謎の教団の意味深な紋章

先日の日記でフィリピンの新興宗教団体イグレシアス・ニ・クリスト(略章ING)はキリスト教系なのにクリスマスを祝わない・・とこの教団の奇妙さ珍奇さについて書いたが、先日女房の従姉妹フィリンとこの教団について話していたらこの理由がなんとなく分かった。

三位一体などの小難しい宗教用語は省いて説明するがつまり原点回帰なのだ。世界宗教早わかりみたいな本を読んだ方ならご存じの通り、現在のキリスト教の体系作りをしたのはイエス・キリストより30年後に死んだパウロであり、宗教学者によればイエス本人の頭の中身は実はユダヤ教の枠から一歩も出ていなかったそうなのだ。

日本でも2代目か3代目と呼ばれる御仁が礎を築いたのに、なぜか初代が何もかも行ったのだ!初代こそ偉人なのだ!と祀りあげた会社とか政治団体、奇妙な国家や天皇家なんてのがあるが、キリスト教は正にそれと同じで、イエス・キリストは死後いろんな言ってもやってもない偉業を付与されて文字通り「復活」したのである。





しかし当然キリスト教内の分派が繰り返されて、各分派同士の神学論争が盛んになればパウロ色を一掃した原点回帰派というのが出てくるわけで、この連中は根本主義とか原理主義とかいろいろ呼び名は有るけれど、エホバの証人と同じようにINGはその一つという事らしい。

イエス・キリストは神を讃えよ!とは言ったがオレも同じように讃えろ!とは言わないから誕生日も復活祭も祝わないし磔にされた時に背負った十字架も教会に置かない。自分たちの信仰対象はイエスが尊敬してやまなかった神(ヤーヴェ)でしかない!。なるほど・・。そう言われてみればそんな気がしないでもない。

だったらアーミッシュみたいに近代文明を丸ごと否定すれば良いのでは?と思ったが、まあそんな事言ったら信者数は今の数百万人から3桁くらいまで減りそうだから折り合いをつけざるをえないのだろう。それで(この教団に入る気はないけれど)INGの教義でも・・と思ってウェブサイトを開いたら奇妙なものが目に入ったのだ。





この教団の紋章である(上の写真の左半分)。会社なり団体なり社章と言うのは自分たちのスタンスを一番正確に表しているものなのだが、イタリアの国旗みたいに赤緑白の三色ベースに太陽光線、そして中央にはユダヤ教の律法と聖書の上に座る仔羊(キリストを意味するらしい)が描かれているのだが、その上に描かれた天秤を抱えた大きなコンパスと逆三角形に目が留まったのだ。

コンパスはフリーメイソンのトレードマークである(上の写真の右半分)。ご存じの通りフリーメイソンとは近代に勃興した商工人とテクノクラートたちの秘密結社で、人間の思考をがんじがらめに縛ってきた中世教会の教条主義に対しアンチテーゼを唱えているのだ。だからINGのような宗教原理主義とは本質的に相反する存在であり、現にカトリック、正教、プロテスタントはフリーメイソン加入は背教的行為と非難してきたのである。

それと逆三角形である。これには神の下では誰もが平等という意味合いがあるそうだが、素人目に見てもコンパスと逆三角形の組み合わせはダビデの星を意図的に描いていることは明らかだろう。ただ前述の通りイエス・キリスト本人はあくまでユダヤ教の範疇を出ていなかったそうだから、贔屓目に見れば正鵠を得ているとも言える。





なぜキリスト教にお株を奪われたユダヤ教と、キリスト教会(特にカトリック)の硬直性を嫌ったフリーメイソンの象徴をキリスト教分派のINGは用いているのか? プロテスタントの教義や歴史にしっかり学ばれた方ならこの奇妙な取り合わせを小難しい理屈で説明できるのかもしれないが、鞭で単純な筆者は別の答へたどり着いてしまうのだ。

カトリック教会に対する徹底的な否定と深い怨嗟である。まあINGは設立当時からカトリック教会に異端視され迫害されて来たそうだから、そういう心境になるのは理解できるし、だからこそカトリック的な要素が紋章の中から何もかもすっぽり抜け落ちてしまったのだろう。

でも・・。それとここから先は筆者の妄想だが、表向きは(あくまでもユダヤ教の範疇にいた)イエス・キリストをベースにしているが、本音はユダヤ教とフリーメイソンを混ぜ合わせた反キリスト教団体なんじゃないの・・と思えてきたのだ。INGの最終目的ってキリスト教の破壊なんじゃねえの?という一言が脳裏をよぎったが、これって考えすぎだろうか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

別々に開かれるバースデーパーティー

フィリピン人は大家族主義であり、誰かの誕生会となると爺ちゃん婆ちゃんから赤ん坊までが大勢で駆けつけて皆で祝うのが習わしなのだが、今週末の従弟ジャネルの30歳の誕生日はちと様相が違うのである。

同じ日に2つのパーティーが開かれるのだ。1つはジャネルと同居している母ピーナ(本当にこういう名である)と姉メイが共同主催する昼から始まるパーティーで、誰の目から見てもこれが本筋なのだが、これとは別にジャネルの兄ジェン主催の夜のパーティーが別の場所で始まるのだ。

なるほど昼の部は十数人いる子供たちが中心で、夜の方はオレら酒飲み大人向けか・・と筆者は勝手に解釈し、だったら俺は夜だけ参加するよ!とジェンの誘いに乗っかったのだが、本日ピーナ叔母から「日曜日は何時ころに来れるの?」と連絡が入ってきたのに驚いてしまった。

「いや、オレは夜の部に出るってアンタの息子に答えているけど・・」と答えると、受話器の向こうからはしばし「・・・・」な沈黙が続いた後で「ワタシはその夜の部は知らない」「他に誰が出ることになっているのか?」と聞こえてきたのには参ってしまった。

ちょっとしてまだ争いは続いてやがったのか・・。あのジェンの馬鹿野郎め!秘密でやるなら最初から言えよな!と思ったがもう遅い。結局筆者はピーナ叔母から愚痴を聞かされた上に(かなり長かった)昼の部の方も参加を約束させられたのである。

ややこしくて恐縮だが、事の始まりはジャネル・ジェン兄弟の実妹メイがシャブに手を出す、奔放な男遊びで誰が父親だかわからない子供を産むなど軌道から大きくズレちゃったからで、1年ほど前に「お前みたいなクズはもはや妹でも何でもないわ!とジェンが面と向かって三下り半を叩きつけたのだ。

ところがこのジェンに態度に対し実母ピーナが爆発し「実の妹と縁切りするとは、アンタみたいな冷血漢は私の息子ではない!」と叫んだ事から罵りあいが始まってしまい、弟ジャネルとその場にいた従兄妹たちの執り成しも空しく分裂してしまったのである。

ただ二十年前にピーナ叔母と元夫ジェン叔父さん(三兄弟の実父)は骨肉の争いを経て離婚したし、このエド叔父さんとジェンも2年前に冷戦状態に入っているから何も今始まったわけでは無いのだが、まるでこれは相続人の一人が創価学会員のせいで葬式を別々にやらざるをえない困った家庭のようだ。

こうなると筆者は関係したくないのでとりあえず今週日曜日は当日すっぽかすが、一見仲が良さそうな一家にも実はいろんな対決軸が内部にあって、ちょっとしたことで旧ユーゴスラビアのような内戦状態に陥る危険性を秘めていること改めて思い知った一日であった。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

クリスマスを祝わないキリスト教徒

女房の幼馴染アイリンが娘を連れて我が家に来た。買い物の帰りがてらどうも交通渋滞を避ける一時避難所代わりに使う気のようだが、筆者も10年前にアイリンが香港で出稼ぎ家政婦をして時からの付き合いだからむろん拒む理由もない。結局我が家で夕食をとる事になったのだ。

さて話題は先週土曜日のフィエスタ(聖母マリアを祝う祭。この時期マニラなど都会に出ている人間は里帰りする習わしであり、筆者の女房も帰郷していた)になったのだが、アンタはまたウチの女房らと一緒に夜遅くまで話し込んでたのか?と聞いたところ、いいえ私は誰とも会ってないのよ!と変な返事をしたのだ。

でも、お前らいつも駄弁ってるじゃんか・・と不思議に思ったのだが、それを察したのか女房が「アイリンはグレンシアだからフィエスタは祝わないのよ!」と横から口出した。グレンシアとはイグレシアス・ニ・クリスト(略称ING)というプロテスタント系の宗教団体で、日本だと創価学会に相当する規模と政治力があると考えていただけば良いだろう。

「フィエスタはカトリックの祭礼だから私たちは関係ないの」とアイリンは真っすぐ目を見据えて筆者に説明したのだが、だけどカトリックであれ正教、プロテスタントであろうとも二千年前にナザレで生まれたイエス・キリストを源とするんだから参加してもいいんじゃないのか?と聞いたらキッパリと「NO!」と答えたのだ。





筆者は特定の宗教は持っておらず、三位一体論なんか議論するだけの知識も持ち合わせてないから、この場でアイリンと議論する気はない。それで話題を変えてお互い家族の話をしていたのだが、インドネシアに出稼ぎに出ているアイリンの旦那に話が移ったところで「クリスマスには帰ってくるのか?」と聞いたらところ、なんか意地になった表情で「私の家族はクリスマスも祝わない」と答えたのだ。

は・・?クリスマスを祝わないだと?だけどアンタの教会はキリスト教系じゃないのか?と聞いたら「そうだ」と答えたのには????になってしまう。でもその後アイリンは何を思ったのかグレンシアのイベントの話をし始めたのだが、なんとクリスマスだけでなくホーリーウィーク(イースター、復活祭)も祝わない、と聞いて何が何だか分からなくなってしまったのだ。

いや、祝いだけならまだしも、アユーノとかいうラマダンみたいなお祈り期間がある事や、動物の血は一切口にしない戒律、宗派違いの人間とは結婚することは厳禁など、聞けば聞くほど「グレンシアってどっちかと言うとイスラム教徒あるいはユダヤ教の分派なんじゃないの・・」という違和感が脳内に広がっていく。

まあ世の中には事故に遭った息子の輸血を拒否して死なせてしまっても「息子は天国に行ったのだ!」と叫んでいる壊れたカルト信者もいるからグレンシアの事を奇異の目で見るべきではないのかもしれないが、しかしキリスト由来の祝い事を否定するなんて・・。やっぱこの教団って異端だよな。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

死神が訪れる季節

3か月ぶりにフィリピンに戻ってきて周囲の人間の安否を確認したところ、やはりかなりの人間が壊れていた。女房の親友ジュリーの母親と義妹の親友マアンの父親が脳卒中で倒れて死に、従弟ラフィーの姉が原因不明の感染症で目下この世とあの世の間を行き来していたのである。

それと従弟ジェンの義母もなんと4月下旬に心臓発作でSaint Luke病院に担ぎ込まれ、集中治療を受けて何とか命をつなぎとめたものの治療費を50万ペソも請求されてしまい、しかもいつまた心臓がバクバクしだすか判らない状況が続いているらしい。全ての原因はもちろん暑さである。

若い自分にインドやタイをほっつき歩き、香港に20年近く住んだ筆者でさえフィリピンの4~6月の暑さというのはハンパなものじゃなく、3年前には片耳が常にキーン!と鳴ったままの続けた状態が続き、2年前は夜中に窒息死するんじゃないか・・と思うほど肺活量が縮んでしまったのだ。

この季節にフィリピンにいたら死ぬ!と危惧した筆者はここ3年連続で日本に滞在しているのだけれど、こうして帰ってみればやっぱりこの季節の健康悪化というのは尋常じゃなく、まったくこんな国に移住したことは失敗だったわい・・と我が目の見通しの悪さを嘆いているのである。

3年前の祖母に2年前のボウイ叔父と女房の親戚二人があの世へと旅だったのもこの季節であり、昨年は幸運なことに誰も死ななかったのだが、今年も何とか無事に終わるのかな・・と思っていたら(健康とは関係ないけれども)エスター叔母の家が全焼してしまったのだ。付け加えるがこの時期は同時に火災が頻発するのだ。

そしてつい先ほど「ついにその時が来たか・・」という事態が発覚した。リサール州の奥地に住む義父が体調不良を訴えていたので女房が病院に連れて行ったところ、なんとCOPD(肺気腫)と診断されたのである。ここ2~3か月ほど息苦しさを訴えていたが、暑さのせいと高を括っていたら最悪の結果が判明したのだ。

義父の様態については詳しい情報がまだ入ってないので後日別の日記にするが、しかし本当にこの季節は本当に死神の季節である。フィリピン在住者の方はこんなこととっくにご存じだろうけど、これから移住を考えておられる方は4~6月は運の巡りが急速に悪くなる事を十分肝に命じておいてほしい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

不味いウィスキーが蔓延する国

一週間ほど前にエド叔父さんと義弟アベット、それと義弟の友人の3人が我が家に来たので、成田の免税店で買ったシーバス・リーガルを供したところ、これが余りにも美味いので全員ビックリしてしまった。香りのすばらしさ、豊潤さ、のど越しのまろやかさ、そして酔いの心地良さのいずれもが普段飲んでるウィスキーとは格段に違うのだ。

「これは30年モノか?」という義弟に「いや、シーバスの中では一番安い12年モノだ」と答えると一同「そんなことは無い!」と言い始る。確かに同じ12年でも筆者がいつも買ってくるジョニーウォーカー・ブラックラベル(ジョニ黒)とは明らかにレベルが違うのだから、彼らが疑うのも無理はない。実際いくら飲んでも悪酔いしないのだ。

昨年のクリスマスにはジョニ黒1リットルボトルを呑んだのだが、4人で1本空けたあたりで急に悪酔いし始め、そのまま寝ころんだら翌朝になっていた経験があるのだが、その時は「俺も随分と酒に弱くなったもんだな」とわが身を嘆いたのだ。まあ齢五十になったし中性脂肪やコルステロールに尿酸値とどれもが基準外なのだからある意味自業自得である。

ところが日本でニッカの余市を一人呑みしたときは700mlボトルを半分呑んでもシラフのままでいるのに驚いてしまい、そして日本の免税店で買ったシーバスも一人当たりボトル半分呑んでも心地良い酔いにかな~り上機嫌でいるのだ。つまり筆者の肝臓は別段弱くなったわけではないのだ。

「ジョニーウォーカーがダメなんじゃないか!」と言うエド叔父さん。確かにSMとかロビンソン、ピュアゴールドなんて大手チェーン店だとジョニ黒1リットル瓶で999ペソ(2200円)なんてやけに安く売られているから、前から「変だなぁ」と思っていたのである。

ウィスキー好きな芸人タモリの話だと、蒸留酒とはいえ樽によって出来上がりの良し悪しのバラツキあるそうだし、輸出先の法律に合わせて防腐剤や添加物を増やす会社もあるそうだから、おそらくジョニーウォーカー社は一番ダメなグレードの品をフィリピンに回しているんじゃないか・・と思えてきたのである。





それとサントリーに勤めていた大学の先輩によると、80年代か90年初頭に代理店契約を結んだアイルランドかどこかのウィスキーが大手酒販店から突っ返されてしまったのだが、味見をしてみたら確かにこれが全部マズくてどうしようもない代物に・・。なんと真夏にコンテナ船で何十日もかけてインド洋を移送したために熱ですっかり変化してしまったのだそうだ。

「インド洋航路のコンテナの中はサウナみたいになってるよ」と船乗りだったアベットの友人が言うや、確かにあんな安い値で売られてるジョニ黒がまともな輸送方式で運ばれたはずも無いな・・と納得する酒飲み4人組。それで今後一切ジョニ黒はやめてシーバスに切り替えようじゃないか!と言うと「だったら今から一本買おうじゃないか!」とエド叔父さんが言い出した。

筆者が日本から運んだシーバスは700ml入りの2本で、この段階ですでに2本目のボトルの四分の一ほどしか残ってない状態だったのだが、我々4人は俄然元気のままで、多少酔いが回っているとは言えこのまま社交ダンスでも始めそうななほど意気揚々としていたのだ。

ところが・・。アベットの友人に近くのロビンソンまで買いに走らせたシーバス12年1500ペソ也(3300円)の封を開けたら・・、「これはまったく別種の液体です」と名乗っているかのような粗悪な味が口の中に広がりはじめ、一同「ん?」と顔を見合わせてしまったのである。

まあオレたちゃ十分酔ってるからな!とお互い慰めあって本日3本目のシーバスを呑み続けたのだが、次第に口数が少なくなっていき、15分後にはエド叔父さんが「酔いが回ったので横になるよ」と場を辞してしまい、残り3人も胸やけがし始めてボトル半分残したままお開きになってしまったのである。

フィリピンじゃジョニー・ウォーカーだけでなくシーバスもダメだったのだ。となるとジャック・ダニエルやヘネシーなんかも全部同じなのだろうが、しかしこの味の違いって輸送時の熱による変化だけなんだろうか?と疑問に思えてきた。つまり粗悪な添加物どころかひょっとして全部ニセモノとかね・・。どなたか事情をご存知だったら教えていただきたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

Author by ほにょ / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /