法外な家賃を平気で払う店

2015/07/28 07:55:27 | 日記 | コメント:2件

3年前まで毎週末に昼食を食べていた五箇山という店に行こうと思い立ち、コーズウエイベイのそごう脇に有るビルへ向かったらなんと潰れていた。またかよ・・。宇津木、天勝に続いて五箇山もか・・。これで筆者がお気に入りだった日本料理店はコーズウエイベイの寿司廣だけを残して全滅である。先日の日記でも書いたとおり、強欲な大家が過剰に家賃を釣り上げる為、香港では値段もそこそこで美味しい店というのはどんどん廃業に追い...続きを読む
スポンサーサイト

左派の系譜2

2015/07/27 01:36:34 | 事件と陰謀論 | コメント:3件

日本の富裕な家庭の出身者や国費留学のエリート達が共産主義に取り込まれる事なんかあるのか?と思うかもしれないが、コミンテルンの工作員が自伝で述べている様に、どの国でも重労働と搾取に苦しむ波止場のおっちゃんよりも社会を牽引しようと意気込むエリート達の方が共産主義に転び易かったそうだ。実際には何も出来ない頭でっかちな若造が社会正義という美名に感化されてしまうのは筆者も身に覚えがあるのであながち否定は出来...続きを読む

左派の系譜1

2015/07/27 01:29:45 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

知人のフェイスブックに日本を代表する進歩的文化人の鶴見俊輔へのお悔やみが書かれてあった。アナーキズムとプラグマティズムの伝道師、ベ平連、九条の会の発起人など日本の戦後左翼に多大な貢献をした鶴見だが、どうやら知人も彼の思想を受け継ぐ左翼の一人らしい。こう言うのを左翼の系譜とか左翼の遺伝とでも呼ぶべきなのだろうが、以前筆者は興味本位で彼ら日本の進歩的文化人たちの系譜を辿って行ったことがあって、そこで非...続きを読む

香港の食文化を壊すダニたち

2015/07/26 02:10:28 | 日記 | コメント:1件

約2年ぶりに香港に来たので昔通っていた広東料理屋で食事をしようかと出かけて行ったら潰れていた。じゃあ好きだった潮州料理はどうかと訪ねてみるとここも閉店・・。結局大して美味くは無いが見た目だけは立派な料理店で味気ない夕食を摂る事になった。全く香港はどうしようも無い・・。美味くて安くて客に人気がある店ほど強欲な家主に法外な家賃を要求され撤退に追い込まれてしまうのだ。筆者が3年前まで毎週のように食べてい...続きを読む

霊感犬サマンサ

2015/07/25 01:07:10 | 旅行 | コメント:2件

週末は海辺で泳ごう!と女房がいうのでラマ島(南Y島)にある親戚キャシーの家にやって来た。なんでも目の前が海という絶好の家らしく、イギリス人の雇い主が休暇で帰郷しているので使い放題だと言うのである。ラマ島は香港の金融街セントラルにあるフェリー乗り場から船で30分の距離にあるのんびりした島で、カントリーライフが好きな英米人たちがここに移り住んでコロニーを形成しているのだ。東京湾のど真ん中に八丈島があって...続きを読む

豪邸街に居座る強欲な悪党ども

2015/07/24 00:56:14 | 旅行 | コメント:2件

銀行口座のちょっとしたトラブルが発生したので永住ビザの延長も兼ねて香港に来ることになった。筆者ら夫婦は二人とも永住権を持っているが、外国籍の人間の場合は別条件がついていて3年に一度入国しないと失効してしまうからである。突然訪問を決めためお得なホテルは全部一杯だったので女房の親戚ノエミーの豪華アパートに泊めてもらう事にした。もっともノエミーは住み込み家政婦というだけだが、雇い主のイギリス人が一月半も...続きを読む

まさかこんなモノを美味いと感じるなんて・・・

2015/07/22 01:12:02 | 日記 | コメント:2件

エド叔父さんと義弟アベットが我が家に遊びに来たので、近所に住んでる従姉妹の旦那ラフィーも呼んで酒盛りをすることにした。ツマミは日本からたんまりと持ってきたし、酒の方もいつも飲んでるジョニーウォーカーや昔新潟県で働いていた時にさんざん飲んだ麒麟山など一通り揃えてあるのだ。さて筆者は初めからウィスキーを飲んでいたのだが、エド叔父さんが間違って筆者のグラスにプンタドールを注いでしまった。チッ!こんな粗悪...続きを読む

東京の地下空間の謎

2015/07/21 00:03:57 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

NHKのブラタモリの取材中にJR東京駅付近で巨大な空洞が偶然見つかったと話題になっているという。なんでも昭和40年ごろに当時計画のあった地下自動車道路の一部として掘られたらしい。しかし一度も使われたことはなく詳しい資料も残されていないのではっきりしたことは判らない!と東京メトロは説明したというのだが、これを聞いた筆者は「ウソつけ!この野郎!」と思ってしまった。地下鉄公団のような大企業が今から50年...続きを読む

フィリピン女たちの優越感

2015/07/20 11:25:53 | 日記 | コメント:0件

日本から帰ってきた翌日、さっそく女房の従姉妹たちがガキどもを引き連れて我が家に遊びに来た。目当ては日本の土産物で、明治チョコレートやグミとかいう菓子をもらったガキどもは大喜びで、それより年上の連中は明太子と紫蘇とクリームのパスタや甘鯛のさつま揚げ、チョーヤのさらりとした梅酒に舌鼓を打っては歓声を上げていた。さて女房と従姉妹たちが何やら話し込んでいるうちに「あのスラム街はなんていう名前なのだ?」と女...続きを読む

俺は詐欺師じゃ無いんだけど・・

2015/07/19 10:37:13 | 日記 | コメント:6件

マニラ行きのフライトで隣り合わせた福岡のオバちゃんと女房が英語で仲良さげに話し始めた。このオバちゃんは見ただけでその人の良さがにじみ出ている方だが、こう言っては失礼だが50台半ばと見受けられる年齢にしては中々英語がお上手である。二人は長らく話し込んでいたが、筆者のことは女房の説明がまずかったせいかずっと香港人だと思い込んでいた様である。しかし日本人だとわかるとフィリピンについて色々と聞きたい事が有...続きを読む

ニセ外人が見た日本の観光パワー

2015/07/18 00:14:19 | 日記 | コメント:3件

時間が経つのは早いもので、5月末に和歌山市に入ってから実に7週間もの日本滞在もあと数時間で終わりを告げることになった。それにしても今までタイやマレーシアに長期滞在しても帰国日にちっとも寂しそうな顔をしなかった女房が今や死にそうな表情で荷造りをしているのが何とも奇妙である。さて今回の旅で筆者は女房に英語で品物やメニューの説明をしているため店員たちからは外国人だと思われてしまい、彼らが下手糞な英語で話...続きを読む

名門焼肉店の虚像

2015/07/17 10:22:49 | 日記 | コメント:2件

筆者の女房は焼肉好きで、今回日本に来てから各地の名店で舌鼓を打ったが、1つだけ不満を感じているのは付けタレである。日本のどの店でも肉は最上等のモノを使っていて満足しているのだが、タレの方が女房のお眼鏡にかなわない様なのだ。筆者の女房は焼肉が大好きで、日本に来てから最低でも3日に1度はカルビやロースに舌鼓を打っているが、お前が今まで人生で食った焼肉で一番美味いのは何処だ?と聞くと、意外に思うかもしれ...続きを読む

博多山笠で野グソ

2015/07/16 12:21:39 | 日記 | コメント:3件

早朝5時前に博多・櫛田神社近辺の歩道で一番山鉾が出てくるのを今か今かと待っていた時の事である。傍にいた女房が目の前で一度ブルッと震えた後で筆者の腕を突いて「ウンコがしたい・・」と言い出した。あまえ・・あと2~3分で祭りのメインイベントが始まるというタイミングで・・、しかも早起きして石段の上という最適のポジションを確保したというのに・・。だけども女房のブルルンッ!という動きは段々と小刻みになっていく...続きを読む

臭マンコの悲劇

2015/07/15 07:09:13 | 昔話 | コメント:2件

先日の日記でワキガと足クサについて書いたので、今回は悪ノリついでにアソコが臭い女について書こうと思う。筆者は東京でサラリーマンをやっていた時には、帰宅方向とはあべこべの上野で遊ぶことが多く、給料を全部使っては広小路・湯島界隈のピンサロ、ヘルス、タイ人パブ、Pパブ、韓国エステへとせっせと足を運んでいたのだ。筆者の行きつけだったピンサロはいわゆる花びら回転サービスというやつで、椅子に座っていると女の子...続きを読む

足クサ族マバホン

2015/07/14 00:09:59 | 日記 | コメント:2件

長かった旅も終わりに差し掛かり、筆者ら夫婦は福岡市でお土産を買い始めた。ユニクロやギャップの洋服にフランフランのミニチュアアクセサリーなどを中心に女房は凄い勢いで買いあさっているが、これはやたらと多い女房の親戚へのお土産で、一見高級そうに見えるが実際は2000円以下の安物ばかりである。さて女房と一緒に天神にあるドラッグストアで資生堂のコラーゲンの素を探している時に、女房が「臭い消しの石鹸は何処にあ...続きを読む

奇形化する日本のプロテスタント

2015/07/12 21:08:30 | 事件と陰謀論 | コメント:3件

日本のプロテスタントが韓国に乗っ取られつつある・・。山口君の具体的な話を聞いて筆者は韓国人の目の付け所の良さに驚くとともに、事態の深刻さにすっかり恐れてしまった。日本では宗教の存在感が薄いからおそらく大部分の日本人は筆者を始めとしてあんまりピンと来ないのではないだろうか・・。ゴルバチョフが幼児期に洗礼を受けていたと公表したことで欧米諸国が急速にソ連との関係を改善し始めたように、西欧社会ではキリスト...続きを読む

不気味な赤い十字架

2015/07/11 15:52:16 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

筆者の友人で長崎県の自治労の幹部である山口君は、反日運動の実行部隊となっているのは日本国内のプロテスタントたちであると言い出したのだ。キリスト教が反日だって?そんな馬鹿な!と筆者は思ったが、驚くのは分かるけどコレは本当の事だよ・・と言った後で彼は非常に入り組んだ話をし始めた。良くご存じの通りカトリックと違ってプロテスタントの1つ1つの教会は私企業のようなモノで、アメリカの様に何百万人もの信者を集め...続きを読む

反日団体の正体

2015/07/10 17:15:29 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

長崎市・鍛冶屋町の狭苦しい焼き鳥屋で大学時代のゼミの同輩である山口君と杯を重ねていた際に奇妙な話を聞いたので日記にしたいと思う。山口君は被爆地長崎の出身ということもあって大学時代から朝日新聞と朝日ジャーナルを愛読し、Uターンで長崎県庁の職員になってからも仕事はロクにせず自治労の運動に精を出していた皆さんのイメージそのままの左翼である。オレは四半世紀もモノ売りに精を出していたというのに、お前は旗振っ...続きを読む

踊るワキガ女

2015/07/09 16:43:12 | 日記 | コメント:0件

来た日の豪雨とは打って変わって長崎市は晴天の日が続いている。しかし天気が良いのは嬉しいが気温は一気に30度近くまで昇り、坂道の多いこの街を歩くと汗だくになってしまうのが悩みの種だ。ここに来て気がついたのは中国人観光客が異様に多いことで、どこに行ってもやかましく叫ぶ連中の騒音に悩まされて仕方が無い。港を見たら上海からやって来た大きな客船が横付けされていたので奴らはここから吐き出されているようだ。さて...続きを読む

日本一の牛肉

2015/07/08 00:00:08 | 日記 | コメント:2件

今回の旅で最もよく食べているのは焼肉である。最初の日に和歌山駅前で入った全然客のいない店が意外にも美味かったのから始まって、大阪の心斎橋、南紀白浜、那智勝浦、神戸、そして鹿児島と2~3日に1度は焼肉屋でカルビやロース、牛タンを堪能しているのだ。しかしなんとまぁフィリピンにある焼肉に比べて美味いこと・・。日本に来たら寿司や刺身、懐石をたんまり食うぞと決め込んでいたが、女房が盛んにカルビを食いたい!イ...続きを読む

薩摩隼人のプライド

2015/07/07 05:56:31 | 日記 | コメント:3件

薩摩隼人のプライド ユナイテッド航空のマイレージ維持のため急遽スターアライアンス系統の航空会社に乗る必要が出来たため、何故だか割引率が大きくてホテルもベラボーに安い鹿児島に来たのだが、なんで大安売りなのか着いてから判った。連日連夜大雨なのである。 それでホテルの有る天文館付近をぶらぶら歩くだけの日々を過ごしているのだが、この街に来て驚いたのは物凄く活気が有る事だ。普通は地方都市というとシャッター街を...続きを読む

正しい歴史観を持つオヤジ

2015/07/06 00:35:36 | 日記 | コメント:5件

鹿児島市内のラーメン屋で女房と深夜飯を摂っていた時のこと、店に備え付けられたテレビから「台湾で抗日70年記念の軍事パレードが開かれた」というニュースが流れてきた。台湾の馬英九総統がそこで演説をしたらしいのだが、ナレーションでは「韓国や中国の同じようなパレードに比べるとずっと反日姿勢を抑えたモノになっている」と付け加えられている。とその時「なんだよ!戦っても無い台湾が反日だと!」「便乗しやがって!」...続きを読む

至高の美の前で行進する男

2015/07/05 00:44:16 | 昔話 | コメント:4件

営業を担当されたことがある方ならよくご存知だろうが出張先での接待というのは営業マンの能力が試される重要な仕事である。この場合接待する相手は顧客のことだと誰もが思われるだろうが、筆者の場合は顧客と同じくらいの頻度で身内を案内することが多かった。どの会社もそうだろうが数回に一回は必ず上司が同行するし、大きなプロジェクトの場合は社内の関係部署の人間や外注も一緒に連れて行くことになるが、こうなると営業はツ...続きを読む

偏執狂の夫から逃げ出したフィリピン妻

2015/07/04 20:27:29 | 日記 | コメント:1件

少し前の日記で女房の従姉妹ティナイがイギリス人の夫から酷く粗末に扱われていて、フィリピンに住む兄弟従姉妹達は夫が死んだ場合の財産相続について調べ始めた・・という話を書いたが、なんと夫が変死する前にティナイは家出してしまったという。父親の葬式に参加するための渡航費を出してもらえなかったティナイは居住先のスペイン・マラガからイタリアのミラノへ逃げたというのだが、はて・・ティナイに1セントの金も持たせな...続きを読む

壊れた器の唄

2015/07/03 05:15:32 | 日記 | コメント:4件

今日昼前寝ている時に女房の携帯が何度も鳴っているので筆者が出たところ、フィリピンにいる従姉妹ミレットがフェイスブックの画面に表れて今すぐ女房と話したいと言う。それで女房をたたき起こして携帯を手渡したら、ミレットが凄い勢いで何かをまくし立てた後でワーッ!と泣きわめくのが聞こえた。このミレットは普段は陽気な女で、大学で薬学の学位を取っただけあって中々聡明であり、夫ラフィーの浮気疑惑以外では感情的な顔は...続きを読む

若い男に飢えた中年女からの贈り物

2015/07/02 09:52:16 | 日記 | コメント:2件

トラブルとは入国審査である。これが入国カウンターで何分間も質問責めになるなんてのはザラで、酷い時には別室に連れて行かれて日本の運転免許証やクレジットカードを見せて自分が本当の自分自身であることを証明せねばならなくなったのである(しかも証明書や書類は全部日本語だから説明するのが大変だった)。それである時台北の入国管理官に一体自分は何の疑いでブラックリストに載っているのか?と聞いたところ、相手はちょっ...続きを読む

セックスに飢えた中年女の正体

2015/07/01 00:03:40 | 日記 | コメント:1件

先日ユーチューブで「よど号ハイジャックから26年」というビデオを見ていた時の事である。この番組は1996年に東海テレビが制作したルポタージュで、北朝鮮にいるよど号乗っ取り犯と日本人妻たちの素顔に迫っていて大変良くできているのだが、番組の途中で筆者は「アレっ?俺はこの人に会った事があるぞ!」と驚いてしまった。その人物とはよど号メンバー赤木志郎の妻である金子恵美子(1996年当時40歳)で、彼女の顔つ...続きを読む