日本企業のお荷物は法務部だ!

2017/03/02 11:31:30 | 日記 | コメント:2件

アメリカの企業と取引された経験がある方なら商談に弁護士が登場してきて面食らった覚えがあるだろう。新製品の共同開発や投資案件ならまだ理解できるが、汎用品・既製品の売買でも十億単位の規模になると弁護士がヌッと現れ、彼らの編み出したオプションという罠を見抜くのに四苦八苦する・・。筆者も何度か苦い思い出がある。それでこっちも青い目の弁護士と対抗しようとするのだけれども、職制上のルールに沿って本社の法務部に...続きを読む
スポンサーサイト