ミスコンだけは話が別

2016/01/31 12:38:28 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

ヌエバエシハ州に住む旧友メリーから「アタシの娘に投票してちょうだい」というメッセージが届いた。見るとそこにはフェイスブックのアドレスが添付されていて、クリックすると十数人のうら若き女性の写真がズラーッと乗っている。その中にメリーの娘キムの姿があった。どうやらこれはメリーの住む地域のミスコン大会の電子投票らしいのだが、筆者は首をかしげてしまった。つい2週間ほど前にキムはフィリピン版ロミオとジュリエッ...続きを読む
スポンサーサイト

二人の売国奴

2016/01/30 00:13:50 | 日記 | コメント:0件

やらないと言ってたマイナス金利を打ち出した日銀総裁、これでコイツの目的がはっきりした。世界中のカネがアメリカに流れ込ませ、刷りすぎて紙っぺらになりつつあったドルに信用を裏付けさせることだ。そのために就任以来一貫して円を壊し続けている。コイツを任命した安倍晋三も同じ穴のムジナ。積んできた年金をウォール街に巻き上げられ、円安による物価上昇で苦しんでいるはずの庶民は何故だか安倍を支持している。安倍の敵が...続きを読む

負のサイクルに陥るフィリピンの日本料理店

2016/01/29 00:01:41 | グルメ | コメント:1件

筆者が住んでいるアパートの近くにBという日本料理もどき店がある。わざわざ「もどき」を入れたのは、ウエイトレスが「この店は日本人がオーナーだ」と言い張るが怪しい限りであり、料理人はもちろん全員ともフィリピン人で、さらに店の内装や外観もフィリピン人が普段食べに行くそこそこ綺麗な店と言った程度だからだ。しかし交通渋滞の中をマカティに行くのは面倒だし、それにこの店はかつ丼やラーメンが一杯98ペソとずいぶん...続きを読む

恥ずかしくない終わり方をするために・・

2016/01/27 07:31:22 | 日記 | コメント:1件

今日1月27日は筆者の亡父の5周忌に当たる日だが、無神論者だった父は葬式も○○周忌の類も一切やるな!とデスノートに書き残したので筆者は日本にも帰らずマニラに留まっているのだが、神社に生まれて後を継がなかった父も何故だかキリスト教は力がある!と死の床で語っていたので、筆者は言いつけを破ってパッシグの教会にお祈りに行く予定である。筆者の父は酒も博打も女もやらない堅物で一体何が楽しみで生きているのか全く窺...続きを読む

ステンレスの皿で歴史考察

2016/01/27 00:00:24 | 日記 | コメント:2件

テレビの海外紀行番組でヒゲを生やした男たちが料理を作っているのを料理好きな女房は興味深げに見入っていた。ガラムマサラを混ぜ合わせる、鶏肉にヨーグルトとスパイスをまぶして揉むシェフの手さばきが映し出され、最後は大小のステンレス皿にそれぞれの料理が乗せられてインドの定食ターリーの完成である。見るからに旨そうなので女房に本格インド料理の作成を命じたところ、女房はオーケーッ!と軽く答えた後で、だけどどうせ...続きを読む

危ない鍋に首ったけ!

2016/01/26 00:03:04 | 日記 | コメント:2件

ケシの実を使った火鍋を供したとして中国・安徽省や広東省にある35店のレストランに強制捜査が入ったと言うニュースをCNNが流していた。これらの店は元々あんまり美味しくなくて儲からなかったため常習性のあるケシを料理に混ぜることで顧客のリピート率を上げていたという話である。このニュースを見た多くの人は「まったく中国人はどうしようもない!」「奴らは儲かるためにはどんな悪事だって働くんだ!」と極悪人を見るよ...続きを読む

味覚の幅が異常に狭い人種

2016/01/25 00:28:43 | 人間万華鏡 | コメント:3件

昨日の日記で20年以上前の韓国人の彼女の事を書いたところ「一緒に居続けたら韓国料理ばかり食べさせられるから別れて正解だよ」というコメントを頂いた。確かにその通りである。外国人と長らく商売をやって来た筆者は外国人が宗教上の理由で食べ物の選択肢が狭いのは重々承知しているが、韓国人の味覚の幅の狭さは明らかに異質だからだ。筆者は食いしん坊で世界中の色んな料理を楽しむ人間であるが、一方韓国人の彼女はというと...続きを読む

貧乏神からのプレゼント

2016/01/24 00:23:31 | 日記 | コメント:2件

先日リサール州タイタイにある旧宅へ久しぶりに寄った際に年前香港から送った古い荷物を整理していたところ懐かしい品を見つけた。とっくにどこかに行ってしまったと思っていたモンブランの万年筆である。この万年筆は今から21年前に当時付き合っていた韓国人の女から誕生日プレゼントとして貰ったものなのだ。この女はリー・ヒョンファ(李賢和)といって筆者より2歳年上の飲み屋のホステスで、筆者が赴任のため香港に到着した...続きを読む

ヤドカリの様な女

2016/01/23 00:00:09 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

義妹の娘イナが大学を卒業したのでさっそく就職活動を開始しはじめた。コイツは4年次を1年半かけて卒業した劣等生だが一応会計学を修めているので就職はかなり有利なそうである。それに大手製薬会社の経理マネージャーを務めている従兄弟ラフィーがいて、職場のポストが空き次第イナを推薦すると言ってくれてるから就職はご安泰だとずっと思っていた。ところがイナはマリキナとかパッシグ東部などの会社に当たりを付けていると聞...続きを読む

他人の不幸は蜜の味

2016/01/22 00:00:17 | 人間万華鏡 | コメント:1件

マニラでパンク野郎に引っかかったキム(※)は母親メリー(※)と叔父たちの手で強制的に故郷ヌエバエシハへと連れ戻れ、携帯もパソコンも使用不可の軟禁状態に置かれていると聞いた。それに家から出ないように親戚たちが交代で見張っていると言うから、おそらくキムは一度か二度ガラス窓をぶち破って脱走を試みたに違いない。一方、筆者ら夫妻は所用で半年前まで住んでいたタイタイ市の旧宅に2~3日滞在することになったので、こ...続きを読む

戦前に天皇を讃えた人たち

2016/01/21 10:00:18 | 日記 | コメント:0件

筆者は終戦直後の日本の混沌とした時代に興味を持っていて、戦後外地から帰還した旧陸軍将校らによる秘密工作やGHQとの協力による対共産圏への情報活動などをテーマにした本をよく読んでいたのだが、こういった歴史の暗部に登場する人たちの中に不思議な集団がいることに気がついたのだ。それは田中清玄や水野成夫といった元々は戦前の日本共産党の幹部でありながら獄中で思想転向し、後に右翼や財界人として暗躍したフィクサー...続きを読む

天皇訪比で思う事

2016/01/20 00:05:53 | 日記 | コメント:1件

天皇夫妻が1月末にフィリピンを訪問するというニュースを聞いた親戚たちは「嬉しいでしょう」とか「式典には参加するの?」などと聞いてくるので筆者は正直答えに困っている。それで一応は「香港時代ならともかく、こんな流れ浪人の筆者がお呼ばれするわけないだろ!」と答えるだけにしているのだが、実際は天皇って言われてもピンと来ないのだ。ちなみに筆者は朝鮮系でも左翼でもないし、日本は通常兵力を最低でも3倍に引き上げ...続きを読む

ふしだらな娘問題が飛び火

2016/01/18 22:31:34 | 日記 | コメント:1件

今まで何度も日記に書いてきた旧友メリーの娘キムの件でついにトバッチリを受ける事態になってしまった。パンク野郎と付き合っているのが発覚し2週間前に故郷のヌエバエシハ州に連れ戻されたキムは「故郷の大学に編入するのは了解するが学期の途中でマニラの大学を辞めたくない」と主張して半年だけの学業延長の許可を貰ったのに、マニラの戻るや学校へは行かずに男と何処かに遊びに行ってしまったところまでは前回の日記に書いた...続きを読む

騒音ファミリー

2016/01/18 00:05:49 | 日記 | コメント:2件

最近親戚たちとの付き合いが食傷気味になって来たので、筆者が住むアパートのクラブハウスで開かれた大学生の姪の卒業記念パーティーは少しだけ顔を出して後は自室に引っ込むことにした。それにエド叔父さんや義父ら酒飲みメンバーが今回はこぞって不参加なため、若い世代が中心の宴会となってしまい筆者にとっては退屈極まりないのだ。それで自室で長崎名産のアマダイの蒲鉾をつまみに黒霧島のお湯割りを飲んだあとは早めに眠りに...続きを読む

他人の家で祝い事をやっても平気なフィリピン人

2016/01/17 14:30:49 | 人間万華鏡 | コメント:1件

大学生の姪の卒業祝いパーティーということで前の晩から親戚たちが続々と我が家に集まってきた・・と聞くと2つほど疑問が浮かぶと思う。まず1つ目は普通フィリピンの卒業式は3月末なので時季外れじゃないか?という疑問だが、これは義妹は成績が悪くて最後の学年を終了するのに1年半(つまり3学期)かかったからである。2つ目は何で当人の実家ではなく叔母の家でやるのか?ということだが、これはパッシグ市の筆者のアパート...続きを読む

もうどうにも止まらない女子大生

2016/01/16 00:06:13 | 日記 | コメント:0件

筆者の旧友メリーの娘キムが男に狂って大学をサボっていたことが発覚し、激怒したメリーによって故郷ヌエバエシハに連れ戻された・・とう日記を過去2回ほど書いたのだが、本日また何でこんな事になったの?という事態が発覚したので続報を書きたい。夕方、女房が電話に向かってがなり口調で長電話をしていたので「一体どうしたんだ?」と聞いたら、なんと「キムと話してたのよ」と言う。はあ?お前ヌエバエシハに掛けてたのか?と...続きを読む

禁煙ピアスの効果って?

2016/01/15 00:05:47 | 日記 | コメント:2件

痩せるコーヒーとか怪しげなビタミン剤など健康アイテムに目が無い女房が今回引っかかったのがこちらの禁煙ピアスである。小箱の中から登場したのはちっちゃいビニール袋に入った2つの金属片で、ひっついてるのを引き離したのだが忽ちピシッと再結合した。ちっこいのに凄い磁気である。取り扱い説明書には「耳の内側と外側に相対するように貼ってください」と書いてあるらしく、さっそく女房が試してみたところ、1時間もすると軽...続きを読む

無能の人

2016/01/14 00:00:09 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

筆者はフィリピンに来てからは働いてないので人間関係の幅は会社員時代に比べるとかなり狭くなってしまった。普段付き合いがあるのは女房の親戚と隣人とごくごく限られた友人だけなので、彼らには色々と欠点もあるけれども出来るだけ良い面を観ようと心掛けるようにしている。例えば娘を置いて男と出奔してしまったメイという従姉妹がいるが、たとえ彼女が麻薬に溺れていようとも筆者の目の前に現れれば温かく家に迎え入れるつもり...続きを読む

祈っても祓ってもダメな場所

2016/01/13 00:02:19 | オカルト系 | コメント:1件

ネット放送で「ジメジメして水はけが悪い場所と言うのは如何なる方法を持っても家相をよくすることは出来ない。特に埋め立て地はどうにもならない」と有名な風水師が言っているのを聞いて、あれぇ~、こいつ間違ってんな・・と思ってしまった。今まで何度か日記に書いたが、筆者は4年前に香港で、1)墓地を見下ろす格好の、2)三角の形をした、3)霊道の通る、という三重苦のアパートに移住したため人生最悪の1年間を過ごすこ...続きを読む

フィリピン女の涙を信じるな

2016/01/12 00:22:55 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

フェイスブックを見ていたところルソン島中部ヌエバエシハ州に住む旧友メリーがなんとビナイ大統領候補と一緒に写っている写真がアップされていた(写真下)。しかもよく見ると一緒の車に乗っていて、それに何となく写真の雰囲気からはこれはメリーの車の様である。あの専業主婦のメリーがこんな超VIPと知り合いだったとは・・と驚いてしまった筆者は早速メリーにメッセージを送ったところ、あれはアタシたちが通りかかったらた...続きを読む

奈落の底へと突き進む女

2016/01/11 00:03:01 | 人間万華鏡 | コメント:0件

先日の日記で旧友メリーの娘キムが変な男に引っかかって人生転落しかかった・・という日記を書いたが、筆者の身近にいる女がもっと洒落にならな事になっている事が分かった。当年31歳になる女房の従兄妹メイである。この人物については過去何度か日記に書いたので「またか・・」と思うかもしれないが、新展開があったので今日の日記としたい。メイは大学生の時に男に引っかかって娘ニッキを産んだシングルマザーである。一応それ...続きを読む

時々正体を現す爬虫類

2016/01/10 00:00:06 | 日記 | コメント:2件

買い物に行くと出て行った女房が夜7時ごろに従姉妹フィリンを伴って帰ってきた。なんでもフィリンは公認会計士の勉強は一旦止めて会社で働くことにしたらしく、それでいくつかの会社に目星をつけたのだが、女房に客の振りをさせてその会社を訪問しサービスや価格などの競争力を知ろうとしたらしい。なかなか現金な女である。さてこの二人は帰り道に従兄弟ジェンの大衆食堂に寄り、そこでタダメシを沢山ご馳走になったので腹が減っ...続きを読む

遠大なファミリー・リユニオン

2016/01/09 00:02:20 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

フィリピンに来ると頻繁に聞く言葉にリユニオン(REUNION)がある。これは読んで文字の通り再び一緒になると言う意味で、学校の同窓会だったらスクール(アラムナイ)・リユニオン、親戚らとの親睦会ならファミリー・リユニオンというように使われるのだが、フィリピン人というのはとにかくこのリユニオンが大好きな民族なのだ。筆者らは4~6月の猛暑期に日本に滞在する計画なのでそろそろ準備を始めねばならないが、実は...続きを読む

美人大国フィリピンの醜い裏側

2016/01/08 00:06:18 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

従兄弟ジェンの経営する大衆食堂に寄った際にジェンの女房ジュミの姪で同家の居候であるチェルシーを見てビックリしてしまった。えらく太っているのである。こいつは現在19歳とまだ若く、3年前に初めて見た時には手足が木の枝の様に細くて掴んだら折れそうな感じだったのが、今やハムのようにムッチリと肉がついていた。お前いったいどうしたんだ・・と聞いたら、自分でも理由が判らないけれど体重がどんどん増えていくのだとい...続きを読む

突然炎のごとく・・・

2016/01/07 00:01:44 | 人間万華鏡 | コメント:4件

数日前の日記にしたレイテ島に男と一緒に行ったきり行方をくらましていた旧友メリーの娘キムについて新たな展開があった。レイテ島から帰ってきたキムは母親とひと悶着を起こした挙句に本日早朝に故郷ヌエバエシハ州へと連れ戻されてしまったのである。田舎から都会に出てきた芋娘がクリスマスを男と過ごすのは(親の視点からすれば)褒められはしないものの十分あり得る話じゃないか・・と女房に言ったところ、じゃあアンタはこの...続きを読む

人間ってホントに醜いね

2016/01/06 00:07:37 | フィリピン雑学帳 | コメント:3件

大晦日の前の日にリサール州の田舎町に到着すると、すでに集まった多くの人間の中に見慣れた顔がない事に気が付いた。エド叔父さんである。正確にはエド叔父さんは女房の母親の弟で、義父にとっては義弟に当たるだけの関係なので、女房の父方が溢れるこのリサール州の田舎町とは関係が無いのだが、毎年この家で開かれるニューイヤーパーティーには参加しているのだ。義父とエド叔父さんは義兄弟であるだけでなく昔から性格的にウマ...続きを読む

クリスマスもニューイヤーも来ない家

2016/01/05 00:23:04 | 日記 | コメント:2件

大晦日から正月三箇日にかけて女房の実家のあるリサール州の田舎町で過ごしてきたが、最初の晩にいざ寝ようとしたところ義父が申し訳なさそうに「悪いけどリリーの家で寝てくれないか」と言われてしまった。大学生の姪がクラスメート(全部女子大生)を大勢連れてきてしまったため、朝までこの家は男子禁制と相成ったと言うのだ。義弟の家は他の親戚が押し掛けていてすでに満杯だしエアコンが無い。それで選択肢としては義父と一緒に...続きを読む

フィリピン人の嘘に惑わされるな

2016/01/04 00:00:12 | 日記 | コメント:7件

フィリピンの大晦日と言えば花火である。筆者が最初に経験したのは今から20年近く前の事で、当時エドサ・コンプレックスにあったエスペランザというバーで狙っていた女を取り逃がした筆者は店のママに誘われるまま彼女の家へと向かったのだが、その時タクシーで目撃したのは山火事と思うばかりに煙が濛々と立ち込めたマニラの風景だった。3年前にフィリピンに移住してからは大晦日は毎年リサール州の田舎町で過ごすことにしてい...続きを読む

新年エロ話始め

2016/01/03 00:02:14 | 日記 | コメント:1件

女房の実家で義父らと話している時に話題がたまたま従姉妹ローズアンと恋人の話になった。ローズアンは性同一障害、いわゆるトンボイというオナベで服装やヘアスタイルは完全に男であり、ビコール出身の可愛らしい恋人(もちろん女性)がいるのだ。フィリピンじゃ同性婚は認められていないが日本はどうかね?と義父が聞いて来たので、日本でも違法だか社会は彼らの権利を認めつつあるので、おそらく近年中に合法化するでしょう・・...続きを読む

垣根の低いフィリピン人

2016/01/02 14:17:18 | 日記 | コメント:3件

フィリピンでは人が集まると軒先や道にテーブルや椅子を置いて酒を飲むのが普通で、当然その際は地域住民とすれ違う事になるのだが、深夜まで大声で話そうがカラオケを大音量で歌おうが文句を言われる事は滅多に無い。これはフィリピン特有の垣根の低さから来る寛容さのおかげだ。それに近所の人間も同じ事をしょっちゅうやっていて、言わばお互い様の立場である事と、仮に隣の旦那が奥さんに言われて文句を言いに行っても、お前も...続きを読む