父親の葬儀代を踏み倒す女

2016/05/31 09:11:20 | 人間万華鏡 | コメント:1件

今日は女房の叔父ボウイの一周忌の日なので筆者と一緒に名護市内にあるカトリック教会へお祈りに行ってきた。10歳の時に母親を亡くした女房は一族の中で(当時は)一番裕福だったボウイ叔父の家に一時期預けられ、そこから学校に通っていたので親代りの様な存在だったのだ。しかしボウイ叔父も稼いだ金を全部ギャンブルに使ってしまい、おまけに奥さんに先立たれてからは結構貧乏になってしまったのだけど、それでも6人の子供に恵...続きを読む
スポンサーサイト

沖縄の深層心理

2016/05/30 10:53:39 | 旅行 | コメント:2件

中国ビジネスについて話した際に「同じ儒教の文化圏だからやり易いでしょう」と言われてエッ!と言葉を失ってしまう事がある。日本が儒教?あなたナニを言ってるんですか?と思い切り否定したいが、相手は自分がなかなか良い事を言ったと思っているフシがあり、こりゃ言い争いになるのは必至だからだ。礼儀や孝行、忠義といった儒教の思想は日本人にも広く行き渡っているが、この儒教を極め過ぎて空論に溺れ全く役立たずの人間、い...続きを読む

被害者の島

2016/05/29 11:17:26 | 旅行 | コメント:0件

沖縄北部にある水族館や遺跡へとバスを乗り継いで行くのが面倒なので一日バスツアーに参加してきた。それに料金は5000円と自分たちで行くより若干割安だし、おまけにバスガイドが車中で説明してくれるから筆者は翻訳してれば良いだけだ。しかし・・ガイドの口からは「在日米軍の75%が沖縄に・・」「政府の思いやり予算で米兵は沖縄庶民の倍の面積の住宅に・・」「敗戦の結果、沖縄だけが米軍の統治下に・・」といった説明が出てく...続きを読む

沖縄に怒られに行く?

2016/05/28 21:37:48 | 旅行 | コメント:1件

筆者が滞在しているウィークリーマンションは空港で出迎えサービスがあるので早速利用させていただいたのだが、運転手と車内で話している際に「あなたがメールでやり取りしていた○○さんですか?」と聞いたところ急にムッとした顔になり、いいえ私は違います!それにオフィスの連中がお客様と合うような機会は絶対にありませんから!と非常に投げやりな態度になってしまった。それまでは非常に上機嫌で「つい先日梅雨時期になっちゃ...続きを読む

値段が下がったのは良いけれど・・・

2016/05/27 11:06:29 | 旅行 | コメント:2件

モノレール小禄駅の真ん前にあるイオンモールのレストラン飲んでいた筆者のもとに女房が帰って来た。女房はいったん買い物を始めると長くなるので今回の旅からは別行動をすることにし、筆者はいくつかのツマミと泡盛のソーダ割りを堪能していたというわけだが、上機嫌の筆者と違って女房は何だか口惜しそうな表情をしている。おい、お前どうしたんだ?と聞くと「あ~!本当に悔しい!」と何度も何度も小声で叫ぶ。その仕草があんま...続きを読む

日本式おもてなし例外事案

2016/05/26 07:07:44 | 旅行 | コメント:3件

那覇の国際通りから帰ってきた女房が開口一番えらく態度が悪い店があって頭にきたわ!と言いだした。なんでもその店は自分が入っても笑顔どころかウエルカムの一言もなく、さらに店員に話しかけても自分は徹底的に無視されたのだ!と憤ってる。牧志市場南部一帯のスラム化した商店街のおっちゃんだって愛想が良いのに日本じゃ珍しいな・・と思ったが、晩飯の後で女房が「あの店よ!」と指差したのを見て思わず納得してしまった。中...続きを読む

赤いバックパック

2016/05/25 00:00:22 | 旅行 | コメント:2件

昨年秋に所用で東京の実家に滞在した際、屋根裏のガラクタ倉庫を整理していたら目の前に懐かしい品物が現れた。大ぶりな赤いバックパックである。このリュックは筆者が学生時代にアジアへと貧乏旅旅した際に背負っていたものだ。 筆者は最初メタルフレーム付きの登山用リュックを先輩から安値で譲って貰いインドを2か月ほど旅したのだが、こいつは案外と嵩張るのと見た目と違って容積がかなり少ないため代わりに新宿の旅用品店で...続きを読む

イカスミ焼きそばが恋しい

2016/05/24 09:14:49 | グルメ | コメント:4件

香港に住んでいたころ筆者ら夫婦で一時期ちょっとしたマイブームだったのが沖縄料理店であった。そこは自宅から歩いて数分の距離にあった「えん」という店で、もともと南国&黒潮文化圏という共通点からかここ供される料理はフィリピン人の味覚にも何となく合ったのである。美味しいわね!この豚肉の煮込みってなんて名前なの!と次々質問してくる女房の友人たち。今まで色んな日本料理店で食べてきた義妹(当時香港にいた)も一番の...続きを読む

酔っぱらいのピエール

2016/05/22 18:41:44 | 日記 | コメント:3件

筆者が最初にヨーロッパを旅したのは30歳に近くなった頃で、ある国際的な展示会へと数日参加したのだが、出張の後でその分の旅費だけ自腹払うと上司に掛け合って花の都パリへと向かう事にした。当時好きだった絵画を堪能するためである。滞在したブリタニックという安ホテルからオルセーとポンピドー、そしてルーブルへと巡り、夕方になったのでカクテル通には堪らないハリーズ・バーへと出かける事にしたのだ。かのヘミングウエ...続きを読む

美容液エスパー交信

2016/05/21 17:59:33 | 旅行 | コメント:3件

那覇市の国際通りの小道を入ったところをブラブラしていると美容液を山積みしている店が目の前に現れた。よく見るとここに置いてあるのは資生堂やカネボウ、コーセーなんかじゃなく全然知らないブランドの品物ばかりである。 この手の商品が好きな女房は直ぐに店に入り鷹の様な目で一品一品吟味し始めたが、しばらくするとオロナイン状の平たい瓶をジーッと見入り始めた。瓶の中には禁煙直後に喉の奥から出てくるまだら模様の痰の...続きを読む

オバマが来りて女が死ぬ

2016/05/20 11:29:13 | ニュース | コメント:3件

沖縄で先月末から行方不明になっていた20歳の女性が実は元海兵隊員で現在は基地勤務の軍属米国人に殺されていたというニュースで日本のワイドショーは大騒ぎである。オバマ大統領が来る直前だというのに!広島訪問時に謝罪の言葉が出るかどうか微妙な時期に!とタイミングの悪さを嘆く人、あるいは喜ぶ人など各人の思想信条によって意見はバラバラである。しかしこの光景を見て筆者はアレッ?と既視感に囚われてしまったのだ。そう...続きを読む

これって過剰警備じゃあ・・

2016/05/19 19:36:41 | 旅行 | コメント:1件

出雲から大阪に到着したその足で真っ先に自販機で缶ジュースを買った。なんだか高速バスの空調が悪いのかやけに喉が渇いたのである。缶からの中身を一気に飲み干し、さて空き缶を捨てるかな・・と思ったのだが、ゴミ箱を見て驚いてしまった。なんと穴の部分が紙でシールドされているのである。なんだよ捨てられねえじゃねえか・・。そしてゴミ箱に何やら紙が貼られているのでそれを読むと駅長名で「伊勢志摩サミットの特別警戒に伴...続きを読む

誇りを失った栄光の民

2016/05/17 20:42:09 | 旅行 | コメント:1件

大阪から約6時間バスに揺られ、出雲市駅前のホテルにチェックインした後で日本海という居酒屋へ入った。ここはノドグロが有名らしく日本酒が好きな筆者は矢も鉾もなくここへと入ったのである。はい、いらっしゃいせ!何名様でしょうか!。店に入るや否やそう問われて面食らったのが筆者である。なぜなら彼らの話す口調が完全な標準語だったからだ。考古学が好きな方、あるいは松本清張の傑作「砂の器」を読まれた方なら、西日本で...続きを読む

大財閥と大宗教家の点と線

2016/05/15 14:10:14 | 日記 | コメント:1件

奥の院まで続く2キロの参道沿いにある戦国武将達の墓を見て回っていると、ふいに住友本家の墓と言うのが目の前に現れた。ここ高野山には比叡山を焼き討ちにした織田信長からヤクルトなど企業が建てた墓まであるから住友家の墓を見つけても別におかしくとも何とも無いのだが、その時に筆者は「はは~なるほどね」と一人ごちてしまったのだ。うちの創業者はね、元々は山の民で炭焼だったんだそうですよ。だから「すみとも」っていう...続きを読む

爆買い赤信号への疑問

2016/05/14 10:39:05 | 日記 | コメント:3件

日本の深夜番組で中国人観光客による消費、いわゆる爆買いが低迷し始めたという話題でずいぶん長い事議論していた。観光は有効な外貨獲得手段だから筆者も小売店でWiFiや言語翻訳端末機器を増やすなどしてほしいのだが、この番組のコメンテーターとニュースキャスターのやりとりを聞いているうちに何だか違和感を持つようになってきた。日本の受け入れ態勢がなってない!政府のサポートが不十分だ!もっと税金を使え!などとまるで...続きを読む

無知との遭遇@高野山

2016/05/13 20:50:08 | 旅行 | コメント:1件

高野山の名所を一通り見た後、登山電車で下界へと降りていく最中に静岡から来た婆さんとその娘に話しかけられた。この二人は随分と多弁で、こっちが迷惑そうな顔をしているのも意に介さず一方的に喋り続けるのだが、何でも真言宗の檀家で何処かの宿坊に一泊泊まりながら高野山へお参りしてきたのだと言った。まーったく弘法大師は立派な坊さんなもんで、へー、日本各地にものすごい数の寺を作りなさっただに、へー、となんとも面妖...続きを読む

あれもこれも食えないなんて・・

2016/05/12 00:07:28 | 日記 | コメント:3件

大学時代の先輩と約30年ぶりに再会する事に成ったので京都から電車を乗り継いで神戸三宮まで出向いたのだが、待ち合わせ時間より早く到着した筆者は昨年の神戸滞在中に何度か足を運んだ美味い焼肉屋に予約を入れておく事にした。 この先輩とは大学時代よく一緒に飲みに行ったのだが、当時からかなーりのメタボな方であった。それに居住先の岡山からわざわざ出てくるのだから当然の如く神戸ビーフを食うに違いない!と元営業マン...続きを読む

レニ・ロブレドって誰?

2016/05/11 11:51:28 | 日記 | コメント:4件

フィリピンの大統領選は大方の予想通りダバオ市長デュテルテが当選を決めたようだが、副大統領の方はマルコスJrとレニ・ロブレド女史の接戦が続いていると聞いて驚いてしまった。レニ・ロブレド・・?誰だそりゃ?。そう、筆者はフィリピン居住者ながらこの女性候補だけはちっとも注意を払ってこなかったのである。彼女が現アキノ大統領から後継者指名を受けたマー・ロハス大領両候補とタンデムを組んでいる事は一応は知っていた...続きを読む

日本礼賛への違和感

2016/05/10 09:01:21 | 日記 | コメント:3件

GW中どこに行っても京都は人で溢れているのに嫌気がさした筆者ら夫婦は一日中テレビばかり見ているのだが、バラエティやドキュメンタリー番組で登城する「うーん!なるほど日本の技術は素晴らしい!」「世界が驚いたニッポンの実力!」と言った日本礼賛のオンパレードに違和感を持つようになってしまった。ちなみに筆者は今から22年前に日本を離れてから日本のテレビ番組と言うのは全く見てないので(香港でもマニラでもNHK...続きを読む

甦る日本のビッグスターたち

2016/05/07 21:03:24 | 日記 | コメント:3件

京都はまったく素晴らしいわ!こんなに美しい場所は無いわよ!とスカイプ電話で兄妹親戚たちにまくしたてる女房。その口からは京都の古寺や庭園、華道や茶道に西陣の華麗な振袖作りなどの話が飛び出て来るが(タガログ語が出来ない筆者でも耳で拾った単語から推測できた)、これらは実はすべては真実では無くウソである。現実的な筆者ら夫妻の日々を言うと、ここ一週間はゴールデンウィークで京都は何処に行っても人でごった返して...続きを読む

反日な二人の同床異夢

2016/05/06 22:38:11 | 日記 | コメント:2件

筆者の日記をいつも読んでいただいている方から「反日団体の目的は何なのか?」という質問をいただいたので足りない頭を絞って筆者なりの答えを考えてみた。前回の日記で書いた通り数多くの反日団体というのは全て容れモノなだけであり、その中に入りこんで実権を握ってるのは中世から続く日本の特定の階層と在日朝鮮人の2つだと書いたが、この2つのグループはやってることは似ていても全く別の目的を持っていると思っている。ま...続きを読む

反日団体という容れモノに入った2つの要素

2016/05/05 18:06:36 | 日記 | コメント:2件

先日の日記で在日朝鮮人が自分たちの立場をより強化するために労働組合から子供の人権を守る母親の会、さらには災害募金までいろんな活動に参加しているという事を書いたが、今日はその話よりももっと前の段階、つまり反日団体はどういう構造になっていて、そして在日朝鮮人たちがどういう位置づけにいるのか点について触れたちと思う。反日団体というと民主党や社会党、創価学会に特定メディア、西早稲田のビルにいる訳の判らない...続きを読む

赤旗と募金箱

2016/05/02 14:06:01 | 日記 | コメント:3件

昨日はメーデーとあって筆者の滞在している京都市役所付近はやけに賑やかであった。戦争法案を許すな!貧困者の人権を守れ!とアナクロなスローガンを叫ぶ左翼の方たちが何百人か集結してシュプレヒコールを叫んでいたからである。皆さんよくご存じの通り京都は共産党や旧社会党など左派勢力が強く、特に府庁や市役所、それと教職員などは人権団体に連動しているというか完全に一部として取り込まれてしまっているらしい。歴史が古...続きを読む

ドヤ街で仲間はずれ

2016/05/01 10:28:40 | 旅行 | コメント:1件

ゴールデンウィーク中の京都の余りの人の多さに呆れた筆者ら夫妻は大阪まで出かけることにした。とは言ってもユニバーサルスタジオなんか行けばもっと悲惨な目に遭うので、心斎橋から難波にかけて歩き、その後は女房を天王寺のキューズモールに残して筆者だけでディープな大阪巡りに出かけたのである。日本一の居酒屋である明治屋で絶品の日本酒を二号ほど呑み、西へと延びる新開筋商店街の横道から昔ながらの遊郭の風情を残す飛田...続きを読む