ダメな会社バリックバヤンボックス

2015/08/31 01:08:58 | 日記 | コメント:0件

テレビニュースで海外からの小包配送サービス「バリックバヤン」がトラブルに見舞われたというニュースが流れていた。関税を払うべき品物を紛れ込ませているケースが多いためフィリピン税関が抜き打ちで箱を開けて検査すると言い出したのだ。これに反発したのが海外居住のフィリピン人。俺たちと家族の繋がりを断ち切る気かと猛然と反発し、結局マンパワー不足でこんな料金じゃやれない!箱を開けたら税関職員が盗むだろ!とお互い...続きを読む
スポンサーサイト

チンドン屋エルサレムへ往く

2015/08/30 01:20:11 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

香港で出稼ぎ家政婦をしているノエミーが一昨日「突然」パッシグの我が家に表れた。なんでも所属している宗教団体キングダム・オブ・ジーザスクライスト(以下KLCと略)の世界大会に参加するためフィリピンに来たのだが、航空券の都合上マニラに一泊しなければならなくなったというのである。筆者はつい先月に香港のノエミーの家に厄介になっていたのでもちろん大歓迎である。しかし同行者の2名(同じく香港KLCの代表団)を...続きを読む

BERだから涼しい!

2015/08/29 01:03:50 | 日記 | コメント:2件

ここ数日はエアコンをつけずに眠れるくらい涼しくなってきた。日中の気温も28度とか29度である。もちろん南国だからTシャツに短パン姿でいることに変わりはないが、昼間に外出しても消耗しないで済むのが何よりもうれしい。しかし毎日雨が降っているので「涼しいのはまた台風でも来てるからか?」と掃除中の女房に訊いてみたところ、「違うわよ!バーだからよ!」と変な答えを言った。バー?それはタガログ語なのか?と訊き返...続きを読む

この日記封印します

2015/08/28 01:23:05 | 日記 | コメント:3件

ここには「死神と呼ばれた男(1)」という日記が書いてありましたが、後編を書いているうちに昔のことを思い出して不快になったのと、テレビが壊れる、犬のクソを踏む、痔が突然と痛む、体中が何故かかゆくなる、女房が体調不良になるなど変なことが起こり始めたため、日記の後編のみならず前編も封印することにしました。どうも本日記の主人公である死神Yは文字にしただけでも不幸のオーラをまき散らし続ける霊力がある様です。...続きを読む

タダより怖いものはない

2015/08/27 10:41:43 | 日記 | コメント:0件

先日香港・中国まで出かけた際の航空運賃の話をしていたら、話を聞いていた従姉妹ミレットが「えっ?1万1千ペソぽっちで往復出来るの?」と驚いていた。出来るも何もキャセイパシフィックで16日以内なら244ドルである。それで短期旅行ならPALよりもキャセイの方がお得だよ・・と言うと、ミレットは夫ラフィーを振り返りながら「だったらアタシたちも香港にいこうかしら!」と嬉しそうに叫んだ。ミレットが祖母ら御一行様...続きを読む

エンジェル・ロクシン

2015/08/26 11:15:09 | 日記 | コメント:3件

フィリピン人と話していると、あんたはフィリピンで誰が一番美人だと思うか?ということを良く聞かれる。相手にしてみればとば口を見つける何気ない会話だと思っているのだが、普段寝っ転がって美女ばかり見ている筆者はマヤ・サルバドールとかサム・ピント、それに相手が名前も知らないであろうモカ・ガールズのメンバーの名前を挙げるのである。さて隣人たちが好きなサラ・ヘロニモとかマリアン・リベラにキム・チュー、もしくは...続きを読む

ペナルティボックスにいる女

2015/08/25 09:07:11 | 日記 | コメント:2件

娘をほったらかして男と出奔していたメイが実家に戻っているという話を聞いた。えっ!本当かよ?。姿をくらましたのは3月末だから5か月も逃避行してた計算になる。しかしそのあと申し訳なさそうな表情で「いや実はアンタに言わなかったんだけれど、実は7月半ばには帰っていたのよ」と女房が言った。親戚付き合いが非常に密なフィリピンでは、車で10分の距離に住んでいながら1か月も顔を合わせないという事自体が稀である。そ...続きを読む

耐えられない一日

2015/08/24 08:46:54 | 日記 | コメント:0件

筆者の女房にはキッチン用品好きという奇妙な趣味がある。ふつう女性なら洋服とかバッグ、化粧品の類に目が無いモノだが、女房は日本のかっぱ橋や千日前道具屋筋の専門店に行っては何十種類もある鍋の蓋を一つ一つ手にとっては興味深げに眺めているのだ。香港に行けば竹製品の蒸しセイロや中華鍋、バンコクに行けば青いパパイヤを綺麗に皮むきする面妖な道具などをしげしげと眺めて、あまり熟考する事無く買い込むので、我が家には...続きを読む

フィリピンで食い物に困ったらコレを食え

2015/08/23 01:28:02 | グルメ | コメント:4件

過去の日記でたびたび触れているが、フィリピンの料理の不味さというのはアジアでも群を抜いていて、レストランに行くたびに「あー・・また失財した・・」と深いため息を吐き続けることになる。これは特定の料理やある地方だけでなくフィリピン全土のレストランが不味いという意味であり、ヨーロッパだとドイツやハンガリーに匹敵する非グルメ大国を思っていただくと良いだろう。しかし幸いなことに筆者の女房は料理好きな上に20...続きを読む

国民的英雄の隠し子が実は・・

2015/08/22 11:16:47 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

引っ越し作業を終えて義弟と一緒に酒を飲んでいると、テレビ画面にアドルフ・ヒトラーの演説シーンが映し出された。ちょうど第二次大戦が終わった日だったのでどうやらBBCのドキュメンタリー番組からショートフィルムを頂戴して流していたようだ。と・・義弟が筆者に「アドルフ・ヒトラーの本当の父親が誰か知ってるか?」と聞くので、本当も何もオーストリア郵便局の下っ端役人だろう・・と答えると、義弟は「表向きの記録では...続きを読む

良くある離婚のパターン

2015/08/21 01:12:03 | 日記 | コメント:1件

女房の従兄弟クリストファーが離婚するという話がもたらされた。この男は42歳の料理人で、数年前からマイマミ拠点の船会社に料理人として登録し、年のうち10ヶ月はカリブ海や地中海、アラスカから神戸と世界を股にかけているのだ。一体何があったのか?と義妹に聞いてみたところ、クリストファーの兄弟たちはあんまりハッキリ言わないんだけど、奥さんのミシェルは男とクスリにハマり込んじゃったみたいなのよ・・と意味ありげ...続きを読む

爆弾テロにも負けず・・

2015/08/20 01:03:48 | 日記 | コメント:1件

バンコクで爆弾テロがあったと聞いてタイ旅行を計画していた人たちは「旅をキャンセルした方が良いかしら・・」とうろたえている様である。それに掲示板には「支払い済み航空券と自分の命のどっちが大事なんだ!」「バンコクに行くことは死ぬことだ!」などとエキセントリックな書き込みが目立ちはじめた。バカらしい・・。だったらバンコクの人口1500万人のうち一体何万人が緊急避難していると言うのか?。こういった事件の際...続きを読む

この朝食が美味い

2015/08/19 11:11:56 | 日記 | コメント:0件

筆者がここ20年に渡ってほぼ毎日の様に食べ続けているものがある。それは香港式朝食というやつで、コーヒーとトースト、ハムかベーコン、それとフライドエッグかスクランブルエッグとここまではアメリカンブレックファストだが、それにインスタントラーメンを付けるのである。朝からインスタントラーメンですか・・?と呆れる人もいるだろう。実は筆者も同じで、初めて香港に赴任した頃に会社で麺をズーズーすすってる同僚たちを見...続きを読む

フィリピンで大きな家を買う前に・・

2015/08/18 10:36:58 | 海外移住入門編 | コメント:2件

大学時代の友人達にアーリーリタイアしてフィリピンに引っ越したよ!と言うと、ほ〜それは羨ましいですな・・という一言の後で「プール付きの大豪邸にお住みなんでしょうね」と言われる。彼らの頭の中では、フィリピンはかなり物価が安く、大きな庭のある大邸宅に偉そうに踏ん反り返っていて、家政婦に身体のどっかを念入りにマッサージさせてウットリしている筆者の姿が目に浮かぶ様である。それで昨今のフィリピン不動産価格の高...続きを読む

叛乱者たちの復讐

2015/08/17 01:18:47 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

宗教はアヘンと説くマルクス主義者が宗教で飯を食ってるだと?と当時の筆者は釈然としなかったが、先日長崎で大学時代の旧友が口走った「反日団体による日本プロテスタントの汚染」話を聞いた際に突如この昔話を思い出し、そして思い切り納得したのである。この友人が語ったのはプロテスタントの合同組織である日本基督教団が韓国のヨイド教会に乗っ取られてしまったという話だが、実は一昔前に韓国人が入り込む際に彼らの橋頭堡に...続きを読む

叛乱者たちは何処へ行った?

2015/08/16 01:08:54 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

筆者は高校時代は新宿・歌舞伎町を根城にコンパやディスコに性風俗店と遊びまくったので、大学では是非とも学生運動なるものをやろうと心に決めていたのだが、期待と裏腹に80年代半ばの左翼運動は下火どころか燃えかすになってしまっていた。今考えれば当たり前だが、当時の左がかった学生が直接対峙する中年層は60年70年安保世代なのだ。言わば左の本家本元達が実行部隊となって日本の左傾化を進行している真っ最中に、後から出て...続きを読む

近所で殺人事件が・・

2015/08/15 01:54:31 | 日記 | コメント:0件

パッシグに越してきたので歩いて5分の距離にあるエスター叔母夫妻に挨拶に行ったところ、なんと目の前の家に緑色のテントが敷かれている。ひょっとしてこれは・・と思ったが、ちょっと家の中をのぞくと大量の花束が飾られていて入口に棺桶らしきものが置かれていた。どんぴしゃり!葬式である。しかし家族以外は誰もいないし料理類も並べられてないから、ちょうど今から葬儀が始まる様だ。と・・そこへエスター叔母の旦那であるダ...続きを読む

バランガイキャプテンの憂鬱

2015/08/14 01:03:00 | 日記 | コメント:0件

フィリピンの行政システムの特徴にバランガイという最小の自治単位がある。これは日本でいうと東京都中野区本町2丁目自治会とか、光が丘のような大規模団地だったら11棟~15棟合同自治会といったものだが、日本と違うのはバランガイには市町村のような行政機能が付与されていて、公式な選挙で選ばれたキャプテンと7人のカウンシラー(評議員)で運営されているのだ。さて筆者の義父は数年前にリサール州の田舎にあるバランガ...続きを読む

カトリックの骨とアメリカの肉

2015/08/13 07:06:22 | 日記 | コメント:1件

香港に出稼ぎ家政婦として20年近く働いているノエミーとワンチャイの中華料理店で夕食を食べている時に会話が彼女の雇い主であるイギリス人一家の娘の教育方法になった。ノエミーの雇い主は夫も妻もオックスフォード出の弁護士で共に50代、香港では大手企業の顧問弁護士を何社も引き受けていて家賃120万円の超高級マンションに住む超エリートである。なお夫は40歳まで香港駐留の英国陸軍中佐だったと言うから、なんと無く謹厳...続きを読む

奇妙な果実売り

2015/08/12 06:10:18 | 日記 | コメント:2件

大阪の松屋町に借りたアパートから一路心斎橋へと歩いていた時ダンボール箱を積んだ台車を引きずった男が「あの〜すいません」と言った後で「私たちは新鮮なフルーツを販売している者です」と一方的に話し始めた。これには筆者ら夫婦はお互い顔を見合わせてしまった。と言うのは女房はどう見ても東南アジアの顔つきだし、二人とも歩きながら英語でずっと会話していたからだ。つまり若い男は外国人相手に日本語で売り込みしているの...続きを読む

フィリピン人のもう一つの祖国

2015/08/11 01:04:17 | 日記 | コメント:2件

フィリピン人と話をしていると「我々は高学歴だ」とか「我が国は貧乏だが社会は進んでいるのだ」といった言葉をよく聞く。まあどの国の人も「我々はダメな民族です」とか「我が国は低能だらけです」などと言うはずもないから、このこと自体は別段おかしなことではない。しかしフィリピン人のプライドについてその根拠を聞いていくとだんだん話が怪しげになっていくのだ。例えば中国人なら五千年の歴史や料理に華僑の存在など、各国...続きを読む

出口のないフィリピン人の口癖

2015/08/10 01:00:47 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

昨夜フィリピンに戻ってきて、我が家でエド叔父さんと義弟アベット、それに従兄弟ラフィーの4人で酒を人でいた時にフィリピンの最近のニュースの話をしていると、エド叔父さんが「お前はフィリピンはなぜ発展しないのだと思う?」と聞いてきた。またこの話かよ・・。フィリピン人と付き合いが長い方なら同じ経験をされた方も多いだろう。しかしもしもこの手の質問をされたことが無い方がいたら、相手の誘導に乗ることなくあまり深...続きを読む

楽園ゴアに沈んだ女流漫画家(2)

2015/08/09 09:39:56 | 日記 | コメント:5件

あの○○○○がいたのだ。なんでこんなジャンキーグループに?それに同行の男は何処に行ったんだ?。変だと思った筆者はそれでココに誘われるまま廃人予備軍たちのテーブルにつき、回って来たハッパなぞ吸いながら○○○○と話す機会をそれとなく探っていると突然と目が合った。「バスッとかジクジクって言葉を本で見つけるとゾクってするわよね・・」と筆者に話しかける○○○○。はぁ・・何を言ってるんだ?それに君はとっくに帰っているはず...続きを読む

楽園ゴアに沈んだ女流漫画家(1)

2015/08/09 01:28:45 | 日記 | コメント:0件

ヒマに任せて叔父の持病である統合失調症について調べていた時のことである。この病気に罹っている有名人のリストがあったので、それを見ていたら自殺した山田花子(芸人とは別)ともう一人○○○○という女流漫画家の来歴が書かれているのが目に止まった。山田花子のねじれた作品は読んだことはあるが、○○○○は全く知らない人物だった。しかし記事を読み進むうちに○○○○はゴアトランス音楽のマニアでインド・ゴアのアンジュナビーチを度々...続きを読む

九龍旺角奇譚

2015/08/08 02:29:24 | 日記 | コメント:0件

九龍半島の真ん中に有るモンコク(旺角と書く)で女房が友人と女人街へいくというのでしばし別行動を取ることにした。南北に走るネーザン道の西側に広がる買春地帯を久しぶりに覗いて見たくなったのだ。香港には連れ出し式ナイトクラブやHなサービスを施すサウナ、エスコートサービスなど風俗店は数多くあるが、一番ポピュラーかつ廉価なのは一楼一鳳という個人営業の買春宿とモンコクのポートランド街から新墳地街あたりにひしめく...続きを読む

香港のリトルマニラ

2015/08/07 01:01:24 | 日記 | コメント:2件

解約した預金を送金するために香港セントラルにあるワールドワイドハウスに行って来た。マニラに現金で持ち込んで両替するよりもこのビルにある業者を利用する方がレートが良いからである。ワールドワイドハウスはセントラルの金融街のど真ん中にあって、半径100メートルには世界中のありとあらゆる金融機関の本店支店が軒を並べているが、そこにポッカリと異空間の様に有るのがこのビルなのだ。上等なスーツ組の中に溢れるTシャ...続きを読む

愛人稼業の愛犬家

2015/08/06 01:01:13 | 日記 | コメント:0件

昨日の日記で登場した愛犬家グループの親玉らしき女(通称「玉姐」というのでココではお玉と呼ぶ」)が深夜ユン叔父の家に現れ「犬を3日間ほど預かってくれ」と言いに来た。なんでもしばらく旅行に行くのだという。ちなみにこの犬の預かりというのはグループメンバーの間では頻繁に行われていて特段珍しい事では無いらしく、お玉も高校生の娘と小学生の息子を連れて泳ぎにでも行くのだろう・・と思っていたら、なんと翌日にお玉の娘...続きを読む

中国愛犬家に告ぐ

2015/08/05 01:27:01 | 日記 | コメント:2件

筆者が厄介になっているユン叔父夫妻は犬を飼っていて、毎日散歩に出かけては犬友と「あらっ!おたくのワンちゃん今日はツヤがよろしいじゃ無いの!」などと犬の話に打ち興じている。まあこっちもヒマだから連中の犬の頭など撫でて時間を潰しているのだが、この犬友グループと一緒に食事をしている時に、何気無く食いカスの魚の骨をあげたら「アイヤーッ!」と叫び始めた。エッ?俺なんか変なことした?と一行の方へ振り返ると、女...続きを読む

バクチ打ちの沈黙

2015/08/04 18:18:35 | 旅行 | コメント:1件

深セン市からバスに揺られて3時間ほどの距離にある三水というのどかな街で1週間ほど過ごしてきた。ここは女房の叔母ルーシーが旦那のユンと一緒に引退生活を送っていて、前々から遊びに来いと誘われていたのである。このユン叔父は無類の博打好きで、九龍シャムスイポーで衣料問屋を経営していた際はしょっちゅう店を抜け出して競馬場に出入りしていたし、2003年のSARS騒動で不動産が爆下げした際には繁華街に物件を買いまくって...続きを読む