FC2ブログ

コミンテルンの風を受けた男たち

2016/12/15 11:46:04 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

ケンブリッジ大学時代にコミンテルンにリクルートされたエリートたちは思想信条を隠したままイギリス外務省や国防省に入り、自分たちの目の前を通り過ぎる機密情報をソ連に流す「もぐら」として活動するようになったのだが、出自の良さと頭脳明晰さがモノを言いぐんぐんと出世していくにつれ彼らが提供する情報の価値も飛躍的に重要なものになっていったらしい。しかし何度もこのイギリスの裏切り者たちに関する本を読み返している...続きを読む
スポンサーサイト