北朝鮮旅行中止

大学時代の友人と北朝鮮に旅行に行く計画を進めてきたが、先日のキム・ジョンナム暗殺とそれに続く政治的緊張で友人たちのノリが一気に萎んでしまい、ついにこの話はいったん棚上げにしよう!と言う事になってしまった。事実上の中止である。

筆者らが申し込んでいたのは北朝鮮と国境を接する中国・丹東市の旅行会社で、旅行代金は出発当日に旅行会社に現金で払うシステムだったから損はないのだが、しかし楽しみにしていた旅を諦めなければならないとは何ともやりきれない思いだ。





30年ぶりに皆で旅をするのに国内じゃ味気ないし、ハワイやタイはみんな行ってるから「だったら絶対記憶に残る国に行こうじゃないか!」という事で北朝鮮にしたのである。それが危なくなったからって言うけど、あの国が安全だった時なんて一度たりともあったのかね?と思ってしまう。

筆者が仕事で良く出向いたモスクワにはビジネスや観光でドイツ人やイギリス人がわんさか押し寄せていたが、バーやレストランで出会った連中と話すと決まって「ソ連時代のモスクワ、それもスターリン時代に是非とも訪れたかったよ」と語っていたのだ。





出会う人々が「私たち以上に幸せな国民はいません!」と口を揃えて言うが、その背後では秘密警察に見張られているアンバランスさ、見世物小屋感覚が楽しいのだ。今や地球上にはそういう国がごくごく限られてしまったから「今のうちに・・」と思って北朝鮮を推してきたのである。

まあそうは言っても友人達には家族や仕事があるから仕方ないのだろうが、幹事役のUから代替案として出てきたのが韓国・ソウルの旅・・・。魅力度ガクーンのその案を見て筆者は思わずため息をついてしまった。だったらまだキューバにでも行った方がいいわ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Author by ほにょ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /