争への思い」など今や誰もが忘れてしまった旧いJR社名を用いて労働者の権利ウンヌンを熱く語っていることからも左翼のマルチプレーヤーだからである。





どうもM氏は中核派の秘密党員のようなのだが、さらに不可解なのは自分のいる県には米軍基地など全く無いのに「米軍による騒音公害被害を問いただす!」と息巻いて沖縄へと乗り込み、地上戦で虐殺された無念の人々に報いるため!とか叫んで沖縄からの米軍撤退と非軍事化、さらに琉球独立を主張していたのだ。

元学校教師にして日教組の活動家、北朝鮮の国内シンパ、エコロジストに中核派、沖縄独立運動家とK氏の肩書は実にバラエティーに富んでいるが、しかしながら実はこれらはM氏にとっては仮の顔でしかない。こう聞くと驚くだろうが、日本の左翼団体は日本共産党を除きほぼある特定の方たちの影響下にあって、それぞれの団体は彼らの「容れモノ」になっているのである。

七つの顔を持つ男M氏。しかし今まで書いた彼の肩書を数えていただくと6つしかないのにお気づきだろう。では彼の本当の正体、彼が生まれてこのかたずっと左翼活動に専念していた本当の理由は全てここに行きつくという真実の肩書をご披露しよう。教員になる前のM氏は○○▲▲同盟に所属していた、それが全ての解である。

以前の日記でも書いたが西早稲田の反日ビルや日本ユニセフ協会、日本基督教団、夫婦別姓を叫ぶフェミニズム団体、そして創価学会に旧民社党といった有象無象の左翼グループには多くの良心的かつ無知な日本人が手弁当で参加しているが、こうした下っ端と名誉職的な理事たちを省いてみると中心となるメンバーはたいてい2つの方たちである。





日本史的に最下層に位置つけられた○○と在日韓国朝鮮人である。片方は自分たちの祖先を踏みにじって来た日本を徹底的に壊したい!という潜在願望を抱えていて、もう一方は近代化が遅れて併合されてしまった劣等感は実は表向きで、実際は日本を自分たちの癒合の良いように作り替えて丸ごと乗っ取るという別の目標を持っているのであるだ。

両者とも日本の強固な日本のエスタブリッシュメントを破壊する事で手を組んでいたが、しかし多額の援助を政府から受けている内に、「ごねればカネになる」という甘い汁を知ってしまったため、ここでも両者は手を携えて旧社会党に人を送り込み、最後の20年間くらいは実質的に乗っ取ってしまったのである。

革命とか国際的連帯などと絵空事を叫ぶ学生と違ってマイノリティーは生活が懸かっているから運動は実践的になるし、さらに恨みつらみや乗っ取り目的が重なるとより戦闘的になるので、どんな労働運動や社会運動でも彼らの動員力は一桁違うし、ひとたび彼らが執行部に入り込めば夢想家を蹴散らして実権を握ってしまうのはある意味当然である。

ただし長年にわたって巨額の補助金が○○に与えられ、在日もその分け前を貰っていたからある意味政府とは出来レースだったのだけれども、2002年に国からの巨額の補助金が打ち切られ、さらに同じころに北朝鮮の金正日が日本人拉致を認めた事で日本中が反朝鮮一緒に染まってしまったのは両者にとって大打撃であった。





で、正攻法では戦えないから今度は旦那衆を他所に切り替えて、従軍慰安婦とか南京大虐殺、男女平等、ヘイトスピーチに外国人参政権など別の問題に軸足を移すことで彼らは生存をかけている訳で、そのためにM氏のようなタカリのプロはもう1つか2つ肩書をこしらえるようになった・・というのがここ15年の反日活動の原因なのだ。繰り返しで申し訳ないが全ての源流は2002年の打ち切りにあるである。

しかし大変残念な事に日本の右の思想の人間や一部メディアはこういった事態に「韓国と中国はケシカラン!」と叫んでいるだけで、そもそも現在世界中に広がっている反日運動の潮流について目を向けないのはおかしいのではないか?いや意図的に目を背けるのはずるいのではないか?と筆者は思うのだ。

なぜなら最も反日国家なのは他ならぬ日本自身だからだ。そうなった理由は敗戦後の社会・教育制度の欠陥が大きいけれど、実は長年にわたって補助金でのうのうと暮らしていたマイノリティー達が現在でもありとあらゆる悪だくみをこしらえているのに、人権への配慮と言う綺麗ごとのせいでこの醜い事実に対して何もできないからだ。

自分の生徒たちの中で血統がずば抜けて良くて性格的にも御しやすそうな横田めぐみに目を付けて北朝鮮に売り飛ばしたM氏らチュチェ研教師と同じように、日本国内の構造的矛盾を見つけ出して中韓朝の反日包囲網に売り飛ばしているマイノリティーの利権屋たちがいるという事実を、日本のメディアはタブーに怯むことなくスポットライトを当ててもらいたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。