FC2ブログ

寒い国のモグラたち

2016/12/14 12:35:29 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

筆者はスパイ小説が好きで、特に米ソ冷戦期をテーマにしたジョン・ル・カレの「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」「スクールボーイ閣下」「スマイリーの仲間達」やグレアム・グリーンの「ヒューマン・ファクター」と言ったスパイの内面にまで迫った作品がお気に入りである。どうも機密が漏れているぞ・・から始まって、長い時間をかけてスパイを探し出したらそれが全く意外な人物であり、そのスパイが国を裏切る結果へと...続きを読む
スポンサーサイト