右のドアの向こう側で笑う寄生虫

大阪市内の国有地が十分の一の価格で奇妙な幼稚園に払い下げられたというニュースが出ていた。配信元の朝日新聞によればこの幼稚園は安倍晋三夫人が名誉園長を務めていて、園長は稲田朋美防衛大臣から何かの功労で表彰された曰くつきの人物であり、運営母体は日本会議と深い関係にあるらしい。

隅っこに追いやられつつある左翼が虫眼鏡で見つけた政治スキャンダルか・・と右の方はお笑いになるかもしれないが、しかしこれが事実なら大問題である。いくら左派が働きかけて在日朝鮮人のための建物を血税でボンボン作ってきたにしても、じゃあ右派もそれをやって良い!という事にはならないし、それにこういう胡散臭い右翼も大抵の場合は朝鮮人なのだ。

大変残念な事だが右も左も奥にいるのは在日というのが日本の実情なのである。ちょっと調べればわかる事だが戦後の右翼の頭目だった児玉誉士夫は戸籍ロンダリングして日本人に化けてはいるが実際は朝鮮生まれの純潔朝鮮人だし、もう一人の笹川良一の場合も朝鮮人あるいは日本最下層の出自という噂がずっとあるのだ。





なんで愛国と叫んでいる右派が実は日本人でないのか?と言うと、一つは日韓併合によって一部の朝鮮人が便宜上愛国を叫んで日本人に化けてしまったからであり、二つ目は本物の日本人右翼の多くがGHQによって投獄・追放されたために権力の空白ゾーンが生まれたからだ。そこにずる賢い朝鮮人がスッと入り込んだのである。

サダム・フセイン掃討後のイラクのリーダーになったマリキや、韓国初代大統領にはキリスト教徒の李承晩を推したように、アメリカが他国を統治する場合は旧権力とは別の少数派を権力の座につける、あるいは優遇する傾向が強いのである。そしてその基本スタンスは政治のトップだけに限らず実業界や官界、教育界に思想界、芸能と言った幅広い分野に及ぶのだ。

で、日本の時計の針を70年前に戻して、あなたがウィロビー少将なりマーカット少将の立場に立ったとして、GHQの将兵の安全を確保しながら日本が二度とアメリカに立ち向かわない様に無力化しろ!という命題を与えられたら、旧軍のライバルである官僚たち、財閥や地主と敵対関係にある水飲み百姓や労働組合などとともに「日本に居る朝鮮人」に着目するはずである。





児玉や笹川がフィクサーになれたのは勿論彼らの才覚によるものが大きいけれども、彼らの周囲にアメリカの影が付きまとうのはやはり「敗戦と占領で溜まりにた溜まり込んだ愛国者たちの不満の受け皿になるが、本当に爆発しそうになったら真っ先にGHQに通報して叩き潰す」という裏約束があったからだろう。

そしてそういう土壌があるところに南北朝鮮の対立の構図が持ち込まれ、日本を韓国の後ろ盾にすべくKCIAと統一教会が勝共連合を立ち上げ、ここに日本の右翼を上手く囲い込むうちにいつの間にか韓国人たちが街宣右翼の元締めになってしまった・・というのが日本の右翼史なのだ。

ただ冷戦崩壊で勝共連合の存在意義が無くなってしまい、その後なぜか仇敵北朝鮮にすりよった統一教会は今じゃ北朝鮮秘密工作部門、あるいは昔の秘密を盾に自民党清和会議員を恫喝して金を毟り取る犯罪者になってしまったが、朝鮮人がずる賢いのは一部の人間を切り離して生長の家や思想右翼団体に潜り込ませることで二股をかけているのだ。





例えば世間を賑わせている在特会の連中をよく見て欲しい。実は筆者は彼らの主張に頷けるところが沢山あるのだが、彼らの行動を動画サイトで見ている内にだんだん奇妙な違和感を持つようになったのだ。大学時代に毎日駅前で見かけた統一教会の勧誘員が四半世紀たったいま在特会にいることは聞いていたけれど、代表者の見事な朝鮮耳を見つけた時にある疑念が浮かんだのだ。

在特会や西村修平が派手な街宣活動を動画サイトにアップしている理由は「日本はナチス台頭前のドイツと同じ状況にある!」という事を対外的にアピールして世論を喚起し、日本の力を相対的に弱めるとともに、「可哀そうな在日」「迫害されつつある在日」というイメージを利用して更にカネをせびる事ではないのか?と言う疑念である。

在日朝鮮人は既得権を取り上げて過去の分も全額弁済させ、文句があるなら船に載せて朝鮮半島へ送り返せ!というのが筆者の意見だが、上に書いたような理由で同じ意見をアピールする団体とは一切関与しないことにしているのである。右に行っても左に行っても朝鮮人が奥の部屋で笑っている、何とも嫌な世界である。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト