ミニ東芝ストーリー

東芝関連の報道を見るにつれため息ばかりつくようになってしまった。経営陣の驚くべき見通しの甘さと無責任体質、そして子会社ウェスチングハウス社長ダニー・ロデリックの背後にいた連中が仕掛けた罠にまんまとはまり込んだ見識の無さ。東芝には筆者の同級生もたくさん入っているから、彼らのことを思うと胸の痛む思いである。

日本でも巨額の隠し負債を抱えた会社を誰かに売りつけてババを引かせるのは経済ゴロの常套手段で、石坂泰三や土光敏夫が社長を勤めていた頃の東芝ならそんな罠などとっくに見抜いていたはずなのだが、どこかの評論家が言う通りぬるま湯に浸かった現代のお坊ちゃん役員にはそういう目は養えなかったたしい。

しかしこんな話は何も東芝に限ったことではなく、筆者が勤めていた会社だってスケールは百分の一に落ちるけど現実に起こっていたのだ。それは今から12年前の事で、しかるべき筋を通じて「この会社を買収しないか?」と持ちかけられたのが香港証券取引所に上場していた売上200億円ほどのDGE社(仮名)である。

このDGE社はルドルフ・ギュンター(仮名)というドイツ人が創業者兼会長を務めていて、筆者の会社や競合他社から基幹部品を買い、その他の部品と組み合わせて完成品にした後で社長の母国ドイツへ販売していたのだが、基幹部品という商売柄いつも買い叩かれる構造にいた筆者の会社にとって最終市場に近いところにいるDGE社は魅力的な案件に見えたのである。





しかし担当役員に命じられた筆者がDGE社を調べてみたところ、ここの社員は上から下まで取引先からバックマージンをせしめている不正の温床であることが判り、さらに工場の生産キャパシティーやドイツ市場での平均単価とシェア状況、それと諸々のコストから売上や利益を算出したところ、これが相当水増しされている疑いが出てきたのだ。

それで「DGE社は粉飾決算してますね」と担当役員に報告に行ったのだが、話を聞き終えるや「そうは言ってもしかるべき筋から早く買収しろ!って急かされてるんだぁ・・」と担当役員は頭を抱えてしまった。この筋とは筆者の会社のオーナー一族の関係者で、話を無下に断ると自分の立身出世に響くことをこいつは恐れていやがったのである。

このアホ役員は結局DGE社との共同開発とか共同調達なんてプロジェクトを立ち上げて買収を地ならしを始めたのだが、異変に気付いた本社の財務部門がしゃしゃり出てきてギュンター氏と直接交渉をしたところ、なぜこんなに儲かっている会社を売ろうとしているのか?という質問にいつもは仏頂面で愛想も何にもない男がニヤッと笑ったというのだ。

「あの不気味な笑いを見たときにこれはヤバいぞ・・と思ったね。それで買収話は一旦棚上げにして共同プロジェクトだけに専念しましょう!って申し出たら、翌週になって相手さんは弁護士を通じて一切の約束事の破棄を送りつけてきやがったんだよ!」いかにアホな役員でも最低限の直感くらい持ち合わせていたことが救いとなった。





その後DGE社が他の会社を当たったかどうかは知らないが、全てが明るみに出たのは数ヶ月後のことである。博打好きの香港人は平日朝に放映される「今日の証券通信」というラジオ番組を熱心に聞いているのだが、出演した株アナリストが「DGE社の株価は実態を表していない!」と発言したのである。

「我が社は財務諸表をいじくってない」「アナリストが言うことは嘘っぱちだ」などありとあらゆる手段でDGE社は弁明に努めたが、株価の暴落はとめどもなく続き、ついに要注意銘柄へ指定された上に香港証券取引員会から調査が入る事態になってしまった。そしてそこからまあ出てくる出てくる・・、事態を見守っていた一同は全員唖然となったのだ。

粉飾決算なんてのはまだ良い方で、ドイツの子会社が運営デリバティブで巨額の損失を抱えていたり、香港にある子会社の不可解な巨額金取引での損失、中国・珠海市の下水道工事にからむ巨額の損失なんて「あんたの会社はそんな事までやってたの」みたいなのがゾロゾロ出てきたのである。ギュンターが不気味にニヤッと笑ったのはこのババを引かせる気だったのだ。

結局DGE社は破産となってしまい、ギュンター氏は株主から訴えられてお縄頂戴になったので刑務所で余生を過ごすのかな・・と思っていると、半年もしないうち思わぬ形でこの男の消息を知ることとなる。2007年10月19日スペイン・マヨルカ島で遊泳中に死亡。死因は溺死。表向きはそういう幕引けだった。





後年会社のOB会の席で引退されて久しい元海外営業部長に事の顛末を説明したところ「ギュンターは畑違いの商売に手を出す男ではない!」と激昂し、彼が1960年代にドイツの専門小売店組合のバイヤーとして日本にやってきてからの仕事ぶりを話し始めたのだが、人間追い込まれればなんでもやるものだし、それに社員たちの不正を放任していたというのは彼のビジネスに対するふざけた姿勢を如実に物語っているではないか。

イトマンに伊藤寿永光や許永中が入り込んだようにスキがある会社には悪党が住み着いてしまうものなのだ。だからギュンター氏が偉そうに社長室で踏ん反り返っているうちに、会社の下の方では彼がバカにしていた香港人たちがシロアリのように屋台骨に食いつき始め、やがて側近たちまでもが腐っていったのだろう。

そしてもはや自分は破滅するしかない事を悟ったギュンター氏は(誰かの入れ知恵だろうが)お人好しの日本企業にババを引かせる事にし、隠然たる力だけは持つオーナー一族が社内に蔓延っているという構造的欠陥を持つ筆者の会社に目をつけたという事らしい。この罠を切り抜けられたのは全く僥倖であった。

だから東芝もおそらくウェスチングハウス(WH)買収時点で筆者の会社にあったような内部の構造的欠陥を悪党たちに見抜かれていて、ダニー・ロデリックWH社長と日本の原子力行政を預かる実力者たちをテコに全てのババを引かせる絵が描かれていたに違いない。19万人を抱える巨大企業のトップはそれにまんまとはまり込んでしまったのだろう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

火病の民の捻じれた意識

日米会談真最中の北のミサイル発射にクアラルンプール空港での金正男暗殺・・。今月に入ってから朝鮮半島の不安定さがますます増してきているが、こういう北朝鮮の挑発に対して韓国の一般庶民はどういう思いでいるのか?日本のメディアが報じる通り朴槿恵職務停止あたりで良くなっていた北朝鮮へのイメージがここに来て一気に落ち込んだのかどうか?を突然知りたくなった。

そこで韓国のウェブマガジンや掲示板を読んでみたのだが、(現代はグーグル翻訳と言う便利な武器がある)、これが信じられない事に韓国の若年層の中に金正恩を頼もしい存在だと思っている輩が案外といることが判って来たのである(ただし世論調査を見つけたわけではないので具体的な%は不明である)。

いわゆる親北派というのは古くは李承晩から朴正煕、全斗煥の軍事政権打倒を叫んだ中にある一定の割合でいて、特に80年代の闘志たちが韓国の政財界を担うようになったここ20年間は一気に左傾化+反日ムードへと転換してしまったのだが、記事を読み進むうちに現在の20代は上の世代とは随分と毛色が違うように思えてきたのだ。

1つ目は国家への求心力がすご~く希薄なことである。廬武鉉元大統領は北朝鮮シンパではあるものの一応頭の中に韓国と言う国がちゃんと存在していて、(あくまで廬武鉉の脳内基準で)「我が国を誤った方向から正さねばならない!」という見識でいたようだが、若い世代は他国への不平不満は噴き出るものの肝心の自分の国についてはは「無くなってもかまわねえよ」という本音が透けて見えるのだ。





2番目は北朝鮮が異常な国である!という感覚が希薄っぽいことである。古い親北派が「金日成マンセー!」と心の中で叫んでいても、現実の世界では青瓦台襲撃事件や大韓航空爆破みたいな北による暴力テロを目にしてきたのに対し、若い世代はそういう経験があんまり無いから、北への脅威!と言われてもピンと来ないようなのだ。

そんな事ない!だって北朝鮮は核兵器の開発をしているじゃないか!と思ったのだが、この韓国メディアを呼んでいいくにつれ「朝鮮民族が核武装していることは誇らしい」とか、「アメリカに挑む北朝鮮の雄姿を見るのは痛快だ!」などとインタビュー記事に書かれているのだ。これが3番目の相違点なのだが、彼らの脳内には中華民族みたいに「半島人」的なグローバル帰属意識があるようなのだ。

さて海外メディアでは今年、もしくは遅くとも来年早々に行われる韓国大統領選に備え、北朝鮮はしばらく大人しくしているはずだ・・というのが共通認識になっているけれど、選挙戦の行方によっては前述のような見識のズレちゃった若い世代の票を一層取り込むため軍事挑発行為を繰り返す可能性もあるように思えてきたのである。

もちろん記事に登場したおバカさんたちの中には愉快犯や北による成りすましもいるのだろうけれども、朝鮮民族の歪んだ性格と火病っぷりを考えるにつけ、北の核兵器をトランプの頭上で爆発させる二ダ!とか日本人をもっと拉致してカネを強請り盗る二ダ!と思ってて、テレビ画面に登場した金正恩を見て本気で「アニキィ!」なんて慕っている奴が案外と多くてもおかしく無い様な気がしてきたのだ。

まあ韓国が右でも左でも世界にとっては迷惑な存在には違いが無いのだから、発想を変えるなら自国民を数多く殺してくれるリーダーが朝鮮半島を治めてくれた方がありがたいのも事実・・。なので金正恩アニキはもっともっと軍事的冒険を繰り返して、頭が壊れた韓国人の脳内エクスタシーを頂点に導いてあげてください。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

素人推理ドラマ「金正男暗殺事件」

金正男暗殺事件に関して各メディアは「北朝鮮による犯行」「金正恩の指令によるもの」「猛毒VXガスを使用したらしい」といったトーンで報道しているが、動画サイトにアップされた犯行の一部始終を映したビデオを見た筆者は「この事件はますます変だな」という思いを強くしてしまった。

現在マレーシアに拘束中のベトナム人の女(LOLシャツの女)は「手袋に液体を縫って金正男の顔に塗りつけた」と自供しているが、犯行時にこの女だって呼吸をしているのだからVXのような猛毒ガスなら影響を受けないはずはないし、手袋の着脱手順を考えれば如何なる毒でもこの女に少しは付着したはずだから、今ごろピンピンしているはずがない。

それと襲撃を受けた金正男がインフォメーションカウンターで自身の異常を訴え、職員の案内で空港内のクリニックへ向かうシーンでは案外しっかりした足取りで歩いているのも変だ。VXなりサリンなり猛毒を直接体に塗りこめられたのなら数分後にこんな動きは出来ないはずである。

その後テレビ画面は金正男がクリニック内で容態が急変し担架に乗せられて病院へ移送中に死んだという事になっているのだが、なんかこの一連のシーンを見ていても心にストンと落ちた感じしないのである。監視カメラがあちこちにある空港での暗殺、女たちは前日に同じ服装で予行演習をしていた、犯行後タクシーで逃げた・・。この事件とにかく変だ。





で・・自分がテレビ局のディレクターで、こういう事件をテーマに2時間ドラマを作れ!と上司から命じられたらどういう筋書きにするか?を考えてみたのである。奇をてらった架空ドラマだから「北朝鮮による計画的な犯行」という設定は無しだ。だとするとどういう発端にするか・・。そうだね、まず二人の女を雇ったのは金正男自身だった!というのはどうだろう。

金正男の目的は自分が死んだこと!にすることである。そのため監視カメラがあちこちにある空港をわざわざ選んで暗殺劇を実行したのだ。そして自称ネットアイドルのバカなベトナム人と水商売のインドネシア女はパートナーを使って雇い、どっきりカメラと偽って自分を襲撃させるのだが、手袋に塗りたくったのはVXガスならぬ辛子ソースか何かである。

そして本物の死体を一つ用意する。マカオで使っていた影武者を別の場所で毒殺し、空港クリニックの中にあらかじめ死体は運んでおくのだ。そこへ偽装襲撃を受けた本物の金正男が入って来て入れ替わり、影武者の死体が運ばれた後もクリニックにしばらくとどまって閉鎖直前にその場を立ち去る・・という筋書きだ。

空港にいた北朝鮮人のうちドバイ経由で逃げた4人は本物の監視員だが、逮捕された一人は工作員でもなんでもなく金正男のパートナーであり、こいつが二人の女と空港クリニックのスタッフを買収した・・という筋書きなのだが、でもこれだと北朝鮮は自分たちが殺したわけじゃないから金正男の死に疑いを持つし、それに死体のDNA鑑定でもされればバレちゃうよな・・。





ではこういう別のシナリオはどうだろう。金正男は事件の前日なり前々日に腹上死とか肥満による心筋梗塞によってクアラルンプールで自然死してしまった。それで葬儀屋を呼んで埋葬準備をしようとしていた時に事態を聞きつけた韓国なりアメリカの情報機関はこの死を暗殺劇に塗り替えることによって北朝鮮のイメージダウンを図ることにしたのだ。

死体を冷蔵庫に長らく保存するのも限界があるから暗殺劇は死後24時間とか48時間以内と急がなければならない。それで二人の女を使って前述の辛子ソースを金正男によく似た男に塗りたくり、クリニックに予め運び込んでいた本物の死体を今度は運び出す。逮捕された北朝鮮人はキムジョンナムのパートナーではなく西側に寝返った工作員だった・・という筋書きだ。

うーん・・。でも韓国やアメリカの情報機関ならいくら急いでいたとはいえもうちょっとマトモな暗殺者を雇うはずだよな・・。それにベトナム人の女って自分が英語を喋ってるだけの意味のない動画をユーチューブに何本もアップしてたりとか、なんか頭の中に変な波長が流れてそうなんだよね。こういうのを襲撃に雇う個人なり組織って相当ダメそうな気もするよな。

ということで事件の本筋を推理しるためには今後マレーシア警察の公式発表を待つしかないが、現時点では巧いシナリオが作れません。でも金正男ってユーモアを解するし人間的には良さそうな人だから出来れば死んでなんかなくて、今ごろバンコクだかホーチミンで生き延びていてほしいね。みんなそういうエンディングを望んでるんでしょ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

金正男は何をしていたのか?

クアラルンプールの空港で起こった金正男暗殺事件のニュースをいくつか見たのだが、評論家たちが語る事件の背後に潜む国際政治の壮大なスケールさの一方で、「格安航空にチェックイン時」や「護衛無し」、「どっきりカメラのアルバイトで雇われた女」など暗殺現場のチンケさの間に大いなるギャップを感じてしまった。

これは世紀の大事件だ!中国政府の面子が丸つぶれだ!狂った貴公子金正恩!と各メディアは謳っているが、金正男は確かに故金正日の息子ではあるけれど格安航空に乗る男が本当に国際政治に緊張をもたらすほどの大物なのか?そして護衛を付けなかった中国が本当に金正男を切り札として温存してきたのか?など疑問に思えてきたのだ。

それと一連の報道の中でぽっかり抜けているのは金正男は何を生業にしてたのか?という点である。そんなの北朝鮮から莫大な仕送りを受けてたんだろ?と誰もが考えてしまうのだが、だったらなんで母親が死んだモスクワや異母弟たちが教育を受けた永世中立国スイス、あるいは北京あたりに暮らしていないのだろう。

金正男は一貫してマカオに住んでいたのだ。マカオと北朝鮮と聞いてもピンと来ないかもしれないが、2005年に発覚したバンコ・デルタ・アジアを舞台にした北朝鮮のマネーロンダリングや、朝鮮総連が北朝鮮に送金した日本円を日銀が追いかけたらマカオで外貨に換えられていることが判った等々、この両国はかなり深い関係にあるのである。





筆者はマカオのお隣の香港に都合17年も住んでいたのだが、同僚たちと良く噂していたのは毎週水曜日にピョンヤンからマカオへ飛んでくる高麗航空の事であった。ちょっと理解に苦しむだろうが大飢饉で国民が飢えている真っ最中に北朝鮮はマカオに直行便を飛ばしていて(香港やシンガポールには飛んでないのに・・)、しかも筆者がマカオ空港で見た時は搭乗客が3人しかいなかったのである。

超閉鎖国家とカジノ都市・・。どう考えても搭乗客で満席になるはずはない・・。となるとこの航空機の主目的は人間ではなくモノの運搬になる訳で、ここで皆さんのご記憶を呼び覚まして欲しいのだが、当時北朝鮮が外貨獲得の糧になっていたのは覚せい剤の密造とスーパーKという高精度ニセ札作り・・。まあ誰が考えてもそういうことになるわけだ。

しかしマカオというのはアフリカの小国とは違ってまともな国なんだろう!と文句も出るだろが、この人口70万人の小国家は税収の70%をカジノからの上がりで賄っていて、当時マカオにあるすべてのカジノを経営していたのはたたった一人の人物、スタンレー・ホーなる御仁だったのだ。この方は日本でいうと池田大作と笹川良一と児玉誉士夫、岸伸介を足して二乗したような存在と考えていただくと良いだろう。

スタンレー・ホーはカジノ経営者としての表の顔とは別に麻薬王の噂が昔から根強くあって、それは彼がまだ若い時に日本軍の謀略商社でアヘンを取り扱っていた頃から一貫して彼の本業だったと言われているのだが、昔世間を賑わしたクンサーとかワ族ら麻薬生産業者はアメリカなりヨーロッパ也のマフィアとの決済をマカオのカジノ経由で行っていたことは実はマカオ中の誰もが知ってる事なのだ。





それが80年代以降の東南アジアでの摘発強化により供給が萎んでくると、そこにスクッと北朝鮮が入り来んできた格好になったのだが、その決済現場かつ売上金額をプールする銀行がひしめくマカオに金正男は長年居住していたのである。ちょっと今酔っぱらっているので文章がだらしない上に昔書いた日記の書き直しみたいで申し訳ないが、つまり彼はその関係者だった・・と考える方が自然なのではないか。

ただし金正男にどれほど商売の才覚があるのかは疑問だし、危ないビジネスに従事する人間が町を散歩中に日本のテレビ局に捕まってインタビューを受けてしまうはずも無いから、おそらくは銀行口座の管理や会計監査とか、大物スタンリー・ホーと逢う際の客寄せパンダ、あるいはピョンヤンにあるスタンレー・ホーとの合弁カジノの設立準備室アドバイザーみたいな事をしていたのだと思う。

つまり金正男の後ろ盾とは中国政府というよりもマカオのカジノ王兼麻薬王スタンレー・ホーで、だからこそ金正日が亡くなった後もずっとマカオに留まっていたのだけれども、それが格安航空に自分でチェックインするほど落ちぶれてしまったのは北朝鮮の麻薬ビジネスが途切れてしまった、あるいは金正男が外されてしまったからではないだろうか?。

北朝鮮内における金正男の後ろ盾は金正日の妹の旦那である張成沢だと言われていて、彼は2013年にナンバー2の座から一気に裏切り者に転げ落ち、ついには犬に食われて処刑されてしまうのだけれども、朝鮮総連からの金の搾り取りと並んでスーパーKや覚せい剤の密造はこの張成沢は長年担当してきたと言われているのだ。





張成沢の処刑後に餃子の王将の社長暗殺とか色んな変な事件が起きるのだが、これは買収した企業が昔から持っていた代理店網を断ち切って新しくするのと同じようなもので、その一環としてマカオで金だけ数えていた金正男も北朝鮮からお払い箱にされてしまい、その結果マカオの王様からも「お前は用済みだ」と見放されてしまったのではないだろうか。

それで金正男はカネに困るようになり、ここ3年ほどはマレーシアとかシンガポールに隠したカネなり有価証券、あるいは金の延べ棒を売ったりして生計を立てていたのではないか・・というのが筆者の推測なのだが、それで?誰か殺したのかって?という質問には、う~ん・・それは判らないけど北朝鮮では無い様な気がするのだ。

金正男が死んで得をする国となると真っ先に韓国が頭に浮かぶが、来たる大統領選挙で左派政権を誕生させないために韓国の右派と米韓資本家グループが殺し屋を雇ったという構図は成り立つけれども、筆者が黒幕なら選挙戦の真っ最中にやるはずだから韓国主犯説はちょっと薄い様な気がするし、むしろ金正男を韓国に連れて来てベラベラ話をさせた方が得策な気がする。

となると中国、あるいはアメリカ?などと別の国の名前が頭に浮かぶけれども、なんとなく金に困った金正男に誰かが近づき、彼が過去関係した危ない取引を話す代わりに幾何かの金銭を得ようとしていることを嗅ぎつけたスタンレー・ホーがマフィアに暗殺の指示を・・というストーリーって方がこの稚拙な暗殺劇の事実なのでは・・。まあ死者を冒涜はしたくないのでここ等へんで止めておきます。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

ウゲッ!となったマクドナルドの肉

友人がフェイスブックにアップしたニュースを見て思わずウゲゲッ!となってしまった。ピンク色の巨大な蛭のような塊を掴んでいる作業員・・。これ・・なんとマクドナルドで使われている肉の正体だと言うのである。

記事にはこの物体はくず肉と健、脂肪、結合組織を混ぜた物から成るペースト状の生地、それらをアンモニアで消毒したもので、ピンクスライムという俗称が付けられているのだそうだ。見た目と同じく名前の方もイヤ~な感じである。

筆者が子供の頃からマクドナルドはネズミの肉を使っているとか病死した牛の肉も混ぜているなど奇怪な噂があったが、このピンク色の物体を見たいま正直まだそっちの方が良かったのではないか・・とさえ思えて来た。なるほどマクドナルドのセンター工場でずっとバイトしていた友人が何故だか絶対にマクドナルドでは食べなかった訳である。

アメリカのドキュメンタリー番組「スーパーサイズド・ミー」を見たからマクドナルドの食品の危険性は知ってはいたが、そうは言っても手軽だし美味いということで香港時代の筆者は毎週最低一回ビッグマックとチキンナゲットを食っていたのである。

オレが美味い美味いと食っていた正体がこのピンク色の・・・。それでさっきから自己嫌悪の陥っているのだ。それで今後マクドナルドじゃなくジョリビーに行こう!と固く決意したが、でもジョリビーだってなんだか怪しいよな・・。特にあのバーガーの肉は・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村