FC2ブログ

日航機墜落のウソ

2018/08/11 11:45:38 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

明日が日航機墜落事故の日からかネットには色んな書き込みが出てきたが、思った通り123便は墜落したのではなく撃墜されたのだ!という陰謀論で溢れていた。多いのは自衛隊による誤射、ついで米軍機による誤射という順位だが、中にはハウス食品工業のお偉いさんが乗客にいた事からグリコ森永事件を絡めているなど読んでいてなかなか面白い。それと陰謀論の世界でも割合深い所にいる識者は、巨額の貿易黒字を溜め込んだ日本を円高...続きを読む
スポンサーサイト

稀代の悪女たちの紋章

2018/07/15 09:40:53 | 事件と陰謀論 | コメント:2件

戦後の女性死刑囚って16人いるんですがそのうち記憶に新しい人物を見ていたら共通点を発見してしまいました。和歌山毒カレーの林真須美に黒い看護婦事件の吉田純子埼玉愛犬家殺人事件の関根博子や周辺の男性を次々手にかけていった木嶋佳苗に鳥取の死神女の上田美由紀と連合赤軍の鬼ババア永田洋子がみんな同じ耳の形をしていたんですね耳たぶが無い極端に小さい、このヘンテコな耳はある特定の人種にだけ非常に多く表れるので、...続きを読む

菊に群がる毒虫

2018/03/21 13:48:02 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

今から30年近く前、秋篠宮と川嶋紀子さんの婚約が発表された時のことである。写真週刊誌フォーカスにお二人が車に乗っている記事がすっぱ抜かれたのだが、その写真を見た時に筆者がいた会社の同僚たちは「この助手席にいる人って○○さんに凄く似てるな~」と言いあってしまった。(当時筆者は別の職場にいた)。その○○さんというのは東京の海外営業本部にいた当時三十代前半のエリートで、それでふざけて「○○さんって秋篠宮のお友...続きを読む

歪んだ橋が架かった川

2018/03/17 12:26:37 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

先日の日記で筆者の大学時代の知人の嫌な野郎Xが実は在日だったこと今ごろになって知った・・という事を書いた。Xの苗字は家畜の名とその部位の組み合わせだし(これ非常に特殊で皆さん人生の中で見聞きしたことがまず無いはずである)、生まれ育ったのは近畿地方の古墳が多い県だから、筆者らはずっとXは在日とは別の日本古来の○○だと思っていたのだ。で、在日と知ればもはやXとは理解し合えることは無いからフェイスブックの繋が...続きを読む

善意の仮面をかぶった大いなる悪意

2018/02/19 12:06:02 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

どの会社もそうだろうが営業部の人間は国内系と海外系、その海外系もアメリカや欧州などに分かれていて、普通は一生その島の中で会社生活を送るものだが、筆者が30歳を過ぎた頃に東京の営業本部の一部機能が香港に移管されてしまい、それまでずっとアジア系だった筆者はアメリカやヨーロッパを訪れるようになっていた。ヨーロッパの最重要な顧客はドイツとイタリアに集中していたが、しかし筆者はなぜかフランス人レミとはウマが...続きを読む