ニューハーフ殺人でDNA鑑定がまさかの不一致!

2014/11/30 00:24:20 | ニュース | コメント:0件

今年10月オロンガポ市で発生したニューハーフ「ジェニファー・ラウデ嬢」殺人事件で予想外の事態が起こった。証拠品として押収された2個の使用済みコンドームから採取された「体液」を科学検査した結果、現在拘留されているアメリカ海兵隊員ジョセフ・スコット・ペムバートンとDNAが一致しなかったのである。オロンガポ市検察官は「今回のDNA検査とは別の証拠物件も考慮したうえで2週間以内に結論を出す」と公表したが、DNA検...続きを読む
スポンサーサイト

青いマセラティの男を追え

2014/11/29 00:23:51 | ニュース | コメント:0件

ケソンシティで交通整理員を殴って逃走していた容疑者がほぼ特定されたようである。ニュースによれば容疑者はケソン市バレンシアビルに住むジョセフ・ラッセル・インコという39歳の男で、木曜日の朝に左折禁止の交差点で左に侵入しようとしたところを交通警備員に見咎められ逆上した挙句に交通整理員の顔面を殴りつけた疑いで捜査されていた。さて同番組で交通整理員を統括するMMDA(マニラ首都圏開発庁)の担当者が「我々はたった...続きを読む

マニラの心霊スポット「オゾン・ディスコ跡地」

2014/11/28 12:29:06 | オカルト系 | コメント:0件

一週間ほど前テレビを見ていると、アナウンサーが「ついにオゾンディスコ事件の幕が下りました」というようなことを言っていた。フィリピン在住の方は良くご存じのとおり、この事件は顧客従業員合わせて162人が死亡したフィリピン史上最悪の火災事故で、被害者の遺族たちはディスコの経営者だけでなく店の営業許認可を出していたケソン市を訴えていたのである。1996年3月17日の深夜、ケソン市ティモグ・アヴェニューにあ...続きを読む

予想外に早い郵便局のSAL便

2014/11/27 00:41:01 | 旅行 | コメント:1件

1ヶ月前に「いつまで待っても来ないバリックバヤン」という日記を書いたが、今回はこれと逆の体験について書きたいと思う。バリックバヤンのあまりの遅さと箱をボコボコに変形させてしまう稚拙な荷物の取扱いに懲りた筆者は、今回の日本の旅では郵便局の航空便、ただし一番安いSAL便(エコノミー航空便)で購入したモノを送ったのだが、意外や意外、このSAL便が説明されたスケジュールよりぜんぜん早く来たのである。大阪の道具屋筋...続きを読む

大阪の幽霊ホテル(2)

2014/11/26 00:08:12 | 旅行 | コメント:1件

平成12年(2000年)9月20日、日債銀(現あおぞら銀行)の頭取が自殺…とそこには書いてあったのだが、その時筆者は「あっ!この事件か?」と思ってしまった。当時筆者は一回目の赴任を終えて日本に帰国していたので良く覚えているのだが、このニュースは当時の日本でちょっとした話題になったのである。この日記を読んでくださった方の中にも、あああの事件か!と覚えておられる方もいるのではないだろうか?本間という名の頭...続きを読む

大阪の幽霊ホテル(1)

2014/11/25 00:02:34 | 旅行 | コメント:0件

15日間にわたる日本の旅の最後くらいは良いホテルに泊まろうということで梅田のH・Iホテルに3泊することにした。実は旅行を思い立った時期が遅かったため東京と京都ではホテルの選択肢が余りに無くて、結局はビジネスホテルに毛の生えたような所しか予約出来なかったのだが(それでも両ホテルとも一泊18000円した)、20平米以下の部屋は如何にも狭苦しく、折角の初めての日本なのに女房に不憫な思いをさせてしまったな…...続きを読む

70年前の駅長への黙礼

2014/11/24 00:10:21 | 旅行 | コメント:0件

JR大阪駅を通りかかる際に筆者が黙礼するのを見て女房が「あんた一体ナニやってんだ?」と聞いてきた。ああコレか!実は俺の母方の一族はこの駅の偉い人に大変お世話になったんだ!。なので今だに感謝の意味を込めてお礼をしているんだよ!というと、女房は一体どういうことだ?とでも言いたげに首を傾げた。時は今から70年近く前の1945年の9月初めのことである。当時筆者の母方の一家は軍属だった祖父に伴い旧満州国のハ...続きを読む

安倍政権の基本方針。名は体を表す。

2014/11/23 00:16:11 | 日記 | コメント:0件

横に読むべし。黒田と一緒に太平洋の藻屑となって消えろ!にほんブログ村...続きを読む

大阪でんでんタウンでの奇妙な体験

2014/11/22 00:02:50 | 旅行 | コメント:1件

数日前の日記に書いたとおり、今から25年前のちょうど今ごろの時期、筆者は大阪・日本橋にある上新電機いち番館に派遣され、販売員として2ヶ月間テレビを売っていたことがある。この日本橋というのは大阪の秋葉原みたいな場所で、上新電機というのはこの日本橋でもナンバーワンの店だったから、ここには各メーカーから派遣された大阪でもトップクラスの販売員が配置されていて、クセはあるが根は人好きのする大阪のオヤジたちに...続きを読む

吉田バーのギムレット

2014/11/21 09:29:25 | 旅行 | コメント:1件

25年前、今宮戎神社に露店が立ち並んで賑やかだったから1月の10日あたりだと思う。もうあと数日で大阪を離れるということで先輩が送別会を開いてくれた。ミナミの割烹でフグだかカニをたらふく食った後、Y先輩が「この近くに偏屈なジジイがいるバーがあるからそこで飲もうぜ」と言いだした。サントリーの現役社員が勧める店だから美味いカクテルが飲めるに違いない!と思った筆者とK先輩はのこのこついて行ったのだが、道頓...続きを読む

大阪カクテル悲話

2014/11/20 10:26:11 | 旅行 | コメント:0件

今から25年ほど前に筆者は店頭支援という名目で大阪の上新電機いち番館で2ヶ月ほど働いたことがある。これは配属初年度の教育研修の一環として販売現場を学ばせるという名目だが、実態は年末商戦時の人手不足に困った大手小売店からの売り子の補充要請で、山奥の工場で無聊を囲っていた筆者は上司の命令で大阪へと行かされる羽目になったのだ。さて大阪には大学時代に属していたサークルのメンバーが3人いて、共同通信の大阪支...続きを読む

フィリピン妻デパ地下無間地獄

2014/11/18 12:58:03 | 旅行 | コメント:1件

日本に来た当初はヴィトンやプラダなどのブランド品を買い漁られるのではないか?と女房の行動を警戒していたが、案に相違して女房は高級ブティックには興味を示さず、せっかく円安が進行してるんだから新作のバッグでも買ったらどうか?という筆者の親切な申し入れにも全く耳を貸さずどころか、ブランド品とは全く別の品物をただただ買い漁っているのだ。それは日本の食料品、もっと言うとポンチリソースやエイヒレ、みやこ昆布な...続きを読む

釜ヶ崎のフィリピンパブで一曲

2014/11/17 02:11:37 | 旅行 | コメント:0件

飛田新地にある「鯛よし百番」という旧遊郭をそのまま再利用した料亭で食事を済ませた後、飛田から今池駅へと続く新開筋商店街を西へと歩いて行くことにした。この近辺には日本で一番安いスーパーマーケット「玉出」というのがあると聞いた女房が是非ともそこへ行って見たいと言い出したためある。なお普通の日本人女性であればこんな危ない地帯を夜間歩くなんてトンデモ無いと思うのだろうが、香港に20年以上住んでいた女房の目...続きを読む

大阪ドヤ街探訪記

2014/11/16 14:19:41 | 旅行 | コメント:0件

飛田新地を訪れた翌日、いよいよ今回の旅のメインイベントである大阪・釜ヶ崎を訪問する時がやって来た。お前なんでドヤ街なんか…と思うだろうが、筆者は昔から危ない匂いのする場所が好きで、ニューヨークやモスクワなどに出張する度に「あそこはやばい」と言われる場所へ午前中に足を運ぶことにしているのである。さて大阪の釜ヶ崎といえば日本最大のドヤ街であるだけでなく、暴力団と左翼団体と病院の三者ががっちり組んだ貧困...続きを読む

飛田新地の金魚たち

2014/11/14 22:11:42 | 旅行 | コメント:1件

天王寺のイトーヨーカドーで女房が買い物に専念している際に、アンタは邪魔だから1時間ほどどっか言ってろ!と命じられたのをこれ幸いに、筆者は店から歩いていける距離にある日本最大の不思議スポット「飛田新地」へと足を運ぶことにした。この飛田新地は東京の吉原と並ぶ旧遊郭、旧赤線地帯であるが、赤線廃止以降ソープランド街に変貌した吉原と違ってここ飛田新地は戦前の風情を残す現代の遊郭街として今でも営業していると言...続きを読む

祇園でスッポンを食いながら思うこと

2014/11/13 21:36:06 | 旅行 | コメント:0件

今から20年近く前に香港にある日本料理店でアメリカの大手顧客と寿司をつまんでいた時の事である。筆者は寿司ネタでは赤ムツとキンキが大好物なのでマイクという名のこの顧客にも早速2カンづつ握って貰う様に頼んだところ、「この魚にウロコとヒレは有るのか?」と聞かれてギョッとしてしまった。言っている意図がよく解らなかったのだ。それでカウンターの中にいる板さんに尋ねてみると、訳知っている様に2種類の魚をマイクに...続きを読む

霊感シリーズ「法隆寺」編

2014/11/12 22:42:52 | 旅行 | コメント:3件

京都到着の翌日、清水寺や金閣寺には目もくれず筆者と女房は奈良に向かうことにした。京都はたった3泊しか出来ないのだが、やはりここは日本の古代史に燦然と輝く二大巨頭「法隆寺」と「東大寺」だけは見ておかなければ!と思ったからである。ちなみに女房は寺社仏閣というのには丸で興味が無く、バンコクのワット・プラケオを見にいった際も、あまりの暑さに入場前に怒り出してしまい、けっきょく入り口のチケット売り場に並んだ...続きを読む

シャンプーを盗む女

2014/11/11 15:21:57 | 旅行 | コメント:1件

滞在していた上野のホテルを引き払い、これから京都へ向かうために荷造りをしていると、女房が「アンタが使っていたマウスウォッシュのボトルを空けてくれ」と言う。まだ2〜3回分残っていたが、こんなプラスチックボトルを京都まで持って行くのは面倒なので女房に言われたとおり中身を捨てると、「じゃあアタシにそのボトルを渡してくれ」と言った。その後筆者はスーツケースに衣類を押し込んだりしていたのだが、バスルームに入...続きを読む

失踪していた後輩と再会

2014/11/10 22:43:31 | 旅行 | コメント:0件

以前の日記にも書いたが、筆者の大学の後輩である○藤くんは今から20年前に忽然と失踪してしまい、それからようとして行方が分からなかったのだが、2ヶ月前に開催されたOB会の折に、○藤くんと先輩のY崎さんが年賀状を交換し続けていることを知り、一同○藤君の安否を確認できてホッと胸を撫で下ろした。しかし○藤君の失踪原因については、北朝鮮に拉致されたとかオウム真理教の信者なのじゃないか…と諸々の憶測が飛び誰もコンタ...続きを読む

横浜中華街のニセ中国人たち

2014/11/09 09:26:12 | 旅行 | コメント:2件

香港の友人たちが上海ガニを食ってる写真をフェイスブックにアップし、それを見た女房が「アタシも上海ガニ食べたい」と喚き出した。お前そんな事言ったって上玉のカニは全部香港に持って行かれるので日本じゃロクなカニが無いぞ!と説明したが、コーズウェイベイのカニ屋にしょっちゅう寄っては上海ガニを求めていた女房の願望は止まりそうに無い。京浜東北線に乗って一路横浜へ。都内の中華料理店でも良かったのだが、女房の要望...続きを読む

ウォシュレットにハマる女房

2014/11/08 15:25:28 | 旅行 | コメント:1件

東京のホテルにチェックインした直後、トイレの中から筆者を呼ぶ声がする。なんだ?と思いドアを開けると、女房がトイレを不思議そうな顔で見ていて「このボタンを押しても水が流れないのよ」と言うではないか。お前…それはウォシュレットのボタンで…と言っても、この単語の概念が女房の頭の中に無さそうなので「いいから座れ!」と命じた。恐る恐るトイレに座る女房。そしてSPRAYのボタンを押すと女房の表情が一気に変わった。あ...続きを読む

確定申告でブチ切れた!

2014/11/07 06:33:52 | 旅行 | コメント:1件

日本到着の翌日に地元の税務署に行き、今年度の確定申告を前倒しですることにした。筆者がフィリピンで始めた商売は損はしなかったがすっかりコケてしまい、現在は日本の株取引で糊口を凌いでいるのであるが、源泉徴収されない一般口座の株を先日売却したため、税務署に赴いて確定申告する必要があったからだ。「来年の確定申告の時期に日本にいないので早めに申告したいんですけど」と税務署の受付に伝え、一般人向けの税務相談室...続きを読む

円安にブチ切れて日本に旅に行くことにした

2014/11/05 19:10:14 | 旅行 | コメント:2件

本当ならば今ごろタイに1ヶ月の旅に出かけているはずなのだが、皆さんご存知の通り円安が急激に加速したために及び腰となってしまった。まあ筆者らは一流ホテルには泊まらないし、宿泊も二流ホテルと決めているので滞在費をケチれば良いだけだが、女房が「いつもタイばっかり!」とブチ切れたので、しぶしぶ通貨安の本家お膝元である日本に行くことになったのである。ちなみに筆者は日本旅行というのは全く興味が無く、自分の金で...続きを読む

アナーキー・イン・ザ・PH

2014/11/04 11:03:40 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

フィリピンに移住してかれこれ1年半が経過したが、こちらの人たちの社会に対する考え方や向き合い方について一体どういう言葉で表現したら良いのかよく分からない時期が続いていた。ここで言っているのは共産主義者だとか典型的な資本主義者だ、もしくは自由主義者や個人主義者、ファシストと言ったようなレッテル貼りの言葉のことで、フィリピン人って一言で言うと思想上どの戸棚に入るの?という意味である。まずフィリピン人が...続きを読む

田舎の風俗店オーナーの意外な新規ビジネス

2014/11/03 11:46:51 | フィリピン雑学帳 | コメント:0件

小雨の降るなか墓参りを終えて実家に戻って来た一行は早速ウィスキーのボトルを開けて飲み始めることにした。本当はこの日はアルコール禁止の日なのだが、俺が子供の頃は墓の目の前で酒飲んでドンチャン騒ぎしていたんだ!と言い張るある一定年齢以上のオヤジたちは法律など守る気はサラサラ無いのである。当然男たちが集まれば自然と色っぽい話になるのは世の常で、昨夜ピンクのブラジャーを隠しているのが見つかった義父は愛人(...続きを読む

義父のタンスからピンクのブラジャーが…

2014/11/02 00:26:24 | 日記 | コメント:0件

フィリピン恒例の墓参りに参加するために渋々女房の実家へとやって来た。11月1日はALL SAINT'S DAY、続く11月2日はALL SOULS DAYと言って先祖の魂を弔うために墓参りにいくフィリピン版のお彼岸である。なお筆者は昨年墓場で炎天下にさらされて散々な思いをしたので今年は逃げたかったのだが、半年前に女房の祖母が死んだばかりなので強制的に参加させられてしまったのだ。さて10月31日の夜に義父や義弟、いとこ連中が集...続きを読む

また円安?。もう安倍が嫌になった…。

2014/11/01 00:32:59 | 日記 | コメント:2件

ヤフーの為替相場を見ていたら日本円が111円というトンデモない安値をつけているのに驚いてしまった。一体何事か!と思ってニュースを読んでみると日銀が追加緩和を決めたことが直接原因だという。直接緩和…?。アメリカが蛇口を絞っているこのタイミングで?。バズーガ2だと?なに考えてやがんだ!と思わずPC画面に対して大声で罵ってしまった。筆者は一昨年会社を辞めてからは今までの蓄えを取り崩して細々と生活している...続きを読む