植松聖ってなんか違和感が・・

2016/07/31 10:58:18 | 日記 | コメント:0件

相模原の大量殺人者の出自に関する筆者の日記を読んでいただいた方から「お前はネット右翼の釣りに引っかかっている」という指摘をいただいたので早速調べてみたところ、正にその通りであることが判った。どうも初歩的な早合点をしてしまったようである。それでネットに上がる情報をもう一度集めて筆者なりに植松聖容疑者について整理することにしたのだが、これ・・見れば見るほどかな~りヤバいんじゃないか・・と思えてきたのだ...続きを読む
スポンサーサイト

海外で拘束される運命の名

2016/07/30 10:50:45 | ニュース | コメント:2件

中国滞在中の日本人が突然連絡が取れなくなり、どうやら公安当局にスパイの容疑で拘束されたのではないか・・というニュースが話題になっているが、この人物が7つある日中友好団体の1つのトップを務める人物だと聞いて驚いてしまった。皆さん良くご存じの通り友好団体は長きにわたって中国のスパイ活動の温床であり、ここに日本側のスパイが入り込むことなど100%不可能である。そんな人物を拘束したとすれば中国は外交的に相...続きを読む

出そうで出ないラムネの玉

2016/07/29 11:57:42 | 日記 | コメント:5件

香港や深センの飲み屋で会社の先輩たちと週末に一杯やると、彼らの口からは何処で余生を送るのか?という話題が度々出た。年金は結構な額が貰えるし子供たちもみな学校を出ていて金はかからないから溜まっていくだけ、それに人間いつになってもトキメキは必要だよ。そこで出てくるのが老後は海外で!という話で、タイやマレーシア、ハワイやオーストラリア、果てはスペインまでいろんな国の名前が挙げられ、やれ物価はどうだ!とか...続きを読む

犯行予告、大麻、刺青、措置入院、そして・・・・

2016/07/28 09:56:49 | ニュース | コメント:7件

相模原の障害者施設に侵入し19人を殺害した植松聖容疑者のツイッターが今でも生きていると知ったので中を覗いてみたのだが、その余りの中身の無さに呆れかえってしまった。ふつう大量殺人犯と言うと沸々とした怨念とか超人思想、独りよがりなヒロイズム、あるいは歪んだ愛情など常人とはかけ離れた感情が読み取れそうなものだが、この植松聖と言う男のツイッターからはそういったものは微塵も出てこないのだ。※この写真は植松聖...続きを読む

詐欺師の新しい飯のタネ

2016/07/27 11:13:11 | 日記 | コメント:2件

筆者の会社員時代の同僚で現在は詐欺師まがいのコンサルタントになったMがおかしな発言をしはじめたと共通の友人から連絡が入った。先々週に同期入社組が集まった際に何故だかMも現れるや飲み会の席でユダヤ陰謀論を騙り始めたというのである。旧交を温める場にも関わらずMは「世界はユダヤ人によってコントロールされている!」と叫びだし、皆が昔話に花を咲かせようとするのを遮って自説を滔々と論じ始め、せっかくの場を台無...続きを読む

さまようジジイ

2016/07/26 13:09:32 | 日記 | コメント:2件

先日の日記で隣の家に異常なほど臭い魚を食べる老夫妻が住みついたという事を書いたが、どうも単に臭いだけでなく爺さんの方はボケが出始めていることが判った。この爺さんは散歩が日課らしく良くアパートの建物の中を歩いているのは知っていたのだが、昨日筆者がゴミを捨てに行く際に爺さんが階下の1軒の家の玄関前に立って中をジーッと中を覗き込んでいたのである。あの爺さんの友達でも住んでいるんだな・・とその時筆者は思っ...続きを読む

刺青皇太子

2016/07/25 14:11:07 | 日記 | コメント:2件

タイ関連のニュースを見ていたらちょっと目を疑うような写真が見つかった。タイの王子が独ミュンヘンの空港に到着した際の写真なのだが、なんとランニングシャツにジーンズ、そして上半身にはおびただしい刺青が施されていたのだ。この皇太子は若いころに独裁軍事政権による民衆虐殺を支持したり、私生活では何度も結婚離婚を繰り返す、さらに最近ではストリッパー出身の王妃とのトップレスビデオが流出するなど素行に大変問題があ...続きを読む

毒ガス老夫婦

2016/07/24 14:00:24 | 日記 | コメント:2件

異常気象で猛暑が続くフィリピンでも快適な一瞬が訪れることがあって、この時期だと夕方に発生する雨がそれにあたる。こいつが来るとそれまでの蒸し暑さがウソのような涼しい風が吹き始め、加えて樹木のみずみずしい香りに心が洗われる思いがするのだ。ところが先月の終わりのある日、筆者らが夕立の心地よい風を楽しんでいると、突然鼻腔に強烈な臭いが襲ってきた。ウッ!な何だ!この臭いは!とソファに座っている女房の方を見る...続きを読む

韓国人が空港で謎の自殺

2016/07/23 11:35:40 | ニュース | コメント:3件

マニラ国際空港ターミナル3で入国拒否を受けて控室に待機していた韓国人がトイレで自殺したらしい。死んだのはアン・サン・カンという50歳の男で、この日台北からセブパシフィック航空に乗ってフィリピンにやって来たそうである。この韓国人がどんな理由で入国拒否を受けたのか?については記事に何も書いてないのだが、筆者が想像するにフィリピンに万単位でいる不法滞在者で。おおかた韓国で犯罪を犯して逃亡しているか悪質な...続きを読む

麻薬検査

2016/07/22 10:17:30 | ニュース | コメント:1件

たった1日の間にパンパンガ州で麻薬常習者1万人が警察に出頭したと聞いて驚いてしまった。ドュテルテ大統領の強硬策で麻薬密売は徹底的な打撃を受けているとは聞いていたが、1つの州で1日に1万人も出頭するとは一体フィリピンにはどれだけ麻薬常習者がいるのかとその闇の奥深さに恐怖心さえ抱いてしまう。さて学校が全生徒に対して麻薬検査を行うことも検討しているとニュースが報じているのを聞いた筆者はそれはグッドアイデ...続きを読む

ある階級へのレクイエム

2016/07/21 11:43:14 | 日記 | コメント:2件

永六輔が亡くなったというニュースを聞いた時に筆者は真っ先に亡父の事を思い出した。筆者の父親は永六輔よりも5歳ほど年上だが、なぜだか知らぬが永六輔と小沢昭一、そして野坂昭如の3人が好きで、テレビ番組などでこの三人が出てくると知るや愉快そうに見ていたのである。筆者の父親はテレビよりも書籍という御仁で、観る番組も時代劇くらいだったからテレビ黎明期の放送作家たちにシンパシーらしきものを感じるのも変なのだが...続きを読む

ドナルド・トランプ旋風の本質

2016/07/20 09:09:08 | ニュース | コメント:2件

先日動画サイトでニュース番組を見ていたところ、あるコメンテーターが「トランプを熱烈に支持する人たちにはプロレスファンが多い」と言うのを聞いて思わず吹き出してしまった。いやいやこれはまさに的を得た説明である。フットボールにバスケットボール、野球にアイスホッケーなどアメリカ人が熱狂するスポーツは数多くあるが、プロレスというのはかなり特異で、同じ格闘技系でもボクシングに比べると数段下というか社会の最も下...続きを読む

豚に真珠、猫に小判

2016/07/19 10:53:38 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

女房の生まれ故郷であるリサール州のど田舎町で年に一度のフィエスタ(お祭り)が開かれるので遊びに来いよ!と誘われた。ふだんは何にもない田舎町もこの日は出店があふれるし、各家庭ではご馳走を用意して親戚たちをもてなす仕来りだからさあぁ!と言うのだ。筆者もフィリピンに移住した最初の年は喜び勇んでフィエスタに参加したのだが、出店も30分ほど見ているうちにすっかり飽きてしまい、結局はただ単にメシ食って飲んでる...続きを読む

低次元ドキュメンタリー

2016/07/18 11:54:26 | 日記 | コメント:1件

一か月ほど前に滞在先の沖縄でBS深夜放送を見ていたらイスラム教徒に関する番組を放映していた。これはアメリカのテレビ局によって製作された長編ドキュメンタリーなのだが、筆者はこの番組を見ているうちに余りの内容の稚拙さに腹が立ってしまった。いや、これが本当に余りにも酷すぎるのだ。番組はアメリカに移住したイスラム教徒の子女たちに自分たちの祖先の文化圏についてどう思うか?という質問や、イスラム教徒たちが過去...続きを読む

トルコ軍の世俗主義を物語るエピソード

2016/07/17 09:47:27 | ニュース | コメント:3件

サラリーマン時代に筆者はイスタンブールに行く機会が数回あり、下町スルタン・マホメット地区の卸売街の商人相手にあの手この手で商品の売り込みを図って来たのだが、そこで出会った顧客の一人がムラット君である。富裕な商人の子として生まれ、名門私立大学からロンドン・ビジネススクールに進んだ典型的なトルコ人エリートのムラット君は何故だか30歳を過ぎてイスラム原理主義に目覚めてしまい、頭の中見はISISと大して変...続きを読む

家のすぐ傍に死体が・・

2016/07/16 12:23:03 | ニュース | コメント:2件

今でテレビを見ていたら「麻薬がらみの殺人事件がまた発生!」というニュースが流れていた。デュテルテの大統領選挙勝利以降、フィリピンでは麻薬取り締まりの強化で麻薬密売人たちは深刻な状況に直面し、仲間割れや口封じのため毎日どこかで何人もの人間が殺されているのである。しかしこの手のニュースに食傷気味になった筆者は「また殺人か・・」と適当に流していたのだが、アナウンサーが「パッシグ・・。○○○○○アヴェニュー・...続きを読む

これって結構あぶない病気なんじゃあ・・

2016/07/15 10:44:24 | 日記 | コメント:1件

我が家に遊びに来た21歳の姪イナが昼食の場で「ねえ、メトホルミンを1錠くれない?」と言い出した。メトホルミンン?お前なんでそんなクスリが必要なんだ?と聞いたところ、なんと医者からこのクスリを処方されていて毎日飲んでいると言うのである。メトホルミンは昔からある糖尿病のクスリで、インシュリンの分泌を即すのではなく肝臓における糖新生を抑制させるタイプであり、特に筆者の様な糖尿病予備軍には効果的だと言われ...続きを読む

映画館のアイスモナカ

2016/07/14 11:19:08 | 昔話 | コメント:5件

筆者は大学時代に映画サークルに所属していて、毎回ゴダールやフェリーニ、溝口健二などご高尚な映画好きな筆者は、ジョージ・ルーカスやスピルバーグみたいな低俗作品を熱く語る無教養なご同輩を徹底的にバカにすることで少しばかり優越感に浸っていたのだ。ところがある時に映画とは全く関係ない「映画館にいる時にどんな事が好きだったのか?」という質問をされた際に、映画と映画の間におばちゃんが売りに来るアイスモナカを食...続きを読む

ダバオ、ペナン、ハジャイ、那覇・・・

2016/07/13 11:22:56 | 日記 | コメント:1件

筆者の女房は性格的に温和で、生来あまり好き嫌いが激しい人間ではないのだが、不思議なことに時々「ここは絶対に嫌!」と言い出してしまう場所があるのだ。最初はフィリピンのダバオである。筆者は余生はダバオで過ごすことを決めていて、会社を退職した後すぐに女房と一緒にダバオに向かったのだが、滞在数日にして「あたしダバオの住むのは絶対にヤダ!」と言い出してしまったのである。その時はタガログ語が通じないとか思った...続きを読む

大昔のキャリアウーマンたち

2016/07/12 11:42:54 | 日記 | コメント:1件

エスター叔母の誕生会に参加するのは今回で三回目だが、毎回この会に顔を出すメンバーは筆者ら親戚グループとご近所さん、そしてエスター叔母の昔の同僚たちである。今から50年前、エスター叔母はパンパンガ州サンタアナの学校を卒業した後に一人でマニラに出てきて、そこでアメリカ資本の菓子会社の女工として働き始めたのだが、なんとその時の同僚たちとの付き合いは今でもずっと続いているのである。「あらっ!あんた段々とお...続きを読む

飛んで飛んで飛んで・・

2016/07/11 10:51:34 | 日記 | コメント:4件

日曜日はエスター叔母の誕生日という事で親戚一同がかき集められたが、筆者は相変わらず咳が止まらずに悪寒がするなど体調が悪かった。ゴホッゴホッ!と頻繁に咳をする筆者を見たダニー叔父(エスター叔母の夫)は「お前さんにピッタリの特効薬があるぞ!」と言ってキッチンの奥に消えた。5分後、ソファに横たわる筆者の下に現れたダニー叔父。その手には切り目の入ったカラマンシー4個とヘネブラというフィリピン産人のボトルが...続きを読む

豊かな国貧しい国

2016/07/10 12:04:06 | 日記 | コメント:2件

今から4年前にシンガポール人の友人から彼の娘が高校卒業の記念に香港に行くから食事に連れて行ってくれないか?と頼まれたことがある。なんでも日本料理が大好物なのでアンタの行きつけの店で寿司を奢ってくれないかね?というのだ。彼は親しい友人だったし、なにより18歳の娘さんとの食事だから楽しいに決まっている。それで早速筆者が一番美味いと思うワンチャイの寿司屋を予約した。現れたのは名門シンガポール大学に進学が...続きを読む

キューピーマヨネーズ

2016/07/09 12:17:53 | 旅行 | コメント:1件

今回の日本の旅では女房が工場見学に行きたいというのでトヨタ自動車から始まりサントリーや明治製菓、そして京菓子のおたべ本舗まで色んな工場を訪れたが、女房が最も感心したのはマヨネーズでお馴染みのキューピー伊丹工場である。この工場はJR猪名寺駅駅というすごく辺鄙な駅から10分ほど歩いていかねばならず、それに外部見学者向けの特別な建物があるわけでも無いのだが、その何とも素朴さ風情と如何にも大阪の会社らしい...続きを読む

ディナーと豚の餌

2016/07/08 08:13:54 | 日記 | コメント:3件

女房のクラスメイトのアイリンが10歳の娘エイミーを連れて我が家に遊びに来た。あまりの暑さに娘が泳ぎに行く事を所望したので、タダのスイミングプールがある筆者の女房の家で一泊過ごす決断をしたらしい。アイリンは今から10年前に短期間ながら香港に出稼ぎに来ていたことがあって筆者とも顔なじみなので遊びに来るのは大歓迎である。それで折角だから日本から買ってきた一番の土産物をアイリン親子に食わせてやるか・・と思...続きを読む

おバカな危機管理

2016/07/07 09:12:35 | 日記 | コメント:2件

バングラデッシュで邦人7人が殺害される事件が起こったことで、現地に駐在員を送り出している企業は安全対策のために妻子は日本に強制帰国、自宅からオフィスへの送迎サービスの徹底、さらに外食を避けるため料理人を雇う等々の抜本的な見直しを強いられそうである。生命の価値は平等とは言え、駐在員に万が一の事があれば金銭だけでなく社会的な責任を問われて莫大な損失を被ってしまうから企業も必死である。それに会社が従業員...続きを読む

またイチからやりなおし・・

2016/07/06 12:40:01 | 日記 | コメント:2件

先日の日記で2か月半ぶりにフィリピンに戻ったら顔なじみの猫たちがことごとく消えていた・・という日記を書いたが、実は消えていたのは猫だけでは無く、筆者の行きつけのマッサージ屋のネーちゃん達も同じなのだ。帰国の数日後に女房がクラスメイトと買い物に行くという千載一遇のチャンスを利用して筆者は自宅から歩いて5分の距離にあるマッサージ屋に出向いたのだが、これがカンバンに書かれた店の名前が変わっていることに気...続きを読む

イケないトムボーイ

2016/07/05 10:08:14 | フィリピン雑学帳 | コメント:7件

香港にいる女房の遠縁かつ幼馴染のカルメンが胃ガンかもしれないとの連絡が入った。現在病院で検査結果を待っているとのことだが塩梅は大変よろしくないらしい。カルメンは香港に20年以上も住んでいる出稼ぎ家政婦で、筆者ともそれなりに親しい関係にあったので正直ショックを受けている。さてカルメンが女房に贈ったメッセージには数年前からガンの温床となる糖尿病を発病していたのではないかと思わせる記述が数多く書かれてあ...続きを読む

ネコもたじろぐフィリピンの猛暑

2016/07/04 07:31:27 | 日記 | コメント:0件

筆者の住んでいるアパートには十数匹の野良猫が住み着いていて、生来猫好きな筆者は毎日猫に残飯を与えるのを日課としていた。中でもお気に入りなのは黒猫の親子と、隣のブロックに住むジジイ猫で、コイツらは筆者の気配を感じると遥か向こうから跳んでくるのである。それで日本から帰って来た筆者は猫たちにもお土産をやろうとイカの燻製など持って階下へと降りて行ったのだが、黒猫親子やジジイ猫に限らず顔なじみのネコが全く出...続きを読む

寝こんでます・・・

2016/07/03 01:11:59 | 日記 | コメント:5件

フィリピンに帰国してから約2週間が経過したがずっと体調不良に悩まされている。微熱が続き、咳が止まらず、なんだか肺の容積が1/3くらい減ってしまったのでは?と思うくらい息苦しい。昨年も5月ごろに同じ症状に悩まされ「このまま自分は窒息死するのではないか?」と焦ったが、日本に行って温泉に入ったらたちまち体調が良くなってしまった。そして今年も4月から2か月半ほど日本にいてピンピンしていたのに、マニラに戻っ...続きを読む

だらしない女マカオへ行く

2016/07/02 10:48:49 | 日記 | コメント:1件

女房の従姉妹ボーヤがマカオのホテルで正規採用されたという連絡が入った。この女は昨年までドバイのホテルで働いていたのだが現地で誰が父親だか分からない子供を孕んでしまい、堕胎するために仕事を辞めてフィリピンに戻ってきたのである。ボーヤの下半身がだらしないのは生まれつきの事で、高校生の時にクラスメートの子供を孕んで出産したのを皮切りに、旅行会社のOL時代に妻子持ちの同僚の子を産む、そして前回のアフリカ人...続きを読む