ペテン師の27年後

2016/03/31 08:50:02 | 日記 | コメント:2件

バンコクに長逗留している友人J君から「この人に見覚え有りませんか?」という写真が送られて来た。見ると2人のオッサンが写っているがK君によると右の人物だという。見たところ50代後半の様だが、その顔をジッと見ると確かに見覚えがある・・・。はて何処で逢ったんだろう・・と思っているとK君が「ヒデさんですよ!ほら!いつもホアランポーンのゴザ酒場にいた!」と助け船を出してくれた。そうだ・・。今から27年前に筆...続きを読む
スポンサーサイト

どケチな宴会幹事

2016/03/30 12:22:04 | 日記 | コメント:2件

日曜日の深夜にパンパンガ州サンタアナから帰って来た女房は筆者の顔を見るなり「あんた行かなくて正解だったよ」と言った。そりゃそうだ、こんな炎天下にガーデンパーティーやるなんて気がふれてるよ!と反論すると、そうじゃないのよ、今回は料理も酒も全然駄目だったのよ!という意外な答えが返って来た。このファミリーリユニオン(一族大会合)とは日本の地方に見受けられる従兄妹会と同じようなもので、現在60代になった従...続きを読む

出かける時は戸締りを忘れずに

2016/03/29 08:35:46 | フィリピン雑学帳 | コメント:5件

筆者ら夫妻は来週からしばらく日本に遊びに行くが、この期間の我が家の取り扱いを巡って親戚たちの間でちょっと不穏な動き、というか実にフィリピンらしいみっともない兆候があるので本日の日記にしたいと思う。不在の間に家のカギを預けるのはタイタイ市に住む義妹アイリーン(女房の妹)だが、ここ最近従兄妹たちから「二人が旅行中にパッシグのアパートはどうなっているのかしら・・?」と意図をぼやかした電話が度々掛かってく...続きを読む

噛み合わない映画談義

2016/03/28 12:25:46 | 日記 | コメント:4件

最近はホラー映画くらいしか見ていない筆者も大学時代は映画サークルに属していて、よく友人たちと名画座に出かけてはジャン・リュック・ゴダール監督の「勝手にしやがれ」や、ルキノ・ヴィスコンティの「地獄に堕ちた勇者ども」なんかを堪能し、その後駅前の居酒屋で長いこと映画談義に興じたものである。この2つの作品名を見てお気づきの方もいるだろうが、筆者らが好んでいたのは神保町の岩波ホールで上映されているような難解...続きを読む

殺しの季節がやって来た

2016/03/27 07:14:46 | フィリピン雑学帳 | コメント:5件

「ああもう嫌だ!1分1秒でも早く日本に行きたいわ!」。このところ女房が毎日何度も口ずさむセリフである。3日ほど前から気温が急上昇して暑くて暑くて仕方が無い事もあるが、女房が最も嫌悪しているのは昨日から地方選挙のキャンペーンが解禁なったからだ。5月9日にフィリピンの大統領選挙が行われることは日本にいる方も少しはご存じだろうが、実はこの日に選ばれるのは大統領だけでは無く、1人の副大統領と12人の上院議...続きを読む

シャブ中も拾う神様って・・・

2016/03/26 10:21:36 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

過去の日記で筆者の周りには従姉妹メイと従姉妹ジュミの姉という2人のシャブ中がいると書いてきたが、今回この不名誉なる称号にもう一人加わっていたことが発覚した。従兄弟クリスの妻ミシェルである。ミシェルのことは半年ほど前の日記で一度書いたことがあるが、夫クリスが豪華クルーズ船の料理人として世界を回っている間に間男を連れ込み、この男からセックスの他にシャブまで仕込まれて完全なるシャブ中になってしまったので...続きを読む

やっと抜け出せた・・

2016/03/25 11:55:55 | 日記 | コメント:3件

我が家に集まったエスター叔母と従兄弟ジャネルと従姉妹フィリンが困ったなあ・・という表情で話し込んでいるので、一体何があったのか?と聞いてみたところ、週末のパンパンガ行きのクルマが確保できないのだ・・と言いだした。筆者の女房の母方の家系は10年くらい前からファミリーリユニオンという一族大会合を年に1回開催していて、これは今や60代となったエスター叔母らの世代が子供の頃に一緒に遊んだ従兄妹たちとの親睦...続きを読む

敗北者の二度目の苦杯

2016/03/24 11:45:10 | 日記 | コメント:4件

一昨日の日記で筆者はシャープの事を随分と辛口に書いたが、実は筆者はシャープを自滅へと追いやった液晶事業に少しだけ関係したことがあるからなのである。長年香港で営業マンをしていた筆者も元をただせば理工学部の出身であり、大学卒業後は当時シャープと競合していたメーカーに就職して液晶部門に配属されたのだ。当時の液晶は半導体を超える巨大事業になると期待されていたが、プロダクトサイクルの導入期から成長期にかけて...続きを読む

フィリピンらしいおバカな一日

2016/03/23 13:08:06 | 日記 | コメント:2件

先日近所のジョー爺さんの喜寿のお祝いに行ってきたのだが、その際起こった些細だけれどもフィリピンらしいエピソードがあったのでご紹介したい。パーティー会場になったのはパッシグの公園内にあるレストランで、東京でいうと井の頭公園とか小金井公園の池のほとりにある食堂のようなものらしく、招待状には食事だけでなく公園内を散策することもできますよ!と書かれてあった。どうせ時間通りに来る人間などいないから筆者ら夫妻...続きを読む

ちょっと変なシャープ報道

2016/03/22 08:15:19 | 日記 | コメント:6件

台湾企業ホンハイによるシャープ買収について色んな情報がメディアで飛び交っているが、それらを読んでいても筆者はなんだか釈然としない思いがぬぐえない。というのは全ての記事がシャープの再建という切り口ばかりで書かれているが、現実には買収された側には何の選択手段も無くただ黙ってバラバラになるのを待つだけだという視点が欠落しているからだ。もちろんシャープは日本企業であり社員や関係会社の人たちが記事を読んでい...続きを読む

謎の保釈金支払い人

2016/03/21 08:19:01 | 日記 | コメント:1件

結婚と離婚を繰り返したあげくに出来た4人の子供を実の妹ジュミに押し付け、若い男とのセックスとシャブに耽溺しているロクデナシ女の事はこの日記で何度か書いてきたが、つい先日開催されたジュミの赤子の洗礼式になぜ実姉が顔を見せなかったのかがやっと判った。ちょうどこの時に留置場にいたのである。逮捕理由はシャブの密売容疑で、どうやら自分たちが使用しているうちに小遣いを稼ごうと密売人になってしまったたらしく、つ...続きを読む

葬式の続くアパート

2016/03/20 09:51:09 | 日記 | コメント:2件

先日の洗礼式の宴会の際に従姉妹フィリンが「ウチのアパート今日もまた葬式が出たのよね」と不気味な事を言い出した。フィリンはパッシグ市の川べりにある低所得者向け集合住宅に住んでいるのだが、気温の急激な上昇が始まったために住民が死に始めたと言うのだ。この集合住宅に住んでいる人間は勿論クーラーなど持っておらず、またエレベーターも無いために4階以上に住んでいる年寄りは慢性的な運動不足からくる成人病の患者が多...続きを読む

野球狂の詩

2016/03/19 09:34:00 | 昔話 | コメント:1件

筆者が通っていた高校は中央線沿線の長閑な住宅地にあって、毎日駅から高校まで15分の道のりを歩いて通っていたのだが、この道の途中に当時とても有名な漫画家が住んでいた。野球をテーマにしたメガヒット作品をいくつも世に送り出したM氏である。筆者は野球に興味が無いのでM氏の漫画はろくに読んでいなかったのだが、一緒に通学する友人たちはM氏の漫画の熱烈な愛読者が多く、家の前でM氏に出くわす度に「あー!Mさんだ!...続きを読む

中年女たちの援護射撃

2016/03/18 12:53:08 | 日記 | コメント:1件

従兄弟ジェンの子供の洗礼式典の後で久しぶりの親戚同士の飲み会になったのだが、酔っぱらった従兄弟ジャネルから「日本人はペドファイル(幼児性愛者)が多いのか?」という話が出た。どうも最近警察にとっ捕まって自殺した日本人のニュースを見たジャネルは日本人は変態だらけだ!と思ったらしい。正直言って「やっぱり出たか・・」という話題である。最初に覚えた日本語が「YAMETE!YAMETE!」というアダルトビデオ...続きを読む

無料託児所になった男

2016/03/17 09:21:19 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

先日の日記でフィリピン女と付き合う前に相手の家族の収入状況、そして長女とか一番下といった女の立ち位置を良く見極めないと女の家族をしょい込まされかねない!という事を書いたが、ちょっと正確を期して言うとこれは何も外国人だけが被害に遭わされる訳では無く、当のフィリピン人にも当てはまる事なのだ。例えば昨年亡くなったボウイ叔父は20年前までは内務省の役人として賄賂をたんまりもらっていて、奥さんも氷屋という副...続きを読む

これぞ天罰

2016/03/16 10:45:19 | 日記 | コメント:2件

香港人はバクチ好きで競馬やカジノにうつつを抜かす輩が多いのはつとに知られているが、最も多くの人を引き付けるのは当然ながら株式投資で、これは老若男女問わず香港人のほぼ80%くらいの人が金を突っ込んでいると断言できる。例えば筆者のいた会社でも二十歳そこそこのネーちゃんが1年分の給料を株式で回しているなんてごくごく当たり前だったのだ。しかし昨今の中国株の暴落で多くの香港人は過去の代供覧がウソのように頭を...続きを読む

アリが湧く時期が来た

2016/03/15 11:13:06 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

フィリピンでこの時期になると悩まされることの一つに蟻の来襲がある。ソファで本など読んでいてふと壁の方に目を見やると何かがモゾモゾ動いていて、傍によってよく見ると小さな蟻が3匹くらい壁をよじ登っていたりするのだ。エッ?あんた土管の中にでも住んでるの?と思われるかもしれないが、筆者のアパートは5階で一応鉄筋で出来ているし、その前住んでいたタウンハウスよりは遥かに環境的によろしい家なのだ。しかし生命力溢...続きを読む

シャブ中ターミナル

2016/03/14 11:14:31 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

筆者が住んでいるアパートは総戸数400を超える大規模住宅で、部屋面積は50平米と小さいが広々した共用スペースとスイミングプールやクラブハウスがあるため、30代の若い夫婦がローンを組んで購入するケースが多いようである。筆者から見ても住人はそれなりに上品であり、タイタイ市の旧宅の様に朝から晩までバスケットボールをやってるニートな若造など居ないので部屋の狭さを除けば筆者はそれなりに満足していたのだが、こ...続きを読む

フィリピン人が日本に出稼ぎに行くためには・・

2016/03/13 11:39:13 | 日記 | コメント:2件

義妹の親友マアンから突然電話がかかってきた。このマアンは現在35歳とそれなりに若いのに2人の娘と1歳の孫がいるお祖母ちゃんで、長いシングルマザー生活から抜け出すべく新しい男を見つけて再婚寸前まで行ったものの両親や娘二人の猛反対にあってつい最近泣く泣く別れさせられた可哀そうな女である。余りの寂しさに今度は筆者に手を出す気になったのか・・と一瞬思ったが、マアンの用件というのは日本で働くことを考えている...続きを読む

フィリピン女に出会ったら最初に聞いておくべき事

2016/03/12 07:04:59 | 日記 | コメント:4件

筆者の女房は3人姉弟の一番上で、おまけに母方の従兄妹たちの中では最年長者、また父方の方は2番目だが一番上の従兄弟ボンギンは一族のつまはじき者と見なされているため実質最年長であり、また生まれつきお節介な性格でもあるため本人含めて23人いる従兄妹たちの中ではボス的な存在として君臨している。これは幾つか便利な点があって、例えば○○を買って来い!と女房が命じれば皆おとなしく従うし、食事会やギュウギュウ詰めの...続きを読む

ベッドの上で水死する前に

2016/03/11 07:10:43 | 日記 | コメント:2件

本格的な夏の到来でフィリピンのメディアは「水分をもっと補給しよう」とか「毎日2~3回はシャワーを浴びるように」なとどフィリピン国民に呼びかけるようになった。先日の日記でも書いたがフィリピンの真夏は気温が36度や37度まで上がり、熱射病や脳梗塞で人がバタバタ倒れ始める危険な季節なのだ。ただし筆者はこの時期は家から外出する事もほとんど無いし、朝から晩まで冷房の効いた部屋でゴロゴロしているだけなのだが、...続きを読む

家庭内のゴタゴタで頓挫しそうな一族会合

2016/03/10 00:12:20 | 日記 | コメント:2件

女房の母方のファミリーリユニオンが迫ってきた。これは従兄妹会ともいうべき集まりで、全員60代を超えた彼らが子供や孫を引き連れて年に一度一緒に過ごす習わしなのだが、今回は家庭内のゴタゴタから女房の属する枝族(全体の1/8を占める)の参加人数は極端に少なくなりそうな気配になって来た。と言うのは毎年会場となるパンパンガ州サンタアナ在住で我が支族の事務局的存在であるエド叔父さんと2人の子供たちがフルシチョ...続きを読む

どんぶりの中のオアシス

2016/03/09 00:22:20 | 日記 | コメント:4件

昨日「マニラには貧乏な日本人旅行者の胃袋を満たそうという気概を持ったレストランが無い」という日記を書いたが、筆者の駄文を読んだ方から戴いた「アンバサダーホテルの前にそういうラーメン屋があったぞ!」というコメントを見た時に、オレは何を馬鹿なことを日記に書いているんだ・・と自分自身に呆れてしまった。筆者がフィリピンに移住したのは3年前だが、20年ほど前に赴任先の香港からマニラにしょっちゅう遊びに来てい...続きを読む

チェンマイの頑固な日本食堂

2016/03/08 00:03:48 | 日記 | コメント:3件

チェンマイあるサクラという日本料理店が同国テレビのグルメ番組に取り上げられたと同地に逗留している旧友K氏が教えてくれた。筆者もチェンマイに滞在するときはターペー門の近くにある同店を訪れることにしているので懐かしく見させてもらったが、K氏にとってはこの店にちょっと特別な存在なのである。K氏が毎年冬をチェンマイで越すようになってから20年以上たつが、その昔K氏から良く話を聞かされたのチェンマイのサクラ...続きを読む

アラブの不夜城が似合う女

2016/03/07 00:19:34 | 日記 | コメント:3件

半年前に出稼ぎ先のドバイから帰国したっきりの従姉妹ボーヤがまた中近東に出稼ぎに行くことを決心したらしい。この従姉妹はまだ30歳前だが2人の子持ちで、しかもそれぞれの父親がド貧乏の学生や既婚者で養育費は1ペソも貰えなかったためアブダビとドバイに出稼ぎに行ったが、そこでも誰だかの子供を身籠ってしまい堕胎のためにフィリピンに戻ったのである。手術後は実妹フィリンの家に居候をして自分の息子とフィリンの娘の面...続きを読む

今年もまた嫌な季節が来た

2016/03/06 00:13:12 | 日記 | コメント:2件

昨日までクーラー無しでも過ごしやすかったのに急に今日から蒸し熱く感じるようになってきた。どうやら遂に夏が来た様である。日本と違いフィリピンの夏は4月と5月で、昼間は気温35度なんてメチャ暑い日が続くのである。筆者は元来は暑いのが得意で、学生時代は猛暑期にインドやタイの路上を一日中ほっつき歩いても平気だったし、蒸し暑い香港の夏でもへたってる同僚を尻目にピンピンしていたのだが、3年前に移住したフィリピ...続きを読む

サウジアラビアの超ブラック企業

2016/03/05 00:28:45 | 日記 | コメント:1件

一昨日の日記で義弟フランシスの同僚ホセ・ルセロ(49歳)がサウジアラビアの職場で自殺してしまった事を書いたが、昨日義弟とメッセンジャーで今後の身の振り方などを話し込んでるときに、彼らの勤める建設会社がかなり危ないことが判って来た。2年前までこの会社は大変景気が良く、義弟も高額の給料と年間60日の帰国休暇を貰えるなど羨ましい待遇を享受してきたが、昨年1月にサウジアラビアの新国王が即位するや公共工事発...続きを読む

やっぱり祟られた

2016/03/04 00:03:44 | 日記 | コメント:3件

先日3回にわたって「死神と呼ばれた男」という日記を書いたところ、むち打ち症になってしまいました。痛くて痛くて首を1ミリも動かせず、キーボードに一文字一文字打ち込むだけでも首にジンジンと痛みが回ってきます。しかもこれが車に乗ってる最中に後ろから追突されたとか、首を変な風にねじったというのならともかく、ベッドに寝転がってパソコンで動画を見ている最中に首の後ろがズズズッというズレた感じがし、そして次の瞬...続きを読む

人生を清算した出稼ぎ労働者

2016/03/03 00:01:37 | 人間万華鏡 | コメント:1件

昨日サウジアラビアに出稼ぎ中のフィリピン人が自殺したというニュースがテレビに出たのだが、フィリピン在住の日本人のかたは「そんなマイナーなニュースを知る訳ないだろう!」と反論されるだろう。確かに同じサウジ在住のフィリピン人の生死の問題なら死刑確定囚の方へ興味が湧くのも当然である。しかし筆者ら一家の場合はこのニュースは特別の興味があるのだ。というのは自殺したホセ・ルセロという溶接工は女房の妹の旦那、つ...続きを読む

死神と呼ばれた男(3)

2016/03/02 00:03:57 | 日記 | コメント:1件

度重なる不幸を持ち込む死神Yを追い出せなかった理由はYが当時の担当役員と格別な関係にあったからである。いくら同期入社とはいえ役員と万年平社員じゃ友情など遠の昔に無くしているはずなのだが、この役員に幾ら掛け合っても「かつての上司をぞんざいに扱うとは君は人間として恥ずかしくないのか!」と一喝されて本題には一切進まずにお終いになるのが常だった。それで本社人事部に話を持ち込んだところ、筆者の後輩である担当...続きを読む