スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲ケラ以下の冷血人間

筆者の日記にはフィリピン人の親戚との付き合いが良く出てくるが、実は親しくしているのは女房の母方の一族だけで、父方の方は没交渉となって早くも3年経過している。理由は祖母の葬式の際に露呈した彼らのカネへの汚さであり、ややこしい輩とはいちいち話さずピシャリとドアを閉じてしまうのが筆者の信条だ。

相手の中にある血族への情けを利用して自分に都合よく利用する・・。まあこういう人種はどこの国でもいるものだけど、フィリピンの場合は根が貧乏なために今まで善良そうだった人間がいつ変貌するか分かったものではない。それで筆者は自分を助けてくれたルーシー叔母と義父以外の全員と関係を断ったのだ。

フィリピンみたいな何もかも不合理に出来ている国で親戚付き合いを切るとは自滅への近道だ!と言う人もいるだろうが、下手に付き合った方が破産へのカウントダウンが早まってしまうのだ。それに家族が何より大事!を標榜するフィリピン人だって切るべき人間はちゃんと切っているのである。

その代表例が女房の母親の弟ボウイ叔父の子供たちである。末っ子のフィリンは陽気な性格で毎日色んな友人や従兄妹たちと遊び歩いている女だが、彼女の口から母方(ボウイ叔父の妻)の話題が出ることは一切ない。そして実際「そうなっても仕方が無いな・・」と思わせるあるエピソードがあるのである。

ボウイ叔父は若いころ内務省の役人としてたんまり賄賂を貰っていたのと、副業の製氷業が結構儲かっていたため、自分と妻の甥や姪っ子たちへの経済的援助を惜しまなかった人だが(筆者の女房もボウイ叔父の家に住み込みながら学校に通っていた)、やがてボウイ叔父が商売に失敗して貧乏になると奥さんの姉妹たちが豹変したのだ。

カネの切れ目は縁の切れ目とは良く言ったものだが、ボウイ叔父の下の子供二人の学費を援助してほしいと今まで散々助けてきた中でも一番豊かな親戚に頼みに行ったらけんもほろろに追い返されたのである(当時ボウイ叔父の奥さんはガンで死んでいた)。それで結局はボウイ叔父の妹と弟が少ない家計からやりくりして何とか二人は卒業にこぎつけたのだ。





ここまではまだ良い。こんなのフィリピンじゃ良くある話だから関係を切るほどの事ではない。しかし今から6年前にボウイ叔父の次女アダが脳動脈りゅう破裂で病院に担ぎ込まれ、医者から既に脳死状態に陥っていて生命維持装置を使っても数日持つかどうか怪しい状況だ・・と告げられた後で決定的な事が起こったのである。

いくら縁が切れたと言っても一応姪っ子の生き死にの問題だから叔母たち(ボウイ叔父の奥さんの姉妹)も病院へ駆けつけていたのだが、なんとアダの臓器を売ろうじゃないか!とボウイ叔父に持ち掛けてきたのだ。この病院費用だって結構かかるのだから、臓器を売れば幾分か取り返せるではないか!という理屈である。

フィリピンの中級以下の病院に入院された方ならご存じの通り、こういう処には臓器ブローカーの手が蜘蛛の巣のように伸びているもので、叔母たちの説明だと病院の職員から「あんたの姪は二十代と若いし子供も産んでないから臓器が高く売れるよ」と持ち掛けられたのである。

これを聞いたボウイ叔父は「お前らは何を言ってるんだ!」と激昂したのだが、この叔母たちはボウイ叔父の怒りの理由が良く判らず、それどころか「せっかく良い話を持ってきたのに!後で病院費用を援助してくれとか言いに来なさんなよ!」と逆ギレしてその場を立ち去ったと言うのだ。

「あの時あたしも傍にいたんだけど、もうこの叔母たちとは付き合っていけないと思ったの」と言うフィリン。筆者も残酷な現場には随分居合わせた事があるけれど、血の繋がった姪の不憫さを思いやるどころか体の中身の算段を考えていたとは・・。この叔母たちは鬼畜、いやそれ以下の蟲ケラである。

ちなみにこの叔母たちはケソンシティーの結構な住宅に居を構えているから下層フィリピン人ではない。にもかかわらずそういう残酷な禁忌領域へと平気で踏み越えて行ける人間がいるのもフィリピンの現実だから、もしもこちらに在住していて「金の切れ目が縁の切れ目」を感じさせる人間が周囲にいたら、向こうが切る前にこっちから絶縁することをお勧めしたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。