スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある衝撃的な事実が・・

筆者が香港からマニラへと良く遊びに来ていたのは今から20年ほど前で、今じゃ高そうな住宅が立ち並ぶパラニャケやラスピニャスは畑の中にポツポツ建物が出来始めたような状態であり、筆者が今住んでるパッシグなんぞは工場がある以外は見渡す限り平原であった。

エスター叔母とダニー叔父夫妻がパッシグに移り住んだのも20年くらい前で、現在1平米あたり1万2千ペソする土地はたったの250ペソだったのだそうだ。それでエスター叔母に筆者らが住んでいるアパート一帯は何があったのか?と聞いてみたところ、一瞬躊躇した後で「あそこは自動車工場だったんだ・・」と言ったのである。

なるほど、地名や通りに自動車会社の名を残しているのはその為か・・と筆者は納得していたのだが、先日我が家に義父と義弟が遊びに来た際に「お義父さんの働いていた食品工場はどこにあったのか?」などと聞いていたら(40年前からパッシグ市内の工場に通っていたのだ)衝撃的な事を話し始めたのである。





「ここが自動車工場だった?何をエスター叔母はバカな事を言っとるんだ。ここは死体が良く捨てられてた空き地だったんだよ!」と聞いてエッ!と驚く筆者と女房。広大な自動車工場があったのは通りの真向いで、その周辺には工場で働く低賃金労働者たちが住む掘っ立て小屋がズラーッと軒を並べていたが、この連中ははとにかく喧嘩が耐えなかったのだそうだ。

ブスッと刺して通りの向かい側にある空き地に捨てるんだ。それで「またあの空き地で死体が見つかったんだって・・」「本当に物騒よね」なんて俺たちの工場の連中はみんなで噂し合ってたんだよ。でも今じゃこんなに綺麗なアパートが立ち並ぶようになって、随分と時代は変わったもんだ・・と義父はしみじみし始めたのだ。

あの~・・なんか論点がズレてませんか?と思ったが、若いころパッシグの住む叔父の家から学校に通っていた義弟に「それは本当なのか?」と聞いたところ、ブラザー!フィリピンじゃ殺人は何処でも起こってるんだ!そんなの気にすることないだろう!と全然否定しなかったのである。





確かにその通りだが、そう言われても良い気はしないのが多神教かつ無神論の日本人だ。しかしこの時点で話が終わればまだ良かったのである。というのも酒に酔っぱらった義父が「それに前に住んでいたタイタイ町の家の方がよっぽど不吉じゃないか?」と突然訳の分からないことを言い出したのだ。

シーン・・と黙って義父の次の一言を待つ筆者。その緊張した筆者とは裏腹に義父は割と軽い感じで「あそこは墓地だったからなあ」と言ったのである。なんだと!墓地の上にオレは2年も住んでたのか!と思わず激昂してしまったが、すかさず女房は義父に向かって何やら反論し始めた。

マニラから車に乗って東へと向かうとやたらと墓地が多い事に誰でも気が付くが、これは日本で言うと高度経済成長前の多摩川の向こう側一帯みたいにリサール州西部エリアが都市住民の墓地を引き受けていたからで、それが後に土地の値上がりに目を付けた目ざとい商人によって宅地へと切り替えられたのである。





だからあんなにツイてないことが2年も続いたのか・・と妙に納得してしまったが、女房は「あたしは家を買う時に業者に確認したのよ!墓じゃないって言ってたもん!冗談はやめてよ!」と言い張るし、その一方で義父は「いいや、そうじゃない」という感じでなんかムニャムニャ話しているだけで二人の討論は決着がつかない。

で、義弟はと言うと「ブラザー!人間はいつか死ぬんだから墓地を恐れる必要はないよ」と全然なんの助けにもならない話をし続けるだけ・・。いくらオカルトマニアの筆者でも香港で最後に住んだ家でえらい目に遭ったからそういう不吉な場所に住むのは嫌なのである。

翌日になっても「アタシはちゃんと確認したもん!」と女房は相変わらず自己の正当性を主張していたが、お前は古い地図で確認したのか?と聞いたらグッと顎を引いて暫く黙り込んでしまった。元墓場に死体遺棄現場・・。義父の話は怪しいけれども、フィリピンに来て4年が経過したが、あんまり幸せでないのはこれが原因か・・と納得してしまった。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

インチキ幽霊話を見抜く方法

大学サークルの2年下に上西君という変わった男が来た。彼は自称「見える人」つまり霊感がある人間らしく、子供の頃に呼び声に釣られて川べりへと降りて行ったら遺棄死体に辿り着いたというファンタジックなエピソードを持っているのだが、その一方大学入試で3浪もしてようやく夜間部に潜り込めた・・などその能力にはいささか首をかしげざるを得ない所もある男なのだ。

「霊感が開いていると全部見えちゃってシンドイし、それに漉を見せると入って来られちゃうから普段は閉じてるんです」と彼自身の能力については何だか無線機みたいな説明をしたのだが、いつも彼を茶化していた筆者もこの男の霊能力は本物かもしれんぞ?と思わせたのは、筆者の高校時代に広まったある幽霊話をウソだと見抜いた時である。

それは非常に良く出来た作り話で、初めて聞いた人間は100%恐怖に戦慄くこと請け合いの傑作なのだが、この上西君は筆者の話を聞き終わった後で「それは作り話ですね」の一言で片づけたのだ。エッ?お前なんで分かったの?と聞いたら、だって先輩の話には致命的欠陥がありますから!といってケラケラ笑ったのだ。

長らく営業を体験した猛者が「驚くことほど顧客開拓が進む方法」なんて自己啓発セミナーのインチキを簡単に見抜けるように、幼少期より霊感に悩まされて来た上西君も真偽を見抜いたようだったのだが、それから2~3か月後に筆者は本当に幽霊を見ることになってしまい、それがちょっと理解不能な所があったので上西君に相談かつリベンジを挑むことになったのだ。





旧軽井沢にある友人の別荘に滞在していたある夏の晩、4人で春木屋のラーメンを食おうと車に乗り込んだ際、前方の真っ暗な道に女性が歩いているのを認めたのだが、車のライトをつけた瞬間にその女性が忽然と消えてしまったのである。その瞬間「アッ!」と叫んだのは筆者ではなく隣の席にいた石田という後輩で、筆者は石田の方に振り向いて「お前も見たのか?」と尋ねたのだ。

恐々と頷く石田君。それでラーメン喰った後くだんの場所へと歩いて行ったところ、そこには女性が入れるような横道なんかは無くて、ただ何かの慰霊碑らしきモノに枯れた花束が置かれていたのを見た筆者たちは背筋が凍り付き、こりゃ間違いなく俺たちが見たのは幽霊だぞ!と確信したのだが、具体的に何を見たのかを話していくうちに筆者と石田君に話が合致しないことが判って来たのだ。

筆者が見たのは白っぽい服を着た女性の後ろ姿なのだが、石田君は女性は黒っぽい服を着ていたが何故だか発光する白いモヤに包まれていた!と言ったのである。えっ?モヤなんかないぞ!見間違えじゃないか?と言ったが、ちなみに筆者も石田君も視力は1.5と大変良いほうで、それに石田君は朴訥とした男でウソを言ったり話をまぜっかえしたりする人間ではない。

それで夏休み明けに上西君に自分たちの経験を話したところ、「肌はどんな色をしていたか?」とか「震えやだるさの様な体調不調は感じたか?」などと幾つか質問した後で、お話を伺う限り先輩たちが見たのは幽霊で間違いないですね!と断定したのだが、一番肝心な二人が見た幽霊の視覚的違いについては「二人が全く同じものを見る方が稀なんですよ」と言ったのである。






霊感がある人間が同じ瞬間に幽霊に遭遇しても各自の霊能力の違いによって目への映り方、身体での感じ方は千差万別になるもので、グループの中で一番霊感の強い人が人間の形をした幽霊を認識している一方で、全く何にも見えない人がいたり、もしくは濃い煙の塊が見えた人、あるいは人間らしい形をしているが縮尺がおかしかったりする方が普通なのだそうだ。

○○先輩が前に話した高校生たちが防空頭巾をかぶった親子の幽霊を目撃した話は皆が同じある物体を見ないとオチにならない構造になってたでしょ?だからあれは直ぐに作り物ものだと分かったんですよ!と上西君は嬉しそうに種明かしをしたのだ。

ああそうなの・・と幽霊目撃の意外な事実に筆者と石田君は妙に納得したのだが、だけどお前は最初に「幽霊の肌はどんな色でした?」って聞いたよな?見る人によって色彩が変わるのにわざわざ聞いたのは視覚体験の違いを調べるためか?と聞いたところ、いえ!肌の色はちょっと意味合いが違うんですよね!と言って上西君は不思議な話を始めたのだ。

幽霊はね、はっきり姿が見えた場合でも大抵の場合は青い肌をしてるんです。だから肌の色を聞いて「雪の様に白かった」とか「普通の人と同じだけど」と答えた場合は、その人は高度の霊能者なのかもしれないけど、そんな人は滅多に居ないから殆どは作り話かその人の脳の誤作動による幻覚なんですよ・・。上西君はそう説明したのである。





筆者は幽霊を視覚的に見たのはその軽井沢での1回きりだから上西君の話の真偽を確認する術がないのだが、しかしその数か月前に訪れたインドでよく見かけた青い肌をした古の神々たちが青い肌をしているのをその時思い出したのだ。それで彼の話は案外本当なのではないか?と思ったのである。

結局それからも筆者は霊の存在を感じることは有っても見たことはないのだが、しかし多くの心霊ビデオには青や紫がかった肌をした幽霊をよく見かけるから、数多くの作り物が混ざっているとはいえ製作スタッフは本物の霊視能力を持った人間から「霊は青い肌をしている」とアドバイスを貰っているのかもしれない。

それで筆者も上西君を見習って「オレは幽霊を目撃した!」なんて言う輩に対しては「どんな肌の色をしていた?」と聞くようにしたところ、かなりの高確率で「長い髪をして白い服を着た顔面蒼白の女」と答えるのである。(さすがに落ち武者と旧日本軍兵士、防空頭巾の少女という幽霊三大定番はいなかった)

そこですかさず「それは脳の誤作動だよ!」と言うと相手は面食らって「何を失礼な!オレは本当に見たんだ!」と返してくるが、あのねぇ、本物の幽霊は青い肌をしていて・・、インドの邪神カーリー寺院に行くと・・なんて話すと、今まで上気していた相手の顔が段々と緩んできて、ついには負けを認めるのである。この青い肌の話は結構使えるので、如何わしい整体師や宗教勧誘者に悩まされている様だったら一度試してみることをお勧めする。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

ヤバい部屋の見極め方

芸人松原タニシをご存じだろうか?松竹芸能所属で北野誠の心霊探検シリーズ「お前らいくな!」にちょくちょく登場するこの三十代のメガネ顔の男は、事故物件住みます芸人として危ない部屋に寝泊まりしては日夜恐怖体験を味わっているのだ。彼が置かれた環境について説明すると長くなるので一旦は箇条書きで説明したい。

① 期間 
 2012年から約5年、現在も事故物件に居住中。
② 滞在歴(すべて大阪市内)
 1軒目 殺人事件(被害者2名)が起こったマンション。ただし別室。
 2軒目 息子が母親を風呂に沈めて殺害したその部屋。
 3軒目 女性がドアノブにロープをかけて首吊り自殺したその部屋。
③ 怪奇現象が発生する度に松竹芸能(株)から給料が出る変則的雇用契約。
④ 一番怪異現象が多かったのは1軒目である。
⑤ 霊能者によると無数の霊に取り憑かれているが現在も芸人として活動中。

いかがだろう?「こういう仕事を請け負うなんてコイツおかしいんじゃないか?」という真っ当な疑問以外にも、例えば最初に住んだ物件、彼にとっては仕事始めとも言うべき重要な第一歩が「事件が起こったのとは違う部屋だった」というのっけから出鼻をくじかれた形になっているなど皆様の脳裏には幾つものはてなマークが浮かんだと思う。





最初の疑問について松原タニシが出演番組で語ったところでは、「事件があった部屋に住みたい!」と自ら言い出しても不動産屋というのは案外と正義感の強い人たちで、向こうが勧めて来る色んなマトモな部屋を断り続けて事故物件だけに拘り続けると「あんた!本当にその覚悟はあるのか!」と本気で怒り始めるのが常なのだそうだ。

つまり不動産屋から黙ってヤバい家を紹介されるのは稀であり、さらに事故が起こった部屋は空き部屋になっているケースが多いらしいから、そうそう巡り合えるものではないらしいのだ。ただ幽霊が出る部屋というのは現実にあるわけで、この場合は不動産屋、あるいは家主は何も知らなかったと考えた方が良いらしい。

それから事件が起こったのとは「別の部屋」が最も怪異現象が多かったと言う下りである。若い姉妹が山地悠紀夫死刑囚(執行済み)に殺されたのは401号室で、松原タニシは2階上の602号室に住んでいたのだが、夜中の叫び声や室内に誰かいる気配、オーブ襲来、ラップ音、首無し心霊写真に体調不良、部屋に黒いモヤがかかる、霊能者に除霊を断られるなど様々な怪現象に悩まされ続けたというのである。

この部屋で起こる怪奇現象について松原タニシは2階下の殺人事件が原因なのではなく、このマンションの周辺に変な地蔵が建っている、自転車置き場が何故が全面鏡張り、絶好の立地なのにこのビル一帯だけスカスカに空いている、そして建蔽率水増しの違法建築である事などこの地域の特性と建物自体に問題があるのではないか?と発言しているのだが、実は筆者が一番興味を持ったのはこの点であった。





調べてみるとこのマンションはいわゆる忌み地に立っていたのだ。忌み地の素性については諸事情からここに書けないけれども、それは忌み地の中でも日本最大規模のものであり、しかもマンションはそこから鬼門の方向に建っているから、なるほど確かに殺人事件が起こる前からもともとヤバい場所だったのである。

昼間は不動産屋に勤めているアマチュア怪談師が自身の放送で「本当に怖いのは刑場跡だ」と発言していた通り、(被害者に失礼だが)一人や二人殺された、あるいは自殺したくらいでは案外それほど大した怪奇物件には昇華せず、それならむしろ方位とか家相、昔からの因縁に霊道の通り道といった別の条件の方が主流なようだ。

かく言う筆者も香港で最後に住んだのは、①(不吉とされる)三角形の土地に建っていて、②墓地を見下ろす格好になっていて、③調べてみると霊道の上に立っていた、という部屋だったため、ちょっとビックリするくらいの不運が相次いでしまい1年もたたずに会社を辞めてフィリピンに移住してしまったのだ

だからこれから新しい家に引っ越そうと考えておられる方が事故物件検索サイト「大島てる」で素性を調べるのもいいけれど、それ以前に昔その場所がどういう所だったのか?どういう人間が住んでいたのか?を調べることをお勧めしたい。なお霊能者によると松原タニシは何体もの霊に取り憑かれているものの今でもテレビに出ているから、運悪くオカルト物件に住んでしまっても直ぐに死ぬことは無さそうなのでご安心を。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スピーカーから流れると集まって来るモノ

20年前に同棲生活を始めてから必ず一緒に寝る習慣を守って来た筆者ら夫妻も先月からベッドを分けるようになってしまった。理由は筆者がイヤホンで怪談を聞きすぎたせいで耳が痛いのでパソコンのスピーカーで聴くようにしたら「うるさくて眠れない!」と女房に怒られてしまったからだ。

もう一つある寝室は女房の姪イナ(現在居候中)が使っているから、仕方なくリビングルームにマットレスを敷いて寝転びながら怪談を聴いては毎晩眠りに落ちるのだが、この習慣が始まってからちょっと気になる現象が起こるようになったのだ。

ラップ音である。天井や壁から大きな音がピシッ!ピシピシッ!とするのである。この音は住宅資材に使った木材が乾燥によって割れ目が入るのが原因であり霊現象などではない!とオカルト否定派は力説するし、筆者も怪談マニアながら理系だからその意見には賛成である。

しかし・・「古代葛城王権の謎を追う」とか「陰謀論で読み解く徳川260年」なんて音源を聴いている時は何も起こらないのである。ピシピシッ!と鳴るのは怪談を聴いた夜だけであり、しかも・・気のせいかもしれないが語り手によって怨霊・頻度に違いがある様な気がするのだ。





例えば稲川淳二やつまみ枝豆などメジャーどころを聴いている時のラップ音かな~り控え目なのに対し、「北野誠のお前ら行くな!」や「サイファーの怖い話」あたりの実話系・実体験系になるとなぜか頻度・音量とも大胆になっていき、アマチュア怪談の雄である西浦和也の場合はもっと激しい上に室内に誰かが潜んでいる気配さえするのだ。

西浦和也は他人から聞いた話を上手に語る多くの怪談師と違って実際に心霊スポットや事件現場に足を運んで取材する心霊収集家で有り、その度が過ぎて筋肉が解ける謎のウィルスに感染して生命を落としかけた行動派なため、語り口は饒舌ではないものの彼の恐怖話には絶大なリアリティがあるのだ。

こりゃひょっとしてアパートに住み着いてる地縛霊が集まって来て、西浦和也のリアリティ溢れる語りに共鳴してるんじゃないか・・と思い始めたのだが、多少霊感のある女房に聞いたところ「それはアンタの勘違いだ」と言う一言で片づけられてしまった。

で、本来ならこんな不気味な現象は嫌だから深夜に怪談を聴くなんて悪癖は人間改めるものだが、怪談マニアで怖い事が大好きな筆者は楽しんでいるのだ。さて今夜は殺人・自殺など事故物件に住み着いて怪現象が出るとギャラが貰える勇気ある芸人松原タニシの語りを聴いてみるかな。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

サイレンの赤い光の渦の異空間

1週間ほど前に近所のLPガス充填業者が爆発し現在まで7人が死亡する惨事となったが、それ以降も近所ではほぼ毎晩のようにサイレンの音が鳴り響くようになった。そのうちニュースに出たのは一昨日と昨夜の火事で、ウーッ!ウウーッ!という音が聞こえてくるたびに女房はビクッと反応するのだが、筆者はというと・・・嬉しいのである。

オカルトマニアというのは基本的には騒動好きであり、近所で覚せい剤中毒の男が人質を取って立てこもっているとか、毎週水曜日になるとある地域では女性が忽然と消えてしまう、下水が外に溢れ出て仕方ないのでマンホールを開けたら死体が出て来た・・なんて話を聞こうものならもう溜まらなくなって何が何でも見に行きたくなる性質なのだ。

実際筆者の住んでいた町で一家五人が惨殺される事件が起こった際など、筆者はさっそく事件現場の隣の保育園へと出向き、ガキどもの冷たい目線を一身に浴びながら鬱蒼と茂る垣根越しに惨劇の家を眺めたりしたものだが、一体筆者がなぜこういう偏執的な人間になってしまったのかと言うと、それは幼児期に経験したある恐怖の一夜が原因なのである。





筆者が生まれ育ったのは東京都内と言っても70年代前半には辺りの半分くらい畑が残っている町で、子供の頃にはよく近所の農家の人が「大根いらねえかい?」などと行商に来たものだが、その中の一人が本橋のオバサンであった。本橋というのは元々この一帯の名主だか庄屋であり、本橋の本家や分家がやたらとあちこちに居たのである。

さて筆者が幼稚園のある日の夜中に突然ウウーッ!ウウーッ!という消防車のサイレンの音が聞こえて来たことがあったのだ。驚いて飛び起きると筆者の父が「ちょっと様子を見て来る!」と言って家を飛び出したのだが、しばらくして帰って来るなり「正子ちゃんの家が燃えている!」と言ったのだ。正子ちゃんと言うのは筆者と同い年で、このあたりの本橋家の本家の娘である。

正子ちゃん一家は全員外で家が焼け落ちつつあるのを見守っていたから無事だった・・と父が言うので一安心した記憶があり、やがて筆者は眠りに落ちたのだが、再びその後事件が起こったのだ。記憶は曖昧だが確か明け方近くになって再びウウーッ!ウウーッ!という先ほどよりも遥かにデカいサイレンの音で目を覚ましたのだ。





雨戸を開けると驚いたことに外は真っ赤な光の海で、その光景は今でも筆者の脳裏に焼き付いていて思わず背中がゾワゾワするのだが、消防車とは別に遠方から救急車のピーポー!ピーポー!という音がだんだん近づいてきたのである。「今度はあっちの方向で火事か?こりゃ大ごとだ!」と叫んだ父親は数十メートル先の現場へと向かって行ったのだ。

筆者と母親は開けっ放しにした雨戸から恐る恐る成り行きを見守っていたのだが、しかし父親が一向に帰ってこぬので意を決して現場に行くことにしたのだ。サイレンの赤い光が渦巻いている方へとぼとぼ歩いていくのは何だか得体の知れない異界へと入りこんでしまう気分だったが、やがて人だかりの中にいた父親が筆者を見つけると「本橋のオバちゃんらしいぞ」と言ったのだ。

この事件の種を明かすと、正子ちゃんのお父さんと本橋のオバちゃんの旦那は実の兄弟で、遺産相続で揉めに揉めたあげくに決定的に決裂し、特に今まで分家の嫁として虐められてきたことで鬱憤が溜まっていた本橋のオバちゃんは頭に来て正子ちゃんの家に火をつけてしまったのだが、自宅に逃げ帰った後で「とんでも無い事をしてしまった」と悟り、今度は自分でガソリンを被って焼身自殺を図ったのだ。





「おい!来たぞ!」という掛け声とともにタンカに載せられた何かが運ばれてくるところまでは見たのだが、父親が筆者の目を手で覆ってしまったため「それ」を見ることは叶わなかったのだ。しかしあの時のサイレンの光の渦と周囲のザワッっというざわめきに囲まれた筆者は恐怖に震えながらも得体の知れない何かを心理の奥底に植え付けられたのである。

後日「熱いから畑の土を掻き毟って体にかけたらしいんだよ・・」などとお茶を飲み飲み噂話に興じる隣人たちの話を一言残らず耳にしては背筋がゾーッ!「病院についた時はもう手遅れだったみたいで、体の半分くらい炭になって・・」と聞いてはゾーッ!を繰り返すうちに・・・、オカルトマニアになる土壌が形成されたのである。

それで今でもウウーッ!ウウウーッ!というサイレンが聞こえるとスクッと立ち上がって狼男みたいに目をらんらんと輝かせてしまうのだ。だけどねえ・・、近所を通り過ぎるだけじゃちょっと物足りないから、出来れば同じアパートで一家心中とか、猟奇殺人犯が実は階下に住んでいて、そこにはホルマリン漬けの・・なんて事にならないかなぁ・・などと日々考えておる次第です。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

Author by ほにょ / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。