おまえ船ダメじゃん

2016/08/31 10:38:54 | 日記 | コメント:2件

豪華クルーズ船の料理人をしている従兄弟スプークの話を熱心に聞いていた女房が「今度の旅はスプークの船に乗ろうじゃないの!」と言い出した。どうやら船内のアトラクションやディナーパーティーの話にすっかり魅了されてしまったらしい。女房はリサール州のど田舎の生まれながら派手なものが大好きで、それもフォーシーズンホテルみたいな落ち着いた中の豪奢さなんかよりも、ラスベガスのホテルみたいなチンドン屋的賑やかさに心...続きを読む
スポンサーサイト

フィッシングメール来る

2016/08/30 10:28:46 | 日記 | コメント:1件

メールボックスを開けたら「ご登録パスワードの変更完了のお知らせ」という題のメールが来ていた。発送元は三井住友銀行でアドレスも「info@smbc.co.jp」となっている。あれっ?おれパスワード変えたっけ?と思ったが、下の方に「確認のためにメールを送信しています。お客さまご自身で変更した場合は、このメールを無視しても問題ありません。」と書かれてあるではないか!!しかしその瞬間にもっと根本的なことを思い出した。オ...続きを読む

和風クルーズのすゝめ

2016/08/29 07:45:57 | 日記 | コメント:3件

豪華クルーズ船の料理人をしている従兄弟スプークが契約終了に伴い一時帰国した。次の契約まで2か月ほどあるので奥さんと子供のいるルソン島北端のアパリでゆっくりと過ごす計画だと言う。ふだん離れ離れになっているとはいえ、2か月も休めるとは全くうらやましい限りである。「だけど次回はシンガポールを母港にする船に鞍替えできるかもしれないんだ。そうなりゃ航海ごとの休みにフィリピンに帰って来れるだろ!」と嬉しそうに...続きを読む

マツタケの危機

2016/08/28 11:31:55 | 日記 | コメント:1件

昨日の日記で書いたフグ好きの社長夫人も、筆者が最初に出会った20年前はフグどころか日本食全般が全く食べられない方で、来なきゃいいのに旦那との接待の場についてきては目の前に置かれた刺身を箸でいじっているだけ・・という体たらくであった。それが数年たつと「サーモンの刺身は皮を炙った方が美味しいわね」くらい言うようになり、10年前には日常的に日本料理屋に出入りし始め、筆者が香港を去った4年前には週に4食く...続きを読む

犬と中国人はフグ食うべからず

2016/08/27 11:55:33 | 日記 | コメント:1件

以前勤めていた会社の中国人顧客から「大阪に面白いところない?」というメッセージが入った。送って来たのは会社のオーナー夫人(ナンバー2の総経理も兼任)で、なんでも従業員50人を引き連れて日本に遊びに来たのだが、コーディネーターの手違いでその日の午後数時間がぽっかり空いてしまったと言うのである。それだったらマグニチュード7の地震体験が出来る阿倍野の防災センターや新世界にある巨大健康ランドなんかどうだ?...続きを読む

麻薬戦争の死者数1202人

2016/08/26 11:22:42 | ニュース | コメント:1件

ニュースサイトを見ているとThe Death Toll of the War on Drugs(麻薬戦争での死亡者推移)というページを見つけた。なんだか面白そうだな・・とページをクリックすると、そこにあったのは「8月10日までの死者数1202人」という文字だった。このデータは今年5月10日以降の麻薬関連の死者数を表していて、①警察捜査中に警官に警官に射殺された、②警官以外の誰かに殺された、③詳細不明、の3つの死因別の合計数なのだが、...続きを読む

だらしない下半身を持つ女

2016/08/25 11:45:04 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

マカオのホテルで働き始めた従姉妹ボーヤから「マカオの良い医者を知らないか?」というスカイプ電話が掛かって来た。なんだか切羽詰まった感じだったそうなのだが、香港で二十年以上過ごした女房もお隣の国マカオは観光で滞在しただけだから全く情報が無い。それでベッドに寝転がっていた筆者が呼ばれたのだが、筆者が画面上に現れるなりボーヤは急にモジモジするようになり、鏡湖医院(英語でKiang Wuと書く)とメモした後は「ち...続きを読む

プノンペンより下なマニラの日本料理レベル

2016/08/24 10:59:34 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

新入社員時代の同僚H君から現在カンボジアの首都プノンペンに一時的に滞在しているとのメッセージが来た。H君は同じ会社でも生産技術部という俗に言う工作機械屋で、プノンペン郊外に新たな工場を建設するので短期出張と言う扱いで同地に来ているのだそうだ。プノンペンねえ・・。筆者はカンボジアに入ったことが無いので良く判らないが、狭いところにゴチャッと民家が密集していて、埃だらけの道を上半身裸の労務者たちを満載し...続きを読む

タイは遠し・・

2016/08/23 13:22:51 | 日記 | コメント:2件

友人のタイ旅行にすっかり感化されて思わずタイ行きの航空券を予約してしまった!ということを少し前の日記で書いたが、実はこの「感化されて」から「予約した」の間には小一時間ほどの間があってちょっと一悶着あったのだ。「アナタ!またタイに行くの!」と凄い剣幕で怒りはじめる女房。女房とはかれこれ20年一緒に暮らしていて合計39回海外旅行に出かけたが、そのうち31回の目的地がタイだったため女房はウンザリしている...続きを読む

ブラック・タイ

2016/08/22 10:29:31 | 日記 | コメント:2件

先日の日記で鹿鳴館みたいな恰好をしてレストランに現れるフィリピン女のことを小バカにする論調で書いたが、今じゃ一年中ステテコ姿でいる筆者も昔はけっこう服装には気を配る人間で、いつもスーツをビシッと決めて颯爽と客先へと向かったものである。ちゃんとした服装をする目的は自尊心を満たすよりも相手を不快にさせないためであり、いやらしいイタリア~ンな服装や蛇革のブーツなんてのはもっての他!40歳まで男は紺かグレ...続きを読む

麻薬犯罪者の目標殺害数

2016/08/21 06:35:32 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

デ・リマ上院議員の人権侵害発言関連のニュースを見ていた従兄妹たちは「このババアは一体何を抜かしてやがるんだ!」と息巻き始めた。毎日のように麻薬関連の犯罪者が殺されているのは大変結構な事じゃないか!だいたいこのババアが司法長官在任中に麻薬組織が蔓はびこったんだ!と凄い口調である。従兄妹たちはデゥテルテ新政権による犯罪取り締まりを頼もしく思っており、そこら中に麻薬が蔓延していていつ自分の子供がシャブ中...続きを読む

フィリピン人の悪癖

2016/08/20 12:02:49 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

昨年初夏に長崎のグラバー邸を散策していた時に、溢れかえる中国人たちの中にフィリピン人の一団がいた。埠頭にはダイアモンドプリンセスとかいう大型クルーズ船が横付けされていたから、どうやらこのフィリピン人たちは乗組員のようなのだが、ジーンズにTシャツというシンプルな出で立ちの一行の中に二人だけ奇妙な女がいるのに気が付いた。この二人はこの暑いのに上から下まで高級ドレスを身にまとい、指輪やアクセサリーにヴィ...続きを読む

ユダヤ流ニセモノ駆逐法

2016/08/19 07:01:33 | 日記 | コメント:1件

その昔筆者が営業マンをやっていた業界ではニセモノ(コピー商品)が大きな問題になっていた。ふつう正規品の場合は工場出荷コストの4倍が小売価格という流通構造だが、ニセモノは商品開発費や広告費はタダ同然だし流通はバッタ屋と同じ構造なので小売価格は高くても3倍、下手すると2倍まで抑えられるのだ。しかも部品は香港・中国でいくらでも手に入るし、それほど作るのが難しい商品では無いので正規品とニセモノの差別化はチ...続きを読む

世代を超えた職業DNA

2016/08/18 13:23:53 | 日記 | コメント:0件

大阪平野の東端、生駒山の麓に石切神社という有名な社がある。古代の大和王ニギハヤヒとその子ウマシマデ奉るこの神社は何故だか歴史の途中でデンボ(腫モノやデキモノ)にご利益があるとされてしまい、現在ではガン患者の祈祷場所になってしまった主祭神には全くもってお気の毒な神社である。昨年春に1か月ほど大阪に滞在した筆者は古代史への興味からこの石切神社へと出かけたのだが、近鉄石切駅から坂道をずっと下っていくにつ...続きを読む

冷や汗をかかせる名医

2016/08/17 11:26:55 | 日記 | コメント:2件

過去2週間の間ずっと風邪の症状が治らないのでパッシグの医者に行ったところインフルエンザであると診断された。この医者大丈夫かよ・・?たしかに咳はゴホゴホ出るし体はだるいけれど体温の方はずっと36度5分前後なんだけど・・。しかしこの医者は「そういう種類のインフルエンザもあるのです」と言った後で処方箋を書き始めたのだが、何事も不信の目でもって見る筆者は薬局には向かわずに家で生姜茶など飲むようにしたところ...続きを読む

オマエが言うなー!!

2016/08/16 06:21:06 | ニュース | コメント:4件

大統領府の発表によると新政権発足後の犯罪発生数に目覚ましい成果が表れたそうである。昨年同月には17105件の犯罪が発生していたのに対して今年は11800件と31%減、なかでも窃盗や強盗などモノにたいする犯罪は40%減となったらしい。これだけ連日のように麻薬密売人が拘束されたり殺されているのだから犯罪が減少するのは当たり前だし、それにモノではなくヒトに対する殺人や傷害事件の方はたったの14%しか減ってい...続きを読む

スピリチュアル系ペテン師の母体

2016/08/15 06:01:17 | オカルト系 | コメント:3件

何日かに渡って怪談サークルに忍び寄るカルトの話を書いてきたが、日記を読んでいただいた「ま」というハンドルネームの方から「中心人物のB女史は朝鮮人ではないだろうか!」という大変良い指摘を戴いたので、今日の日記ではその事について書きたいと思う。在日ビジネスと言うと真っ先に思い思い浮かべるのはまずパチンコ、それから焼肉店とリサイクル業者と靴カバン製造にサラ金の5業種、それからピンサロなどの風俗店にダイヤ...続きを読む

無能の迷宮フィリピン郵便局

2016/08/14 06:53:59 | フィリピン雑学帳 | コメント:5件

メールボックスに日本の郵便局から「配達完了メール」というのが届いていた。そうか・・5月に京都から送ったSAL便(航空小包)の追跡サービスに登録していたんだっけ・・とこの事自体すっかり忘れていたのである。このSAL便ではちょっと一悶着があって、本来なら2週間でフィリピンに届くはずが1カ月過ぎても到着しないのでフィリピン全体の郵便を統括する総局に電話したところ「送り先住所を担当するパッシグ郵便局に1か...続きを読む

逃げ足の速い謎の兄弟

2016/08/13 12:32:35 | オカルト系 | コメント:1件

2日間に渡って怪談サークルに巣くうカルトの事を日記にしてきたが、今日はそんなに大きな問題にならなかったが「一体あの連中は何者だったのだろう?」と今でも不思議に思う兄弟の事について書きたい。今は随分すたれてしまったがライブドアが提供するインターネットラジオは数年前まで大変活況を呈していて、毎晩色んな怪談番組が放送されるので香港にいた筆者は楽しみに聞いていたのである。ただ番組と言ったって視聴者数は多く...続きを読む

ミニカルトの仕掛け人たち

2016/08/12 10:30:06 | オカルト系 | コメント:2件

昨日の日記で怪談サークルがカルトに乗っ取られ、そこが霊感商法のための釣堀になっていた事例を紹介したが、多くの方はこのカルトは統一教会や創価学会といった比較的大きな組織であるとご想像されたに違いない。しかし皆さんのご期待を裏切るようで申し訳ないが、実はこの乗っ取りを行ったのは手かざし治療と言っても真光文明教団のようには組織化されていないグループで、教祖とか経典、さらには聖職者や分教会といった宗教団体...続きを読む

怪談サークルにご注意

2016/08/11 06:56:28 | オカルト系 | コメント:1件

筆者は子供の頃から怖い話が好きで毎晩怪談の話を聞いては眠りに落ちるオカルトマニアである。主に聴くのは全国津々浦々にいるアマチュア怪談師の音源で、これはプロに比べると技法的にはいささか落ちるものの量がやたらと多く、また3時間とか5時間も話し続けてくれるのでBGMにはうってつけなのだ。アマチュア怪談の世界は案外と裾野が広くて、上の方にはテレビに出るくらいの人から下は持ちネタが2〜3話だけの箸にも棒にも...続きを読む

抜き打ち検査の前にトンズラ

2016/08/10 09:50:32 | 日記 | コメント:0件

先日従姉妹アニーが筆者の家に遊びに来た際に職場での麻薬検査の話が飛び出した。アニーはロビンソン・ギャレリアの映画部門に勤務しているが、つい最近上から「麻薬検査を受けて結果を会社に提出しろ!」という厳命が下ったのだそうだ。アニーは品行方正だから何の問題も無かったのだけれども、なんと別の職場に働く男性社員はいつまで経っても検査結果を提出しなかったため会社を辞めさせられてしまったのだと言う。自分はヤクや...続きを読む

不思議な残務整理とコカ・コーラ

2016/08/09 07:11:32 | 日記 | コメント:0件

4日間に渡って731部隊に関する日記を書いてきたが、読まれた方の中には「こいつの祖父は中帰連じゃないか?」と思われた方もいるに違いない。これはソ連に拘束された後中国・撫順にあった収容所で共産党にすっかり洗脳され、涙にむせびながら有りもしない罪を騙りだすイカれた連中の集まりである。残念ながら筆者の祖父は祖母たちとは違う列車ではあったもののソ連侵攻後に列車に乗って日本に帰って来たので収容所に入ることは...続きを読む

731都市伝説への反論

2016/08/08 08:05:05 | 日記 | コメント:1件

3日間にわたって筆者が731部隊の事を書いた理由はあるメディアで「731部隊は都市伝説である」という論調がなされていたからである。このメディアは自ら保守を名乗るだけあって中国・韓国による歴史の捏造については中々立派なモノもあるので時々拝見しているのだが、こと731部隊に関しては全くお粗末としか言いようがない代物だったのだ。確かに731部隊の正式名称である関東軍防疫給水部という組織はあったが、ここは...続きを読む

戦後を逃げ延びた白衣の悪魔たち(3)

2016/08/07 14:12:47 | 日記 | コメント:1件

満州から日本に引き揚げて十年以上たった頃、祖父から「お前これ見てみろ」と新聞だか雑誌を渡された祖母は有名な心臓外科医の特集記事が掛かれているのを見つけたのだが、その名前に目をやるとアッ!と驚いてしまったらしい。そこに書かれていたのはS教授(当時は助教授くらいだろうが面倒なので教授と書く)の名前だったのである。このS教授はハルピン常駐の隊員ではなく、日本国内から出張と言う形で頻繁に来ており(こういう...続きを読む

戦後を逃げ延びた白衣の悪魔たち(2)

2016/08/06 07:07:45 | 日記 | コメント:0件

筆者の祖父は梅田徳次郎という名前で、当時の多くの日本人同様に大した学の無い人間だったが、731部隊長である石井四朗と同郷という縁で下級隊員(軍属)として徴用され、庶務や運転、伝書鳩養育など何でも係として従事していたようである。最初の勤務先は部隊本部のあるハルピン郊外の平房だったが、やがてハルピン駅近くの支部に勤務となり、祖母と4人の子供たちともども市内の馬家溝(まじゃこう)という白系ロシア人が多く...続きを読む

戦後を逃げ延びた白衣の悪魔たち(1)

2016/08/05 06:55:08 | 日記 | コメント:2件

西新宿の高層ビルの中にS記念クリニックという有名な医療施設がある。このSというのは数多くの難手術を成功させた心臓外科の権威であり、また医大教授として日本医学会の重鎮でもあった人物の苗字である。おそらくある一定年齢以上の方ならS教授の名前をお聞きになった方も多いのではないかと思う。しかし筆者の一族、正確には母方の一家にとってはS教授の名を聞くと世間とは少しばかり違う印象を持つのである。そして筆者は昔...続きを読む

海の上の黄金郷

2016/08/04 13:52:03 | 日記 | コメント:1件

マカオの高級ホテルに就職が決まった従姉妹ボーヤが出国前の挨拶ということで我が家に来た。ビザを獲得次第すぐにマカオへ飛ぶ契約のため、あと数日しか時間的余裕が無いとのことである。さてお前は一体いくら給料がもらえるのか?と聞いたところ、なんと昨年まで働いていたドバイのアメリカ系ホテルの50%増しと好待遇なほかに、寮や諸々の手当てが充実しているのだとか。中国人観光客の大量流入でマカオ経済も随分とよろしくな...続きを読む

旅の虫が鳴く瞬間

2016/08/03 11:55:21 | 日記 | コメント:1件

級友H君がまた旅に出た。T君はつい2か月前に筆者ら夫妻と沖縄で投合したばかりなのに、今回はクアラルンプールからペナンを経てチェンマイに移動し、チェンライやメーホンソン、メーサイなどしらみつぶしに訪れたうえに現在はミャンマー国境近くの全然聞いたことがない町にいるのだ。T君と出会ったのは今から30年前近く前のバンコク・ヤワラートにある安宿で、それから筆者はお堅いメーカーのサラリーマンとなって香港に定住...続きを読む

サウジアラビア版『蟹工船』

2016/08/02 08:08:35 | 日記 | コメント:1件

数日前にサウジアラビアにいる義弟フランシスが警察の取り調べを受けていると聞いて驚いてしまった。フランシスは知的で温和なタイプでモノを盗んだり人を傷つけたりする様には見えなかったからだ。女房の説明をいくら聞いても要領を得ないので義妹アイリーン(女房の妹でフランシスの妻)に連絡を取ったところ、「今から新聞記事を送るからそれを見て」と言ってメールボックスに来たのが下の写真である。「7カ月もの給料遅延に従...続きを読む