FC2ブログ

気象予報士たちが逃げ出したフィリピン気象庁

2014/06/10 00:09:18 | ニュース | コメント:2件

フィリピン科学技術省の長官が、かねてから危機的な状態にあると噂されていたフィリピン気象庁(PAGASA)の頭脳流出問題について心配御無用であると太鼓判を押した。その根拠は、今でも140人の職員が気象庁に在職中であり、42人の気象学の専門家を新たに雇い入れる計画があるから代替が効くというものだ。さらに気象庁の給与は最低額が月35000ペソと他の政府機関よりも待遇が良いため、過去多くの職員たちが気象庁を辞めたのは...続きを読む
スポンサーサイト