出鱈目なチャイナウォッチャー

2017/10/03 12:35:14 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

その昔筆者は電子部品の中国向け営業をやっていたが、年に何回かビジネスがストップしてしまう時期があった。十月の国慶節におかしくなるのは毎度の事だが、北京の党大会の雲行きが怪しくなってきたとか汚職追放キャンペーンなんかが発令されると中国税関に監査が入って業務が停滞してしまうのが原因である。これ中国国内に正規でモノを入れてる外国企業ならいつも通り買ってくれるのだが、生憎と筆者の顧客は全てが香港台湾中国資...続きを読む
スポンサーサイト

呪いの文字を与えられた一族

2017/09/28 12:46:45 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

2日前の日記に「崇」という字は「たたる(祟)」や「終える」という隠し意味を持つ呪文であり、崇神、崇峻、崇徳、崇道、崇光天皇らは名に「崇」の字をつけることで怨霊化しないよう封じ込められた無念の天皇たちである!という事を書いたが、実は「崇」の他にもう一つ天皇を封じ込めている字がある。「仁」である。昭和天皇の裕仁、現天皇の明仁、皇太子の徳仁らの生前名(生まれた段階でつけられる幼名)にある「仁(ひと)」で...続きを読む

テロの女王の素顔

2017/09/21 12:00:24 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

日本人が外国の組織にスパイとして使われていても当の方人は捨て駒にされている自覚がないケースは結構多いようだ。公安調査庁の元幹部によると大部分のスパイは運悪く敵国につかまって拷問を受ける段になっても仲間は必ず助けに来てくれる!と固く信じていて、ついに死刑台に立たされても「自分は大義のために殉教者になるのだ!」と思い込んでいる人間が大半らしい。どの国にも自己の犠牲もいとわずに理想に向かって突き進む青年...続きを読む

人肉マンジュウと手首ラーメン事件

2017/09/16 11:57:42 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

筆者が香港で働き始めた頃「週末にマカオに遊びに行くのだ」と言ったら、同僚のカレンという香港娘が「だったら八仙飯店にいってヤンヨク・チャーシューパオ」を食べてこい!と言われたことがある。なんでも現地人ならだれもが知っているマカオの超名店で、ヤンヨク・チャーシューパオはそこの名物なのだそうだ。その時筆者はマカオに行くのは初めてだったのだが、元々マカオ出身で食い意地が張ったカレンが言うのだから美味い飯屋...続きを読む

メディアに潜む反日のトロイの木馬たち

2017/08/18 11:32:44 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

『どちらかというと硬い番組のテレビ司会者として活躍中のSさんは、Nさんという女性歌手と障害をのりこえて結婚した人である。Nさんは現在は歌手をやめて、テレビに出ることはほとんどない』。これは本田豊という歴史ルポライターの本の一節である。このSは誰もが知っている超有名人だが、ここは一旦我慢してもう一節読んでいただきたい。『Sさんの父親はNさんが○○出身であることを理由に大反対した。だがSさんは、『今はそのよう...続きを読む