リタイアしたらまずは姿勢から

公立病院がちっとも当てにならないので、しびれを切らした女房は従姉妹フィリンの知り合いが働く個人営業クリニックを訪れたところ直ぐに病名が判明した。変形性頚椎症、7つある首の骨の5番目(C5)が変形することで神経を圧迫し、極度の肩のコリと手のしびれを引き起こしていたのである。

ねえ!この病気ってどうなっちゃうの!とすごーく女房は不安そうだが(医者の説明を何度聞いても理解できない)、もっととんでもない病気を予期していた筆者はこれを聞いて「なんだよ、頸椎か」と正直ほっとしてしまった。というのは筆者も頸椎の変形症を抱えているからである。

フィリピンに移住して半年たったあたりから筆者は身体のあちこちに不調が現れ始めたのだ。もともと肥満気味な上に脂肪肝と痛風持ちのミスター不健康だから何を今さらという感じだが、中でも朝起きると左手が強張っている現象が気になるので日本帰国時に近所の医者に行ったら「これは痛風の薬をちゃんと飲んでいないせいです」と診断されたのだ。

それで製薬会社に勤める従兄弟ラフィーから痛風薬アロプリノールを格安で恵んでもらい、処方箋通りのみ続けたのにもかかわらず半年たっても症状は改善するどころかコワバリ面積は広がっていくばかり・・。あの医者間違ってやがった!と再び帰国した際には今度は亡父行きつけの病院に行ったところ直ぐに変形性頚椎症と診断されたのである。

筆者の場合は子供の時から首をひねってコキコキ鳴らす悪癖があったのでそれが原因なのか?と聞いたところ、この医者は「いや、それよりもあんた柔らかい枕で寝てるだろ?それもかなり長い間寝てないか?」と言われてギクリとした。そう、フィリピンで見聞した日本人アントレプレナーたちの惨状に呆れた筆者はビジネスを諦め、結局朝から晩まで寝っ転がって株を見る生活になったのだ。





「柔らかい枕だとね、首がズズズ・・と下に沈むんだよ。だからちょっとした動きでポキッといきやすくなるの」と愉快そうに言う医者。それで筆者は医者の言う通り「革命的な枕」なる品物を西友で買い求め、首を回したり前に出したりする首体操をするようになってからは朝のコワバリは相変わらず続いているものの進行速度はだいぶ収まってきたのだ。

それと同じことが女房に起こったという事だが、確かに考えてみると1年前までの女房は同居人の4歳の娘を遊んでいる時間が長かったのだが、タイタイ市からパッシグ市に引っ越してからは筆者しかいないからアザラシのように始終ベッドやソファに寝っ転がっているのである。当然枕はマシュマロみたいにフカフカな上等品だ。

その昔サラリーマンをやっていた時に産業医セミナーというのに呼びつけられて、不出来な椅子による姿勢悪化が原因で労災認定がうんたらかんたらと言うのを筆者はずっと小馬鹿にした目で見ていたが、まさかあの時の話が自分と女房の身に降りかかるとは思いもしなかった。

リタイアすると今月の業績とか今後の市況から見た新規設備の投資対効果・・なんて不毛な苦しみからは解放されるし、朝から晩まで寝っ転がって好きなスパイ小説や考古学に没頭していられるのは嬉しい事だけれども、その反面こんな意外な病魔が潜んでいるとは思いもしなかった。それに糖尿の方も出てしまったのだ。

なのでこれから引退される方に言いたいのは、(こんなの知っとるわい!と思うだろうし、実際自分が場違いだとは知ってるけれども)いくら楽だからと言っても昼間っから寝っ転がるのだけは止めといた方が良い。ボディビルやジョギングに飛びつくもの結構だが、何よりもまず立ち位置でいる時間を一分でも増やすことを心掛けていただきたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

犯罪の温床のイヤ~な真実

先日の日記で「犯罪者の子供は犯罪者になるのは厳然たる事実」と書いたところ、知人からそれは正確では無いと物言いがついた。だって神戸児童殺傷事件の東慎一郎や西鉄バスジャックの谷口誠一の両親は別に犯罪者ではないではないか!という反論である。

もちろん筆者も100%の確率で犯罪者になると言っているわけではないが、確かに最近非行化したチョロ少年の姉チェルシーは朗らかに育っているのだから短い日記内でも筆者の説には説得力はない。よって本日の日記ではこの点を補正したい。

筆者が言いたかったことを正確に言うと「恵まれない環境に生まれた子供は高い確率で犯罪者になる」ということである。これはシングルマザーやティーンエイジャー、貧困や薬物、性格破綻などにより子供を育てる能力が無い親の下に生まれた子という意味で、残酷な言い方だが本来なら堕されるべき子供と置き換えると良い。

実はこれアメリカの中絶可否を巡る裁判で提出されたデータで、裁判所から科学的根拠ありと認められている説なのだ。ネットでRoe vs Wadeと検索すれば裁判の詳細は出て来るからご自身で見ていただきたいが、この裁判で1990年代のアメリカの犯罪率低下の直接原因は1970年代の堕胎の合法化(ただし州ごとに異なる)であるとほぼ証明されたのである。

人種構成も経済構造も行政サービスもほとんど同じ2つの州があって、片方の州は宗教上の理由から堕胎をずっと禁止し続け、もう片方は堕胎合法化に踏み切ったところ、それから20年たった1990年代に両州の犯罪発生率で劇的な差が見つかったのだ。堕胎合法した州は犯罪が突然減少し、以降じりじりと下がり続けたのである。





もちろん宗教保守派たちは躍起になってこのデータを否定したが、今度は同じ州内の人種別や各地区ごとのデータ、さらにはアメリカ全土の州のデータを細かく調査すればするほど犯罪率と堕胎の因果関係がはっきり出てきてしまったのだ。望まれない子供が堕胎された地域ほど犯罪はぐんと少なかったのだ。

だけど東慎一郎や谷口誠一は望まれた家庭の子供だったじゃないか!と反論もあるだろうが、それはたとえ完全な家庭環境であろうとも0.なん%の確率で誤差の子供(=犯罪者)が生まれてくるもので、彼らはその誤差の中にいるレアケースである。それに筆者がここで言っているのは日本のウン十倍ウン百倍もの事件が発生するアメリカやフィリピンのような犯罪大国の話だ。

フィリピンでは子供は神がくれた贈り物・・などという宗教上の理由で堕胎が出来ず、十代半ばで母親になってしまうが、親兄弟がそれなりに裕福で十分なサポートを受けられるのなら産むのも良いだろう。しかしフィリピンの若き母親全員の環境を日本人やアメリカ人がつぶさに観察したら、そのうちかなりの母親に対して「あんた今から病院行こう」と言うに違いない。

スカッター地域の路上で通行人のバッグをひったくるジプシーのようなガキ達、そしてセックスと麻薬に溺れた母親から「そんなに腹が減ったんなら他所の家の冷蔵庫を漁ってくりゃいいだろが!」と毎日怒鳴られ続けたチョロのような少年。素直な目で見ればこういうガキ達こそ重大犯罪者の温床と言うべきではないだろうか。

筆者も人間だし、こんなことは言いたくはないけれど、やっぱり本来なら間引きされるべき人間が平気で町を闊歩しているのがフィリピンなのである。この国じゃ人口1億人突破なんて喜んでるけど、家族の絆がだんだん弱りはじめ核家族化が進んでいけば南アフリカのようになってしまうかもしれない。いや、もうなってるのかもしれないけど・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

棺桶ホスピタル in フィリピン

義妹の隣に住んでいるビーン婆さんが体調不良を訴えて救急病院へ担ぎ込まれたという。このビーン婆さんは今年の春先も社交ダンスの会場で脳溢血を起こしてマカティの病院に緊急搬送されたから、今年これで二度目の救急搬送である。

ビーン婆さんの二人の娘はあいにくと仕事で外出中だったため、隣近所のおばさんグループが手分けして私立病院に運んだのだが、病院到着後にICUに送られるどころか病院の廊下で5時間も放ったらかしにされたのだという。

「怪我や心臓発作で運ばれた患者が病院中に溢れてて、病室どころか治療室にも入れなかったのよ!」と怒りの表情で説明する義妹。だけど医者は診察には来たんだろう?と聞いたら、トンデモナイ!と叫ぶ。

「看護婦が血圧と体温を測って、あとはライトで目の動きを見ただけなの!。脳溢血なら刻一刻を争うのに、あれじゃ墓場への待合室みたいなもんだわ!」とわめく義妹。幸運にもビーン婆さんは単なる貧血だったため死ぬことは無いようだが、なんともひどい話だ。

しかしマニラやセブの有名私立病院ならいざ知らず、リサール州みたいな片田舎の病院はどこもこんなもんである。筆者も昨年体調が悪くなってこの病院へ行ったのだが、かなりの料金を取るくせに設備も診察もお粗末極まりなくて、日本の病院が桃源郷に思えるような有り様である。

老後は暖かいアジアの片田舎でのんびり・・とか言ってるオジさんオバさんへ先輩ヅラして偉そうに言わせてもらうが、タイは別としてフィリピンはあんたらが思うようなロマンチックな場所じゃないし、それに一度病気にかかったら死と隣り合わせである。綺麗なとこばかりじゃなく現実を見てごらん。

悪いこと言わないから、フィリピンのことは綺麗さっぱり忘れて方向進路を沖縄や奄美大島、鹿児島に変えるか、もしくは医療施設と保険制度がやけに発達した大阪市にお行きなさい。そっちの方がまだ幸せな老後と楽な死に方ができますよ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

フィリピンで大きな家を買う前に・・

大学時代の友人達にアーリーリタイアしてフィリピンに引っ越したよ!と言うと、ほ〜それは羨ましいですな・・という一言の後で「プール付きの大豪邸にお住みなんでしょうね」と言われる。

彼らの頭の中では、フィリピンはかなり物価が安く、大きな庭のある大邸宅に偉そうに踏ん反り返っていて、家政婦に身体のどっかを念入りにマッサージさせてウットリしている筆者の姿が目に浮かぶ様である。

それで昨今のフィリピン不動産価格の高騰ぶりなどを説明するのだが、それでもマカティの豪華マンションや寝室が6つある大振りの家くらいには居を構えているに違いないと思っている様だ。

そう、確かにフィリピンに来たての頃は筆者もせっかくだから大きな家に住もうと思い、ラスピニャスやパラニャケの土地を探したりしたのだが、有る重大なことに気がついてリサール州の狭苦しい仮住まいにそのまま居続ける事にしたのである。



それから従兄弟の借金を回収するため数ヶ月前に買ったパッシグのアパートも50平米で2ベッドルームとかなり狭いのだが、実はその狭さのゆえに筆者は誰かに売却せずに今回移り住むことにしたのだ。

筆者が大きな家を買わない理由・・、それは女房の甥や姪たちが将来マニラの学校に進学した際に筆者の家に住み込もうと考えていたフシがあるからである。

家族第一のフィリピンではある意味これは当たり前のことで、そんなの一人や二人なら仕方ないじゃ無いか・・と思う人もいるだろうが、子沢山のフィリピンでは甥や姪というのはやたらといるのだ。

「だったらアパートを借りさせれば・・」と言うのはそれなりに豊かな国や人たちの発想で、特に女房の親戚たちの場合は多少生活に余裕があっても、今までずっとマニラにある親戚の家に下宿させてきたという経緯が有るのである。



例えば女房の母方ではパッシグに住むボウイ叔父が一番豊かだったため、パンパンガやリサール州の甥姪たちはみんなボウイ叔父の家からマニラ市内のカレッジに通っていたのだ。なのでその下宿人の一人だった女房は少なくともボウイ叔父の孫たちを預かるのは嫌だ!と絶対に言えないのである。

それにリサール州のド田舎に住む義弟も15歳の息子と10歳の娘がいるし、義妹や他の従兄弟たちの内どう見てもマニラに通えない場所に住んでいるガキの数を数えたところなんと16人もいて、そのうち7人は絶対断れそうに無い。

冗談じゃない・・いくら女房の親戚とは言え血も繋がってないガキどもとこの先20年も同居なんて出来るか・・。それに生活費をちゃんと入れる保証だって無いんだから、下手すると持ち出しになっちまう・・。

「あたしは大きなキッチンがある家に住みたかったのに・
」と半泣きになりながら筆者の住宅購入断念を聞き入れる女房。しかしはっきり言おう!その大きなキッチンは一体誰の料理を作るためのものなんだ?オレは他人の子供のために自己犠牲を強いられるつもりはさらさら無いぞ!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


とことんデタラメなTINナンバー申請

従兄弟のアパートの買い取り手続のため不動産屋に出向いたのだが、名義変更(住宅ローンの債務の移転と一括支払いによる所有権の移転の同時作業)をするためにTINナンバーがどうしても必要だと相手が言いだした。このTIN(Taxpayer Identification Number)というのは納税者番号のことでフィリピンの税務署(BIR)が発行するカードに記載されているのだ。

おいおい!アパートは女房名義なんだから俺は関係ないだろ!と文句を言ったのだが、いえいえ!奥様はアナタと共同名義にするとおっしゃってます!もうその内容で書類を作成していますけど!と筆者が全然知らなかったことを言い出した。せっかくのお心使いは有難いが、筆者はフィリピンで1ペソの収入も無いから納税番号なんてハナから無いのである。

ところが従兄弟と女房は「大丈夫!シティホール(市役所)に行けば何とかなるよ!」と言う。市役所と税務署は別物だと思うんだが・・?と思ったが、まあ同じ建物内にあるのかもしれない。しかし筆者は慎重な性格の持ち主で、フィリピンの税務システムのことも知らないのに大蛇やワニが潜む危険地帯へノコノコ出かけていくのは正直気が重かった。

さて車に乗って10分経つと「ブラザー着いたぞ!」と従兄弟が声をかけて来たが、目の前にあるのは〇〇〇〇市の市役所・・。ちょっと待て・・。ふつう税務署に行くと言ったら居住地、つまり俺の場合はリサール州の役所だろうが・・。それが何で購入するアパートの所在地である〇〇〇〇市の役所に来るんだ?!





ところが従兄弟は「ブラザーは〇〇〇〇市に住んでる事にすればいいんだよ」と呆れたような事を言う。お前なあ・・俺の外国人登録証(ACRカード)とポスタルカードはリサール州の住所が記載されてるんだ!と諭したが、大丈夫!移民局と郵便局は税務署とは全く違う役所だから!と分かった様で分からない説明をする。

さて受付に指示された窓口に行くと、そこに座って居た堅物そうなジジイは筆者の方をジロリと見るなり「アナタは労働許可証を持っていますか?」と言い出した。筆者のビザは結婚ビザなのでフィリピンで労働は可能なのだが、その場合は労働省に出向いて外国人労働許可証(AEP)を申請しなければならないのだ。そして筆者が首を振るや個人事業主の納税ナントカ申請書というのを差し出し「ここに書き込め!」と言い始める。

しかし役所がそう言ったから・・という理由で書類にサインなどしたら後で訳のわからない納税要求が来るかもしれない。だいいちTINナンバーが欲しくてやって来たのに、このナントカ申請書にはTINナンバーを記入せい!と書いてあるから本末転倒な気もするが・・。いずれにせよ自分の頭のなかに十分な知識が無いので先に進む気にはならない。

それに従兄弟もなんか変な話になったな・・と思っているらしくジジイに対しては及び腰である。それで今日は引き揚げようぜ!と言うと、従兄弟も黙って筆者についてきた。だから最初から女房一人の名義にすれば良いのである。それにアパートが転売できたとしても儲けは全部女房が持っていって筆者には1ペソだって入ってこないだろうに・・。





さて駐車場に行くのかな・・と思ったのだが、従兄弟は「ブラザーちょっと俺についてきてくれ」と言ってスタスタと隣のビルに歩いて行った。そして机とパソコンがズラリと並んだ狭苦しい小部屋に入っていくなり子供の頃テレビドラマでよく見た冨士眞奈美そっくりのオバちゃんにナントカウントカァ!と話しかけ始める。やがて1分後にオバちゃんは筆者の方を向いて「ココに名前と住所、誕生日を書き込んでね」と言ってメモ帳を出してきた。

な・・何なのこのオバちゃんは?と聞くとノータリー(公証人)だと言う。それで言われた通りに記入すると「じゃあ明日TINカードが出来るわよ」と言って、従兄弟にトゥーフィフティーと言った。ちょっと待て!偽物を作るのか?と聞くと、このオバちゃんはムッとした顔で「違うわよ!本物のTINカードよ!ナンバーも全部本物なの!」を念を押すように言う。

フィリピンに住まれた事がある方ならもうお分かりと思うが、つまりややこしい事をぬかす窓口など通さずにTINカードを作成している税務署職員にショートカットで頼むのである。さしづめ日本で言えば、みどりの窓口なんか並ばずに豪華寝台特急カシオペアの車掌に頼み込んで寝台を押さえてもらうのと同じだ。

「だったらアタシも頼もうかしら!TINカードだけはまだ日本の名字にして無かったのよ!」と言い出した女房。なんでも一昨年リサール州の税務署に行ったら婚姻証明書や出生証明書、さらに過去の納税証明や香港の労働契約書など山のように書類を要求され、すっかり嫌気がさして途中で帰ってきてしまったというのだ。





しかしである・・。税務署の行列に並べば両親や配偶者の情報などあらゆる書類を要求される筈なのに、このオバちゃんが筆者に聞いたのは名前と住所、誕生日の3つだけ・・。それにそもそも管轄地域が違うのだから「俺が住んでるのはリサール州なので○○○○市では登録できないのでは?」と聞いたところ、「ああ!それはここの職員は国税庁本部のホストコンピューターにアクセスできるから大丈夫なのよ」と変な事を言う。

しかしコンピューターに登録する以上、個人データの入力が必要なはず。それで外国人登録証のコピーとか番号、国籍とかは要らないんですか?と聞くと、このオバちゃんは「そんなものTINカードには書いてないんだから要るわけないじゃない!」とドラマの冨士眞奈美そのものの小煩いPTA会長の口調で叱りつけてくる。

だけど・・それなら税務署のデータ上は俺の性別さえも入力されて無いって事ですか?と聞くと、呆れたことに「そうよ!」と答えた。さらに「それから出来上がったカードの写真の部分は空欄になってるから写真は自分で張ってね!」という驚愕の一言が・・。

こうして500ペソ受け取った冨士眞奈美は意気揚々と自分のオフィスへ戻っていく。そして従兄弟が「彼女は女房の実家の隣でずっと美容師をやってたんだけど、一昨年に公証人やってた旦那が亡くなってね。それで旦那の公証人資格はのまま残して彼女が事務所を継いだんだよ!」と言うのを聞いた時に、筆者は深い霧の中にひとり呆然と佇んでいる気分になった。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

Author by ほにょ / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /